危険!赤ちゃんがシリカゲルを誤飲してしまった場合の対処方法

Accidental ingestion Accidentalˌaksiˈdentl accidental の定義 形容詞 happening by chance, unintentionally, or unexpectedly. a verdict of accidental death 同義語: fortuitous, chance, adventitious, fluky, coincidental, casual, serendipitous, random, unexpected, unforeseen, unanticipated, unlooked-for, unintentional, unintended, inadvertent, unplanned, unpremeditated, unthinking, unwitting incidental; subsidiary. the location is accidental and contributes nothing to the tension between the characters in the poem 同義語: incidental, unimportant, by the way, by the by, supplementary, subsidiary, subordinate, secondary, accessory, peripheral, tangential, extraneous, extrinsic, irrelevant, nonessential, inessential 名詞 a sign indicating a momentary departure from the key signature by raising or lowering a note. Students learn to move out of position, cross over, play scale patterns and deal with accidentals , eighth notes, harmonic intervals, switching melody between hands and playing hands together. 関連項目 accidental death, accidental injury, accidental discharge 「accidental」の翻訳 形容詞 偶発 accidental, incidental 不慮 accidental, unforeseen 不測 unexpected, unforeseen, accidental, unanticipated, sudden, surprising 漫然 aimless, careless, pointless, purposeless, futile, accidental 偶発的 accidental, incidental, occasional 不期 unexpected, accidental, sudden, abrupt, surprising, unanticipated

今、シリカゲルを誤飲してしまう赤ちゃんが増えてきています。

様々なお菓子、日用品などに一緒に封入されているので割と身近にあるものですよね。湿気に弱いお菓子などを守ってくれるはたらきのあるシリカゲルは、細かい粒子が袋にたくさん入っています。

ちょっと目を離したすきに、袋を破ってしまったり歯でちぎってしまったりして誤飲してしまうのは、かなり多いんだそうです。

そこで今回は、シリカゲルを誤飲しやすい理由と対処法、危険な場合などを詳しくご紹介します。

危険!赤ちゃんがシリカゲルを誤飲してしまった場合の対処方法

シリカゲルを誤飲しやすい理由

でもお菓子の袋などをいじるのが大好きな赤ちゃんは、ついお菓子と一緒に入っているシリカゲルの袋までいじってしまい、最悪誤飲をしてしまうことも。

赤ちゃんの誤飲事故で上位に位置するこのシリカゲル、やはり理由は袋に入っていて、振ると音がするから赤ちゃんの興味を引きやすいということが言えると思います。

我が家でも、子供が笑顔でシリカゲルの袋をガラガラ音を鳴らしながら振っていたので慌てて取り上げたことがあります。

誤飲はしませんでしたが、それからはシリカゲルの入ったものは徹底的にチェックするようになりましたよ!

対処法①少量なら様子を見る

シリカゲルを赤ちゃんが少しだけ誤飲してしまった!でもいくら少量でも、親としてはかなり心配になってしまいますよね…。

しかし、シリカゲルの致死量は体重1キロ当たり15グラムですから、赤ちゃんが実際に致死量を誤飲してしまうということは現実には考えにくいということになります。

少しだけだったら、とりあえずは家で様子を見て赤ちゃんの状態に変化がないかどうかをしっかり見ていくようにしてください。

おそらく一番多いであろうシリカゲルの少量の誤飲ならば、あまり心配は要らないということが言えそうですね!

対処法②口の中の状態を見る

シリカゲルを誤飲したときに、赤ちゃんによっては口の中がただれてしまったり食道に炎症が起こることがあります。

こうしたときは、赤ちゃんはひどく痛がって泣いたりするので明らかに様子がおかしいとわかるはずです。

そのため、誤って飲み込んだかもしれないといったときにはまず水分をたくさん飲ませることが大切になります。

シリカゲルを誤飲した可能性がある場合は、しっかり口の中も見て赤ちゃんに変化がないかどうかをしっかり見ていきましょう。

対処法③病院へ連れて行く

赤ちゃんがシリカゲルを誤飲して、口の中に炎症が起きて痛がっていて激しく泣いたりしている場合は、病院へ連れて行くことが一番です。

もし誤飲したシリカゲルの残りがあれば持っていって、医師に見せるようにします。炎症を抑える薬などを処方してもらえる場合がありますので、赤ちゃんが痛がっていたら早めに病院に連れて行くのが良いかもしれませんね。

病院では、シリカゲルを誤飲してしまいましたと伝えて、その後の医師の指示を仰ぐようにしましょう。

シリカゲル以外の乾燥剤は要注意!

実はシリカゲル以外にも、赤ちゃんが誤飲しやすい乾燥剤があるのです。

特に生石灰や塩化カルシウムの場合は要注意です!口の中がただれるだけでなく消化器官で出血が起こる場合があり、とても危険です。

もしこれらを誤って飲み込んだ場合は、牛乳など胃に膜を作るようなものを飲ませて、絶対に吐かせないでそのまま病院に急いで行ってください。

シリカゲル以外にも危険な誤飲しやすい乾燥剤はたくさんあるんですね。

特に小さな袋に入っている場合もあるのでしっかり注意して、そういったものは取り除くようにしてください。

まとめ

危険!赤ちゃんがシリカゲルを誤飲してしまった場合の対処方法
・ シリカゲルを誤飲しやすい理由
・ 対処法①少量なら様子を見る
・ 対処法②口の中の状態を見る
・ 対処法③病院へ連れて行く
・ シリカゲル以外の乾燥剤は要注意!

赤ちゃんに多いシリカゲルの誤飲ですが、あのカラフルなツブツブに赤ちゃんは興味津々!

やはり一番の対処法は、シリカゲルなどの乾燥剤は赤ちゃんに触らせないように注意することが大切だと思いました。

シリカゲルの場合少量ならとりあえず心配は要りませんが、お母さんは罪悪感にかられて嫌な気持ちになってしまいますよね。

普段から、赤ちゃんがイタズラしてシリカゲルを誤飲しないように徹底的に対策をしておきましょう!

いいね!して最新情報GET!