赤ちゃんの歯茎が白い点何?病気?乳歯への影響はある?

可愛い我が子が口をあけて笑っている姿にうっとり…と思いきや、歯茎が白い…これって、何かの病気かしらと不安になったママもいるのではないでしょうか。

乳歯に関係があるのか、もしくは、手術などが必要な病気なのかなど、疑問も不安とともに増えていくものです。

そこで、今回、赤ちゃんの歯茎について、徹底解明していきたいと思います。

赤ちゃんの歯茎が白い点何?病気?乳歯への影響はある?

赤ちゃんの歯茎の色は?

赤ちゃんの歯茎は、ピンク色で触ると硬いのが正常な状態です。

赤く腫れて触るとプヨプヨしていたり、出血している場合には何らかの感染症が疑われるので、歯科での治療が必要になりますが、白い場合はどうでしょうか。

赤ちゃんの歯茎は、やがて生えてくる乳歯を支えるために、日々、発達成長を続けていますが、実は、乳歯は赤ちゃんがママのお腹の中にいる間に、すでに作られています。したがって赤ちゃんの歯茎が白い場合、その乳歯や乳歯に由来するものであることが多いのです。

歯茎が白い原因

赤ちゃんの歯茎が白い場合に、もっともよく考えられる原因は次の2つです。

<上皮真珠>
乳歯を作るために必要な組織や細胞が吸収されず歯茎に残ったものです。

白~クリーム色をした直径数ミリの丸い粒のようなものが、歯茎に1~数個現れます。触ると硬くはなく、痛みや痒みもありません。成長とともに自然に吸収され消滅していきます。特に治療の必要はありません。

<乳歯(先天性歯)>
赤ちゃんの乳歯は生後6~8ヶ月頃生えはじめるのが一般的ですが、なかには新生児の頃から生えていたり、歯茎の真上に透けて白く見えている場合もあります。

生えてくる位置や形が明らかに異常な場合は、余分な乳歯(余剰歯)であることもあります。

病気の可能性は?

歯茎が白いことの原因は、前述にある通りですが、実は、病気の可能性もあります。

1つ目は、口腔カンジダ症という病気です。この病気は、カンジダという真菌(カビ)によって起こります。触るとミルクカスのようにやわらかいのが特徴で歯茎だけでなく、頬の内側などにもできます。病院で口腔カンジダ症と診断されれば、真菌に効果のある塗り薬で治療していきます。

2つ目は、ヘルパンギーナ、手足口病などの感染症です。この病気は、口の中に水泡のような潰瘍のできる感染症に罹っている場合もあります。熱など全身症状がないか注意し、異常があれば小児科を受診するようにしましょう。

病気にならないための予防法は?

病気にならないための予防法がしっかりとあるので、赤ちゃんが病気にならないように、気を付けていきましょう。

・赤ちゃんが口にするものは、頻繁に清潔を確認しましょう。

・授乳の際は乳首の清潔を心がけ、付着した母乳をそのままにしない。

・哺乳瓶や愛用のスプーン等、熱湯消毒できるものは消毒しておく。

・おしゃぶり癖がある乳児は、お気に入りのものを良く洗ってあげましょう。

・赤ちゃんは体が柔らかく手足を舐めるので、こまめに洗浄や拭き取りをしましょう。

歯茎以外にも口の中で要チェックなのは?

歯茎以外にも、重要なチェックする部分が口の中にあります。

それは、舌です。

大人の舌も、体調不良になっていないかなどのチェックができますが、赤ちゃんの舌のチェックが必要です。

赤ちゃんは、潰瘍が舌に出できてしまうことがあります。こうした潰瘍は、生えてきた歯が部分的に舌にあたることによって生じることが多く、歯の調整をしてあげることで自然に治ります。治らない場合は、医師に相談することをお勧めします。

また、歯肉炎や舌苔といった症状が赤ちゃんの場合にも現れることがあります。歯茎が白くなるだけではなく、いろいろな病気になりかねないことを覚えておいてください。

もしも、白い点が出来てしまったら、どこへ行けばいい?

白い点が出来てしまった場合、どこの病院へ行けばいいか迷うと思います。

小児科なのか…歯科なのか…。この場合、小児科ではなく、歯科の医師に相談しましょう。

歯茎なので、口腔外科がある歯科と思うかもしれませんが、口腔外科というよりも、小児歯科を行っている場所の方が良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんの歯茎が白い点何?病気?乳歯への影響はある?
・ 赤ちゃんの歯茎の色は?
・ 歯茎が白い原因
・ 病気の可能性は?
・ 病気にならないための予防法は?
・ 歯茎以外にも口の中で要チェックなのは?
・ もしも、白い点が出来てしまったら、どこへ行けばいい?

赤ちゃんの歯茎が白い点何?病気?乳歯への影響はある?、いかがでしたか。

初めてのことだらけなため、白い点を発見すると、「病気かも…」と心配になり、神経質になってしまうかもしれませんが、決して、一人で紋々と悩まないようにしましょう。

もしも、病院へ行くことが億劫であれば、すぐに病院に行くのではなく、電話をして、一度様子を伝えてみても良いでしょう。

何よりも、ママやパパが頑張ることは、日々の赤ちゃんの様子を見ていることです!そして、何か異変に気付けば、誰かに相談することが大切です。

いいね!して最新情報GET!