赤ちゃん(新生児)の飛行機はいつから?4個のコツや注意点

airplane

里帰り出産などでの帰省からの帰りなどで赤ちゃんを連れて飛行機を使わなくてはならないシーンがあると、お母さんは非常に緊張してしまいますよね。

飛行機の逃げ場がない中で大泣きされたらどうしよう…、周りの人たちに嫌な目で見られたらどうしよう…と悩みは尽きません。

でも、どうしても赤ちゃんと飛行機に乗らなければならなくなったときのために今回は、赤ちゃんを連れて飛行機に乗れるのはいつから?

ということと4つの上手く乗り切るコツをご紹介します。

赤ちゃん(新生児)の飛行機はいつから?4個のコツや注意点

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

日本の航空会社2社(JALとANA)は産まれてから8日以内のほやほや赤ちゃんは飛行機に乗せてはいけないという決まりがあります。

ただ、やはり飛行機は閉ざされた空間の中に大勢の客を乗せているので新生児のうちはどんな感染症をもらってしまうかわかりません。

できれば2〜3ヶ月くらいになってから飛行機に乗るようにするのが一番良いのではないでしょうか。

ちなみに2歳までの乳幼児はお母さんと一緒の座席に座っていれば搭乗の際の料金はかかりませんのでご安心ください。

ベストなのは、3ヶ月くらいまで里帰りしてから飛行機で赤ちゃんと一緒に自宅に帰るという選択ですね。

座席やサービスをうまく活用する

実は、飛行機のチケットを予約するときに赤ちゃん連れだということを知らせておけば機内で快適に過ごせるようにと、予約状況によって赤ちゃんを寝かせておけるベッド席を確保してくれることがあるのです。

比較的騒がしい搭乗口やトイレ付近の席は避けるようにして、後方の割と空席が出やすい席の廊下側をゲットするようにしましょう。

廊下側だと、客室乗務員も気にかけやすくこまめに声をかけてくださるのでオススメです。

チケットを予約するときに詳しくスタッフに聞いてみると良いかもしれませんね。

最善の席を案内してくれると思いますよ!

赤ちゃんとの飛行機での旅を少しでも楽しくおこないたいですからね!

優先搭乗を利用して乗ろう!

小さな赤ちゃんがいたり、妊娠中などで身動きがなかなか素早く取れない人のために、飛行機に優先的に乗れる優先搭乗というシステムがあるのをご存知でしょうか?

先に飛行機に乗り込むことができるので、慌てて席を探さなくても良いのでとても赤ちゃん連れの人にとってはありがたいサービスですよね。

是非スタッフに声をかけて優先搭乗をしたい旨を話して説明を受けるようにしてくださいね。

赤ちゃんと先に飛行機に乗ることで、先に心を落ち着けることができますので少し緊張感が和らぐと思います。

赤ちゃんのリズムに合わせて乗ろう!

赤ちゃんの普段からの生活リズムを見て、この時間にはお昼寝をしてくれている!という時間に合わせた飛行機に乗ることで、うまくいけば赤ちゃんが眠っている間に目的地に到着するという夢のようなことができる可能性があります。

飛行機に乗る2週間前くらいからお昼寝の時間を徹底的にリサーチして、この時間だけは寝ている自信がある!という時間を見つけましょう。

ただ、やはり赤ちゃんも飛行機に乗って普段とは違った場所にいるということは勘付いているので、いつも通り寝てくれるかはちょっと保証はできません。

でも、お母さんの気持ち的にも「飛行機に乗る時間に赤ちゃんが寝てくれるかもしれない」という期待が混じるので若干安心して乗れるのではないでしょうか。

離陸時に耳が痛くならないコツ

良く大人でも飛行機の離陸時は耳が痛くなる人が多いですよね。

赤ちゃんも同じで、離陸時は耳がキーンと痛くなってビックリして泣いてしまう赤ちゃんがいます。そんなときは、離陸時だけ授乳ケープを使って授乳をしてみてはいかがでしょうか?

大人も耳抜きをするときは飲み物をゴクッと飲みますよね。

赤ちゃんも同じで授乳をすることで耳抜きが自然とできて離陸時に耳が痛くなくなって泣くことがなくなるというわけなんです!

これは赤ちゃんと飛行機に乗るときにはかなり使えるワザなので、ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

赤ちゃん(新生児)の飛行機はいつから?4個のコツや注意点
・ 赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?
・ 座席やサービスをうまく活用する
・ 優先搭乗を利用して乗ろう!
・ 赤ちゃんのリズムに合わせて乗ろう!
・ 離陸時に耳が痛くならないコツ

赤ちゃんと飛行機に乗るという、お母さんにとっては最大級に緊張してしまう時間をなるべく気持ちを楽に過ごせるように様々なコツや注意点を説明してきましたが、いかがでしたか?

優先搭乗などの赤ちゃんやそのお母さんに優しいサービスをフル活用したり、座席の注意点などを考えて後席を確保するなどしっかり段取りを考えておけば、国内のフライトであればあっという間に目的地に着いてしまいます。

赤ちゃんとの初飛行機旅を、できるだけ楽しんでくださいね!

いいね!して最新情報GET!