赤ちゃんが風邪の時のお風呂は?迷った時の4つのポイント

baby-bath

赤ちゃんが風邪をひいてしまったとき、毎日の日課であるお風呂をどうするかとても悩みますよね。

汗をかいているから洗い流してあげたいけれど、からだが冷えてしまって悪化してしまうんじゃないかと心配になってしまいます。

そこで、迷ったときに4つのポイントを押さえておけばバッチリです!

今回は、赤ちゃんが風邪をひいたときのお風呂について入れるときの判断のポイントをご紹介します。

赤ちゃんが風邪の時のお風呂は?迷った時の4つのポイント

機嫌が悪い時には避ける

赤ちゃんが風邪をひいて機嫌が悪いときには、お風呂に入れるのはやめたほうが良さそうです。

というのも、やはり機嫌が悪いということはどこかしら具合が悪いサインでもあるからなんです。

今のその症状を悪化させないためにも、機嫌が悪くて泣きやまないときや元気がないときなどはお風呂はガマンしたほうが良いでしょう。

反対に、微熱があっても機嫌が良いなら赤ちゃんが風邪をひいてもお風呂に入って大丈夫です。

しっかり汗を洗い流してあげてくださいね。

高熱時には避ける

赤ちゃんは風邪などのときに、一般的に37.5度以上からが発熱有りと判断されますが、高熱は38.5度以上となります。

38.5度未満で機嫌も良ければお風呂に入れても差し支えはありません。

ですが、38.5度以上の高熱のときは体力が奪われてしまうので避けなければなりません。必ず入浴前に体温を測ってみて、お風呂に入れても大丈夫かどうか判断するようにしてください。

赤ちゃんが風邪をひいていて体温が高いときのお風呂は、サッと短時間で済ませるのが鉄則となります。

鼻水や咳程度ならばオッケー

発熱が無くて、鼻水や咳程度の軽い風邪症状がある赤ちゃんはたくさんいますので、この程度でしたらお風呂に入っても全く問題ありません。

むしろからだを清潔に保ち、浴室は湿度も高いので咳などが鎮まることもあります。

ただ上がった後にからだを冷やさないよう部屋をあたためておいたり、髪の毛はしっかり乾かしたりして症状が悪化しないように気をつけてくださいね。

赤ちゃんの軽い風邪程度なら、お風呂に入れてもよほどからだを冷やさない限り症状が悪化することはないでしょう。

シャワーを活用しても良い

もし、赤ちゃんが風邪をひいてつらいときにお風呂につからせて体力を消耗させるのも…と思っている場合は、シャワーで軽く汗を流すのも良いと思います。

この場合、からだが冷えやすいので部屋を充分温めておくことと、気持ちお湯の温度を上げておくと湯船につからなくてもからだが温まります。

熱が38.0度以上のときは、意外と体力が消耗しているのでシャワーで汗をさっぱりさせてあげるくらいが良いのかもしれません。

これも、赤ちゃんの風邪の程度や機嫌の良さなどからお風呂に入れるかシャワーにするか判断してくださいね。

入れなくてもあまり気にしないで!

赤ちゃんが風邪をひいてしまっているときに、1日お風呂に入れなかったことで心配になるお母さんも多いと思いますが大丈夫です。

1日や2日お風呂に入らなくても赤ちゃんに特に何か起こるというわけでもありません。

ただ、汗疹などを防ぐために頻繁に着替えをさせたりオムツをしっかり定期的に交換したりなどの配慮は必要です。

また、汗をかいてべたついているところなどは濡れタオルなどで軽く拭ってあげるだけでも赤ちゃんはさっぱりします。

風邪でお風呂に入れなかったとしても、そこまで気にしないことが重要です。

まとめ

赤ちゃんが風邪の時のお風呂は?迷った時の4つのポイント
・ 機嫌が悪い時には避ける
・ 高熱時には避ける
・ 鼻水や咳程度ならばオッケー
・ シャワーを活用しても良い
・ 入れなくてもあまり気にしないで!

赤ちゃんが風邪でお風呂に入れない!でも清潔にしておいたほうが良いのでは?などと、結構迷うお母さんも多い赤ちゃんが風邪のときのお風呂事情についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

ポイントは4つ

・機嫌が良ければオッケー

・高熱でなければオッケー

・風邪気味程度ならオッケー

・シャワーでもオッケー

赤ちゃんの風邪の程度や機嫌などの状態を良く確認して、検温してからお風呂に入れるか決めるようにしましょう!

いいね!して最新情報GET!