なぜ泣くの?赤ちゃんをお風呂に入れる時に気を付けたい6つのポイント

babybath

泣いている我が子を必死で洗い、浸かる間も無く湯船から上がる。

そんな毎日のバスタイムにお悩みではないですか?

赤ちゃんをお風呂に入れようとするとなぜか号泣してしまって、困っているママは少なくないと思います。

お風呂は毎日のことですので、毎回赤ちゃんに泣かれてしまうと、せっかくのお風呂タイムも憂鬱になってきてしまいますよね。

できることなら、ゆったりした気持ちで赤ちゃんと一緒にお風呂に入りたいものです。

今回は、赤ちゃんを泣かずにお風呂に入れるためのポイントを6つご紹介します。

なぜ泣くの?赤ちゃんをお風呂に入れる時に気を付けたい6つのポイント

ガーゼなどで体を覆ってあげる

赤ちゃんは、急に裸にされて無防備になると不安を感じることがあります。

また、ベビーバスで沐浴をしていた赤ちゃんが急に大きな浴槽に移ると、雰囲気も違いますし、体の近くに頼るものがなくて余計に心細くなるのかもしれませんね。

ベビーバスの時期だけでなくお風呂に入るようになってからも、慣れるまではガーゼやタオルを体にかけてあげると安心して入浴することができるかもしれません。

手にガーゼなどを握らせてあげるとより安心できるそうなので、ぜひ試してみてくださいね。

湯船に入る時だけでなく、体を洗う時もガーゼを全てとってから洗うよりは少し位置をずらしながら洗ってあげるほうがいいかもしれません。

お湯は適温に

赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く敏感ですので、お湯が熱過ぎて泣いてしまうことがあります。

湯温は38〜40℃が適温ですが、体が冷えていたり浴室が寒かったりすると温度差が大きくお湯が熱く感じることもあります。

初めにかけるお湯をぬるめにしてあげるなど徐々に慣らしていくのもいいかもしれません。

大人には少しぬるく感じるかもしれませんが、赤ちゃんが快適なお湯の温度を見つけてあげてくださいね。

また赤ちゃんは長く湯船に浸かると、疲れてしまったり湯あたりしてしまいますので、湯船からは数分で出るようにしたほうがよいでしょう。

赤ちゃんが安定できる態勢を

ベビーバスの頃は赤ちゃんのお尻のすぐ下に底があって赤ちゃんもパパやママも安心していて沐浴できていたのではないでしょうか。

パパやママと一緒に入るようになって嬉しい反面、今までと違う環境に多少なりとも赤ちゃんは不安を感じています。

赤ちゃんを洗う時は膝の上にしっかりと乗せて、赤ちゃんの体が安定するようにして下さい。

濡れたタオルなどを膝の上に置いてから赤ちゃんを乗せてあげると、滑りにくくていいかもしれませんね。

湯船に入れる時も大人の手や膝で支えてあげると、赤ちゃんも心してお風呂に入れるでしょう。

シャワーは弱めに

月齢の低い赤ちゃんは大きな音にも敏感です。

シャワーが勢い良く出てくると、その音にびっくりして泣いてしまうこともあります。

また、シャワーのお湯自体が赤ちゃんにとっては刺激が強いこともありますので、温度もよく確認してから弱めの水圧でかけてあげると良いでしょう。

もちろん、お湯が目に入らないように気をつけてあげてくださいね。

お風呂に入るタイミングを見直す

夕方から夜にかけてお風呂に入るというご家庭も多いと思います。

ですが、この時間帯は赤ちゃんが疲れて眠くなっていることも多いでしょう。

特に月齢が小さいと眠くて泣いてしまうことがありますので、可能であれば初めのうちは赤ちゃんがご機嫌な時間帯に入れてあげるのも良いと思います。

月齢が進めば起きている時間も長くなりますのでお風呂にも入れやすくなるでしょう。また、お腹がすきすぎていても赤ちゃんは泣いてしまいます。

授乳から時間が空きすぎていないかもう一度確認してみましょう。

ただし、授乳直後の入浴はあまり好ましくないので、授乳後は30分ほどあけてから入浴させて下さい。

おもちゃなどで楽しく

お風呂が嫌な場所だというイメージができてしまうと、お風呂での号泣も長引いてしまうかもしれません。

お風呂でも遊べるおもちゃを用意して、遊びながら入れるようにすると赤ちゃんも次第にお風呂が楽しい場所であると認識してくれるでしょう。

水車やジョウロ、魚すくいなどのおもちゃもでもよいですし、空いたペットボトルに穴を開けてシャワーのように水が出るようにしても楽しんでくれると思いますよ。

また。歌を歌ってあげるのもよいスキンシップの時間になるでしょう。お子さんが楽しんでくれる方法をぜひ見つけてみてください。

まとめ

なぜ泣くの?赤ちゃんをお風呂に入れる時に気を付けたい6つのポイント
・ ガーゼなどで体を覆ってあげる
・ お湯は適温に
・ 赤ちゃんが安定できる態勢を
・ シャワーは弱めに
・ お風呂に入るタイミングを見直す
・ おもちゃなどで楽しく

なぜ泣くの?赤ちゃんをお風呂に入れる時に気を付けたい6つのポイントを紹介しましたがいかがでしたか。
いろんなことを試してみても、赤ちゃんが泣いてしまって入浴が難しい時もあるかもしれません。

そんな時は、時々お風呂をお休みにして濡れたタオルで体を拭いてあげるだけでも十分です。

お風呂で泣く時期があっても次第に慣れて、泣かずにお風呂に入れるようになります。

今はそういう時期だと割り切ってしまう気持ちも必要でしょう。

お風呂は赤ちゃんの肌と直接触れ合える大切な時間ですので、笑顔で楽しいバスタイムになるとよいですね。

いいね!して最新情報GET!