赤ちゃんの便秘は綿棒で!浣腸するやり方とちょっとしたコツ

baby-benpi

赤ちゃんの便秘は苦しそうで、とてもかわいそうですよね。

どうしてもなかなか出ないときは、綿棒を使って浣腸をしてあげるのがオススメです。

我が家でも離乳食が始まってからは便秘気味になってしまったので、かなり活用していましたよ♪

そこで今回は、赤ちゃんの便秘には綿棒浣腸がオススメ!ということで、やり方やコツなどをご紹介したいと思います。

赤ちゃんの便秘は綿棒で!浣腸するやり方とちょっとしたコツ

用意するものと下準備

ではまず赤ちゃんが便秘のときに綿棒を使って浣腸するために用意するものと下準備について説明していきます。

用意するものはたった2つだけ!

・大人用の普通の綿棒

・ベビーオイル

綿棒はベビー用ではなく、大人用を使ってください。

ベビー用だと、先端が細過ぎて傷をつけてしまうことがあります。ベビーオイルは無ければオリーブオイルやハンドクリームなどでも代用できますよ!

下準備として、いつ便が出ても大丈夫なように新しく履かせるオムツを赤ちゃんの下に敷いておきましょう。

それくらい、便秘に綿棒浣腸は即効性があるということなのです!

手順①綿棒の入れ方

では赤ちゃんの便秘をいざ解消すべく、綿棒浣腸にチャレンジ!まずは先端部分から3センチほど全体を、ベビーオイルでしっかり濡らしておきます。

仰向けに寝かせて足を掴んだら、肛門部分にも少しだけベビーオイルを塗ってあげましょう。

最初は綿部分だけをゆっくりいれてみて、そのままクルクルと円を描くようにマッサージします。

その後、さらに3センチほどまで奥にいれて更にマッサージします。

赤ちゃんの便秘が治るように声掛けしながら、綿棒で中を優しく広げるようなイメージでおこないましょう。

手順②赤ちゃんの様子をみる

赤ちゃんの便秘が解消しそうかどうか、綿棒をいれてクルクルしたら少しそのまま様子を見てみましょう。

うまくいくと、この時点で便が出てきてくれる子もいます。

オムツをしっかり当てがって、便がいつ出ても良いように準備しておきましょう!特に綿棒を赤ちゃんの肛門下部分に押し当てるように刺激をすると、ツボあるので便秘解消しやすいようです。

赤ちゃんの表情を良く観察しながら、踏ん張り始めたらマッサージを一時止めて様子を見てください。

手順③赤ちゃんのお腹をマッサージ

赤ちゃんに綿棒浣腸をして、しばらく様子を見て便秘解消しそうだったら最後の一押しでお腹をマッサージしてあげましょう。

下腹部あたりを上から下に向けて流すように優しく押してマッサージします。そして両足をM字に曲げてグイッと膝をお腹の方に寄せて押してあげると、便が一気に出やすくなります。

肛門から腸を刺激して、お腹をマッサージすることで中身の便がスムーズに出やすい状態になるんですね。

このとき赤ちゃんも便秘を解消するべく頑張っているので、いつもわたしは綿棒浣腸をするとき「頑張れ!頑張れ!」と応援しながらおこなっています。

やっても出なかったときは?

赤ちゃんの便秘に綿棒を使っても全然出ない!

そんなときは、早めに病院へ行って診てもらうのが一番です。

赤ちゃん用のグリセリン浣腸などが売られていますが、素人判断はしないでまずはお医者さんに相談することが大切です。

綿棒を使った浣腸はからだに害はありませんが、本当の浣腸ともなると医薬品ですからね…。少し慎重になった方がいいと思います。

便が出るということは大人でもそうですが、健康のバロメーターとなっているのでしっかりと赤ちゃんの便秘の様子を見て、綿棒などで出そうとしても出ないという場合はかかりつけ医に相談して必要なら薬を処方してもらいましょう。

まとめ

赤ちゃんの便秘は綿棒で!浣腸するやり方とちょっとしたコツ
・ 用意するものと下準備
・ 手順①綿棒の入れ方
・ 手順②赤ちゃんの様子をみる
・ 手順③赤ちゃんのお腹をマッサージ
・ やっても出なかったときは?

赤ちゃんが便秘で苦しいとき、早く解消を促すための綿棒を使った浣腸方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

用意するものが綿棒とベビーオイルのみという手軽さとからだに害がないという安心感、そして即効性が期待できる点が特徴だということがわかりました。

1日3回くらいまでは綿棒を使って浣腸をしても大丈夫なので、ぜひ赤ちゃんが便秘で困っていたら実践してみてくださいね!

いいね!して最新情報GET!