なんで??赤ちゃん(新生児)の耳が臭い時の原因と対処法

Baby ear

赤ちゃんが小さいと、授乳や抱っこなどで密着している時間も長いですよね。

すると、時折なぜか赤ちゃんの耳のあたりから嫌な臭いがしてくることがあります。

赤ちゃんの耳の臭いが気になるというママは、実は意外に少なくありません。

いい臭いがするというイメージがある赤ちゃんですが、どうして耳が臭くなってしまうのでしょうか。

また、何か病気が隠れていることもあるのでしょうか。

今回は赤ちゃんの耳の臭いの原因と臭いがあったときはどのようにすれば良いのかをご紹介します。

なんで??赤ちゃん(新生児)の耳が臭い時の原因と対処法

赤ちゃんは耳あかがたまりやすい!

耳あかは、剥がれた耳の中の皮脂やほこりなどからできていますが、もともと赤ちゃんは新陳代謝もよく耳あかもたまりやすいと言えます。

さらに、横になっていることが多い赤ちゃんは、ミルクやよだれあるいは涙が顔を伝って耳に流れ込むことが多く、湿った状態が長く続くと雑菌が繁殖して臭いの原因になります。

また、向き癖のある赤ちゃんはどちらか片方の耳が下になっていることが多いですよね。このように長い時間耳がふさがっていると蒸れて、片方の耳だけから臭いがするようになる場合もあります。

これら、耳あかが原因で匂っている場合は、病的なものではなくいつも通りの耳掃除をすることで改善されますので、心配ありません。

向き癖が原因になっている場合は、時々顔の向きを変えてあげることでも解消されるでしょう。

そのほか、耳の中が臭っていると思っていても、実は耳の裏に垢が溜まっていてそこが臭っていることもあります。

耳の裏は入浴の際に洗うのを忘れがちだったり、よく洗えていないこともあります。

臭いが気になったらいつもよし少し意識して洗ってあげてみてくださいね。

羊水が残っていることも

耳掃除をしていると、黒い耳あかがゴロッと出てくることがあります。

これは、赤ちゃんがまだ胎内にいたときの羊水が耳の中に残っていたものです。

これが、ミルクや向き癖などによって蒸れて臭いを発していることがあります。

しかし、これも普通の耳あか同様に通常の耳掃除で取れることが多いですので心配することはありません。

■ 中耳炎や外耳炎になっている場合

耳の臭いの原因は、耳あかが原因であることも多いですが、中耳炎や外耳炎になっている場合もあります。

耳の臭い以外にも症状がないかよく観察してください。

中耳炎や外耳炎になっている場合には、耳の中から黄色い膿が出ていてそれが原因で臭っていることがあります。

膿は、鮮やかなレモンイエローをしていますのでそのような耳だれがあるときは要注意です。

また赤ちゃんが耳を痛がっていないか、耳をしきりに触っていないか、発熱をしていないかを確認してあげると良いでしょう。

中耳炎の場合は風邪から発症することも多いので、風邪をひいていないかも判断材料になるでしょう。

そのほか、中耳炎や外耳炎の際には赤ちゃんは機嫌が悪くなることも多いのでいつもと違う様子があれば、耳鼻科を受診するようにしましょう。

耳あかは必要!

赤ちゃんの耳掃除をしてあげることは大切ですが、実はある程度耳あかが耳の中にある状態も大切です。

耳あかがあることで、ほこりや水が耳の奥に入ることを防いで鼓膜を守ってくれるというメリットがあるのです。

さらには耳あかそのものには抗菌性もあり、耳の保護のためにも役立っています。

また、溜まった耳あかは自然に外へ出てくるようになっていますので、耳掃除は耳の穴の入り口に出てきたものを赤ちゃん用の綿棒やガーゼなどで優しく拭いてあげるだけで十分ですよ。

綿棒を奥まで入れると耳あかを逆に耳の奥へ押し込んでしまったり、耳を傷つけて外耳炎を引き起こしてしまう可能性がありますので、やめたほうが良いでしょう。

病院で耳掃除

耳あかが溜まっているかなと思ったときには、多くの耳鼻科では耳掃除をしてもらうこともできます。

「耳掃除で病院?」と思う方もいるかもしれませんが、しっかりと保険適応内でしてもらうことができますよ。

病院での耳掃除は1年に1〜2回ほどで十分ですが、「耳掃除だけで病院に行くのは…」と思う場合には、風邪などで受診した際に耳掃除も一緒にしてもらうと良いでしょう。

初めて耳掃除をしてもらうときには、大きな耳あかが出てきてびっくりすることもありますよ。

まとめ

なんで??赤ちゃん(新生児)の耳が臭い時の原因と対処法
・ ■ 赤ちゃんは耳あかがたまりやすい!
・ ■ 羊水が残っていることも
・ ■ 中耳炎や外耳炎になっている場合
・ ■ 耳あかは必要!
・ ■ 病院で耳掃除

赤ちゃんの耳の臭いは、耳あかが原因になっていることがほとんどで、耳掃除をしてあげることで解決されます。

しかし赤ちゃんの耳は大人よりさらにできケートですので、耳掃除のしすぎには注意してあげてくださいね。

また、赤ちゃんが不機嫌だったり、熱など別の症状があるときは病気が潜んでいる可能性もあるので、耳鼻科などを受診するようにしましょう。

いいね!して最新情報GET!