赤ちゃん(新生児)が発熱したときの対処法と気をつけるポイント

babysick

赤ちゃんにとって初めて熱が出た時、ママはどうしますか?

初めての熱ってどうしたらいいのか、悩んでしまいますよね。生後6ヶ月を過ぎてくると、ママからもらっていた免疫が段々と減少していくので、病気をもらいやすくなります。

これは仕方のないことですし、病気になって治してを繰り返し、これから段々と身体は丈夫に強くなっていくので、ママにとっても赤ちゃんにとっても大切な通過点です。

今回は、熱が出た時の対処法や、気をつけることなどを挙げていきます。

赤ちゃん(新生児)が発熱したときの対処法と気をつけるポイント

発熱したときに気をつけること

発熱した時ですが、病院に行く前にまずは焦らずに赤ちゃんの様子を見てみましょう。

発熱していても中には元気な赤ちゃんもいます。熱以外に何もなく、食欲があり、おしっこがちゃんと出ている場合、無理に外出せずに、お家でゆっくり休ませてあげた方が良いでしょう。

逆に、発熱して

・ぐったりしている

・顔色が悪い

・食欲がない

・嘔吐を繰り返している

・おしっこが出ていない

上記に当てはまる赤ちゃんは注意が必要です。脱水にならないように、母乳やベビー用のイオン飲料などで、しっかりと水分補給をしてあげて、熱はこまめに測り、場合によっては速やかに病院に連れて行ってあげましょう。

また生後2ヶ月未満の赤ちゃんの発熱は、特に注意が必要です。

抵抗力が低い為に、すぐに悪化してしまう可能性がありますので、なるべく早く病院に受診しましょう。

冷やすとよい場所

薬局などで売っている熱さまシート。おでこに貼るというイメージがありますが、赤ちゃんの場合、おでこに貼られることを嫌がったりして、あまり効果がありません。

もし熱さまシートを貼る場合や、冷やしてあげると良い箇所は以下となります。

・首の両リンパ節辺り

・脇の下

・足の付け根

いずれもリンパ節や、太い血管が通っているところです。

身体中を巡っている血液を冷やすことが目的で、おでこを冷やすよりも効果的とされています。

冷やす時はどんな時?

・赤ちゃんの顔が赤く、火照っている

・手足が熱い

・汗をかいている

上記のようなことが赤ちゃんに見られたら、濡れタオルなどで冷やしてあげてください。

この際に気をつけることは、汗をかいたままにせず、きちんと着替えさせてあげてくださいね。

また、赤ちゃんは脱水症状に陥りやすいので、十分な水分補給も忘れずにして下さい。

まだ体温調節が未完成の赤ちゃんを冷やす時は、冷やしすぎないように様子を見ながら冷やしてあげて下さいね。

温める時はどんな時?

・赤ちゃんの顔色が悪い

・手足が冷たい

・寒気から震えている

上記のようなことが赤ちゃんに見られたら、服を一枚多めにするなど厚着してあげたり、毛布をかけてあげるなどして、温めてあげて下さい。

これから熱が上がるかもしれない途中なので、様子を見ましょう。顔が赤くなってきたり、汗をかき始めたら、先程紹介したように冷やしてあげましょう。

熱があるときのお風呂は?

赤ちゃんの様子を見てみて、出来るだけ控えましょう。

お風呂は体力を消耗してしまうので、無理をせず、控える方が良いでしょう。また、熱で汗をかいた赤ちゃんの場合、なるべく清潔にしてあげたいですよね。

その場合は、ガーゼやタオルなどを固く絞り、身体を拭き上げて清潔にしてあげましょう。

お尻は直接シャワーをかけて、洗い流してあげるのも良いですね。

病院へ行くタイミング

特に初めての発熱の時は、病院に行った方が良いのか、自宅で安静にしておいた方が良いのか、わからなくなりますよね。

病院へ行くタイミングとしては、

・熱が38度越えたとき

・ぐったりしている

・おしっこが出ていない、もしくは少量で色が濃い場合

・意識がない

このような時は、病院に受診しましょう。

また、熱が38度を越えていなくても、毎日赤ちゃんと向き合っているママですから、ママが赤ちゃんの様子がおかしいと少しでも思ったら病院へ行き、診察してもらいましょう。

そのまま悶々と悩むよりか、お医者様に見てもらい、判断してもらう方が気持ち的にも良いです。あの時受診していれば…と思わない為にも、心配なら病院へ行っても良いでしょう。

平熱を知っておく

赤ちゃんの平熱を知っていますか?

赤ちゃんの平熱を知っていれば、普段よりもどれくらい熱が高いのか判断する時に役に立ちます。

平熱を測る時は、授乳後、入浴後、泣いた後などは避け、毎日同じ時間帯に測ってあげると良いですよ。

まとめ

赤ちゃん(新生児)が発熱したときの対処法と気をつけるポイント
・ 発熱したときに気をつけること
・ 冷やすとよい場所
・ 冷やす時はどんな時?
・ 温める時はどんな時?
・ 熱があるときのお風呂は?
・ 病院へ行くタイミング
・ 平熱を知っておく

赤ちゃんが発熱した時の気をつけるポイントや、対処法などを紹介しましたが、いかがでしたか?

言葉を話せない赤ちゃんが、小さな身体で頑張って戦っていると思うと、ママも心が痛むと思います。

なので、適切な対処をしてあげることによって、少しでも赤ちゃんが楽になれるのならば、それに越したことはありませんよね。

また、パパやママだけではどうしたら良いかわからないときは、#8000(小児救急電話相談)へ電話して相談してみて下さい。

専門の小児科医師、看護師さんが電話対応してくれます。都道府県によって、実施時間帯が違うので、先に確認しておくと良いですよ。

赤ちゃんが頼れるのは、パパとママだけです。

落ち着いて冷静な判断が出来るように、病気のことについて、少しでも勉強しておくと、いざという時に良いかもしれませんね。

いいね!して最新情報GET!