生後9ヶ月(新生児)の離乳食って?量や時間など知っておきたい4個のポイント

food

生後9ヶ月になると離乳食を自分で食べたい!という気持ちが赤ちゃんはどんどん強くなります。

自分でつかめたりストローを使ったりするようになるので、取り分けなどもしやすくなります。

今回は生後9ヶ月の新生児の離乳食の量や時間などについてご紹介します。

生後9ヶ月(新生児)の離乳食って?量や時間など知っておきたい4個のポイント

離乳食の時間

10時、14時、18時の内2回~3回が目安となります。

まずは準備期間として1日2回の離乳食が安定して食べられるように頑張ってみてください。

また、母乳も一緒にあげてください。2回でお腹が空くようなた6時、22時に母乳等や、10時と14時の間におやつをあげても大丈夫です。

手づかみで自分で食べたり、食べる量が子どものご飯茶碗1杯分くらいになっていたら3回食に進んでみましょう。

ストローとコップ

そろそろストローとコップも使えるようになってきます。

ストローの練習

パック入りの飲み物を押して液体をいれてあげると吸うと出てくるというコツをつかんでくれます。

コップの練習

少量の水を入れたコップを持って傾けてあげて練習をします。最初はすぐにこぼれてしまいますが傾ける加減がわかってくると自分でできるようになります。

出来るようになるとお散歩のときの水分補給がとっても楽になりますよ。

手づかみ食べ

手でつかんで食べる「手づかみ食べ」をはじめてみましょう。

ゆでた野菜スティックや切ったリンゴ、ナシなどのフルーツが食べやすいです。

食べることに対して意欲的な時期になるのでウエハースなどのおやつも積極的に取り入れましょう。

よくある食材の調理方法

ご飯のほかに、パン、うどん、など代表的な離乳食の調理方法をまとめました。

ご飯:5分がゆくらいがいいです。

米:水の割合が1:5で作ってください。まだまだ噛む力がないようなら、全がゆでもかまいません。

パン:食べやすいサイズにちぎって、水やミルクに浸してあげると食べやすくなります。

うどん:よくゆでて短くカットしてあげると食べやすいです。少し手間がかかりますが、頑張ってみてください。

イモ類:ゆでてから、つぶしてあげますが、少し粗めにして食べてくれるようならそれでいいです。

お魚:いわし、あじ、サンマなどの青魚は十分に火を通すようにしてください。煮ても焼いてもいいのですが、ほぐしてからあげると食べやすくなります。小骨に十分注意してあげてください。

お肉:鶏レバー、豚、牛の赤身をひき肉状にして調理する。野菜などと混ぜてあげるのもいいです。鶏レバーはすごくクセがあるので、ご飯に混ぜたり、ミルクに混ぜたり工夫しないといけないです。

大豆製品:柔らかく煮てつぶしてあげてください。そのまま食べてくれるといいですが、そのままで無理な場合はひと工夫してください。マヨネーズや卵を活用するものいいです。

乳製品:ヨーグルト、チーズが食べれるようになります。そのまま食べれるといいですが、無理な場合は焦らず、あげてください。

野菜類:柔らかく煮て、一口サイズにしてあげてください。手づかみ食べをする子にはつかみやすい大きさにしてあげてください。野菜をあげることが一番難しいかもしれません。味がだんだんわかってくると苦いと感じて食べにくくなります。ひと工夫を忘れないようにしてください。

まとめ

生後9ヶ月(新生児)の離乳食って?量や時間など知っておきたい4個のポイント
・ 離乳食の時間
・ ストローとコップ
・ 手づかみ食べ
・ よくある食材の調理方法

生後9ヶ月の離乳食についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

食べるのをを嫌がってしまう時期もあります。離乳食がキッカケで産後うつになってしまうママも少なくありません。

大変な時期だと思いますが気楽な気持ちで離乳食を続けましょう。

また、市販のベビーフードに頼ることも悪いことではないので息抜きに使いながら無理なく進めてもらうとよいですね。

いいね!して最新情報GET!