新生児(赤ちゃん)のしゃっくりの原因と止め方の4つのコツ

baby-hiccup

新生児というと、とにかくしゃっくりが多い!という印象を持っているお母さんも多いのではないでしょうか。

わたしも、すでにお腹の中にいるときから頻繁にしゃっくりをしていたので、産まれてきて次の日から早速していました。

でも赤ちゃん、特に新生児はなぜしゃっくりが多いのでしょうか?

今回はその原因2つと、止め方の4つのコツをご紹介したいと思います。

新生児(赤ちゃん)のしゃっくりの原因と止め方の4つのコツ

赤ちゃんのしゃっくりの原因は2つ!

新生児の赤ちゃん、大人問わずしゃっくりの原因は横隔膜のけいれんによるものです。

でも、大人に比べて赤ちゃんはかなりしゃっくりの頻度が高いですよね。それは、実は横隔膜を刺激してしまう2つの原因が関係していたのです!

・ミルクや母乳を飲んだため

まず、ミルクや母乳を飲むと消化器官が活発に活動します。

そのことで横隔膜にもそれが伝わって刺激になってしまい、しゃっくりが出てしまうんですね。

・からだが冷えてしまったため

大人でも冷たい飲み物を飲んだ後など、出やすくなりますよね。

新生児はオムツをいつもつけていますから、その影響でからだが冷えやすいのです。

からだの冷えは横隔膜を刺激してしまうので、これまたしゃっくりが出やすくなるのです。

止め方①ミルクや母乳を飲ませる

先ほど新生児のしゃっくりはミルクや母乳を飲むことが原因のひとつだとご紹介しましたが、実は対処法としても同じくミルクや母乳を飲ませて横隔膜をさらに刺激することで止まることがあるのです。

そのため、この方法は原因でもあり対処法でもあるということになります。

確かに、大人も同じように水を飲んだりすると良いと言いますからね。

新生児がしゃっくりを始めたら、とりあえず母乳やミルク、ミルクの時間でなければ白湯などをあげてみるといいですよ♪

止め方②授乳後にげっぷをさせる

新生児のしゃっくりを止めるために、ミルクや母乳を飲ませるという方法が効果的なのですが、そこで忘れてはならないのがげっぷをさせることです。

胃腸が活発にはたらいていてもお腹にガスが溜まってしまうととても苦しくなってしまいます。

ひどいときにはしゃっくりと同時にミルクを吐き戻ししてしまう赤ちゃんもいます。

そこで授乳後は必ず新生児のうちはげっぷをさせて胃腸に溜まったガスを抜いて、お腹をスッキリさせてあげると横隔膜の刺激も最小限に抑えられるのでしゃっくりがおさえられるというわけなのです。

止め方③新しいオムツに替える

新生児のしゃっくりを止める簡単な方法として次にあげられるのが、オムツ交換をすることです。

新生児は頻繁におしっこをしますよね。少しオムツ交換をサボっているとあっという間にパンパンになってしまいます。

実は、この状態のオムツをしている肌はとっても冷えているんです。そこから冷えがお腹まで伝わって横隔膜に刺激が加わると、しゃっくりが出てしまいます。

新生児の場合はおしっこをしたかどうかこまめにチェックして、オムツがパンパンになる前に交換してあげることでしゃっくりがおさえられると思いますよ!

止め方④からだを温める

先ほどもお話しした通り、新生児のしゃっくりの一因としてからだの冷えが関係していることがわかっています。

そのため、からだを温めることが良い効果を発揮するのです。

例えば、沐浴をしてあげたり一枚洋服を出してあげたりすることで冷えを改善することができます。

また、部屋の温度が下がっていたらエアコンなどで調節していくと良いでしょう。からだが温まってくると、新生児のしゃっくりもおさまってくると思います。

まとめ

新生児(赤ちゃん)のしゃっくりの原因と止め方の4つのコツ
・ 赤ちゃんのしゃっくりの原因は2つ!
・ 止め方①ミルクや母乳を飲ませる
・ 止め方②授乳後にげっぷをさせる
・ 止め方③新しいオムツに替える
・ 止め方④からだを温める

かなり頻繁に起こる新生児のしゃっくりについて原因と止め方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ただ、赤ちゃんのしゃっくりは大人と違って意外と苦しくないのだそうです。無理に止めようとしないで、授乳やオムツ交換をしたら様子を見ておくのも良いのではないかなと思います。

だんだん1歳にもなるとしゃっくりの頻度が減ってくるので、ぜひ新生児のうちにしゃっくりの動画を撮影しておいて残しておくことをオススメします♪

いいね!して最新情報GET!