新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめ

baby how to make milk

出産後、すぐに育児開始!しかし、仕事にも早く復帰しなくてはならないというママも多いのではないでしょうか。

そうなると、母乳よりもミルクでの育児になります。

でも、ミルクってどう作れば良いの…と不安や疑問のママもいることでしょう!その不安や疑問を一気に解決しましょう!

新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめ

ミルクを作るうえでの準備する物&作るもの

準備する器具は以下の物を揃えると良いでしょう。

<哺乳瓶>

哺乳瓶は、ミルク以外にも白湯を飲ませる時にも必要です。最初は小さい160ミリサイズの瓶で十分です。本数はまずは1~2本用意し、様子を見て必要なら買い足すようにしましょう。素材はガラスとプラスチックがありますが、傷が付きにくく衛生的なガラスを家用に、お出かけ用に軽いプラスチックを1本づつ用意すると良いでしょう。

<調乳ポット・哺乳瓶ケース>

調乳するのにちょうど良い温度を保つポット。出産後様子を見て、ミルクのみになるようなら必須になります。

<粉ミルク>

試供品を病院でもらえることもあるため、まずは買わずに様子を見て、退院後、必要になったら買いに行きましょう。

<ミルクスケール>

粉ミルクの量をすりきりで、量ることができるスプーンのこと。

<ミルカー>

粉ミルクを調乳1回分ずつ計量して、小分けにできるケース。様子を見て、必要なら買いましょう。

<哺乳瓶ケース>

外出時で授乳する際に、ガラスの哺乳瓶は割れる可能性もあるので、ケースに入れると安心です。

<哺乳瓶洗浄ブラシ>

スポンジとナイロンタイプがありますが、哺乳瓶をガラスとプラスチックス両方買う場合は、傷が付きにくいスポンジタイプを選んでください。乳首用ブラシとセットの商品もあります。

<乳首専用ブラシ>

ミルクのカスが乳首の先の穴に詰まりがちなので、乳首ブラシは必須! 哺乳瓶専用の商品を選んでください。

<哺乳瓶消毒&保存ケース>

哺乳瓶の保存や、持ち運びにも使えます。コストがかからず手軽な電子レンジで消毒するタイプが良いです。

<哺乳瓶洗剤>

粉ミルクのカス等は水だけでは取れないため、洗剤も必要です。純石けん分のみの成分の商品が赤ちゃんに一番優しくておススメです。また、赤ちゃんには、まだ免疫がないため、上に記載した使用する道具や手を清潔にしましょう。買ったばかりの道具も、まず最初に消毒が必須です。

<作り方>

1. 自分の手や周辺を清潔にする

2. 消毒済みの哺乳瓶を準備

3. 70度以上のお湯を用意する

4. 粉ミルクを哺乳瓶に入れ、お湯を半分ほど注いで溶かす

5. 完成量まで湯冷ましか調乳用の水を注ぐ

6. 哺乳瓶の上から冷たい流水を当てて、人肌まで冷やし、完成

ミルクの最適な量は?

生後7日目までは、基本的に生後日数×10ml+10mlで計算します。生後1日目なら1日×10ml+10ml=20ml、2日目なら2日×10ml+10ml=30mlです。一日10mlずつ増やしていく感じです。

この頃は、3時間毎のミルクタイムを1日8回行います。7日目には目安量が80mlとなり、生後2週間までは一回80mlを与えます。

生後2週間~1ヶ月までは一回量を100ml、回数と間隔は変わらず、3時間毎のミルクタイムを1日7回が基本です。母乳の場合は赤ちゃんが泣いて欲しがれば、間隔や回数に関係なくその都度与えます。

これはママの母乳の栄養に個人差があることと、ミルクより母乳の方が消化が良いため、お腹が空きやすくなるからです。ミルクだけを赤ちゃんに与える場合、母乳だけを与える場合、ミルクと母乳両方を与える場合があると思います。

ミルクだけの場合は上記の量、間隔、回数を守るのが基本ですが、赤ちゃんによって大きさや成長の度合いに個人差があるため、赤ちゃんの哺乳力や体重の増え方などを見ながら調節したほうが良い場合もあります。

母乳とミルクを混合で与える場合、まずは母乳をすきなだけ飲ませます。もうおっぱいが出ないのに、赤ちゃんが欲しがる場合はミルクを20ml位ずつ様子を見ながら与えましょう。

ミルクの最適温度とは?

ミルクを使う水は、一度、沸騰させていても、長時間放置した水では意味がないため、70度以上のお湯を使います。

なぜ70度以上のお湯を使うかと言うと、ミルクの中に含まれていることがある菌を殺菌するためです。熱ければ熱い方がいいような気がしますが、実はそうではなく、ミルクに含まれているビタミン類が壊れてしまうことがあるため、70度が丁度です。

そのため、一度沸騰させた後、少し冷ましたお湯を使うことがベストな方法!ミルクが欲しくて泣いている赤ちゃんを待たせて、急いでおいしいミルクを作ることは大変です。

一度沸かして、70度位に冷めることを待って、更に熱くないように40度の飲み頃にまで冷ます…というのは結構時間がかかってしまいますが、大切なことです。

哺乳瓶を冷ます方法は、冷水につけておきましょう。

ミルクの与え方の注意

最近、赤ちゃんにミルクを飲ませる飲ませ方が悪くて中耳炎や耳の病気にかかる子が多いようです。

アメリカの小児科医で、診察の中で耳にミルクがたまっている赤ちゃんを見ることが多く、このことが原因と言われています。

でも、なぜ、耳の中にミルクなのでしょうか。それは、多くのママが赤ちゃんにミルクのあげ方・飲ませ方が間違っているためです。

多くのママは、子供を横に寝かせたまま、ミルクを飲ませています。しかし、その姿勢は、のどにミルクが詰まったり、耳にミルクが流れ込んでしまいます。大人でも寝ながら水を飲んだりする人は少ないでしょう。

ある程度、体を傾けてから飲むと思います。寝ながら飲むと咳き込んだり、器官に入ったり、咳き込んだりすることを体験的にわかっているために、大人はそのような姿勢で水分を補給しますが、多くのママは、それを赤ちゃんにしてしまっているのです!

母乳育児であれば、赤ちゃんの頭は地面に垂直に傾けて飲むため、比較的自然な姿勢で飲むことができます。

これが哺乳瓶になると、寝かせたまま飲ませたりすることが多くなることも事実。なるべく、頭を起こし、手で抑えて、母乳をあげるように飲ませてあげましょう!

まとめ

新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめ
・ ミルクを作るうえでの準備する物&作るもの
・ ミルクの最適な量は?
・ ミルクの最適温度とは?
・ ミルクの与え方の注意

新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめを紹介しましたがいかがでしたか。

ミルクの作り方だけではなく、飲ませ方もしっかりと確認しておきましょう!赤ちゃんの第一のご飯&栄養分を安全に飲ませてあげましょう。

いいね!して最新情報GET!