子供が薬を飲まない!ママがやっている薬の飲ませ方5つ

子供が体調不良になって病院に行ったのはいいけれど…処方された薬はシロップではなく粉のタイプ!

いくら小児科で処方されるものが飲みやすくなっているとはいっても、やはり味はお世辞にもおいしいとは言えません。

そこで今回は子どもが少しでも早く良くなるように、粉の薬の飲ませ方を5つご紹介します。

子供が薬を飲まない!ママがやっている薬の飲ませ方5つ

小さく丸めて飲ませる

子どもに薬の味をあまり感じさせないように飲ませたいときには、小さく丸めて水分とともに飲ませるのが良いでしょう。

大人の錠剤と同じような考えですが、小さい子でも飲みやすいように2mmくらいの大きさにしていきます。

やり方は、少量の水を加えて練っていき、ある程度の硬さになったら指の先を使って丸めていきます。

薬を小さく丸めて飲ませることで、子供の錠剤服用の練習にもなると思います。

クラッシュゼリーに混ぜる

子どもの喉に詰まらないように、クラッシュゼリーを使ってその中に薬を混ぜて飲ませていきましょう。

なるべく混ぜて味が変わっているゼリーを食べさせる量は少なく済ませたいので、スプーン1杯でおさまる量にしていってください。

ゼリーは好きな味を選んでも良いのですが、味が変わったことでショックを受けてしまうことがあるので好きでも嫌いでもなく食べてくれる味をチョイスするのがベストです。

わたしは一度、服薬のための専用ゼリーも試してみたことがあるのですが、あまり味が好みではなかったようで飲んでくれませんでした。

子供が無事に薬の混ざったゼリーを食べることができたら、今度は大好きな味のゼリーを食べさせてあげると機嫌が戻るでしょう。

アイスクリームに盛る

子供の飲む薬は味を抑えておることが多いので、アイスクリームの冷たさと濃厚な味でカモフラージュできておすすめです。

特に熱があって体が熱いときにアイスクリームを食べると、体が一時的に冷やされて気持ちが良いと思います。

虫歯が心配…という場合でも、きちんと食べた後に歯磨きをしてあげれば大丈夫です。

アイスクリームの上から直接薬をふりかけて食べさせれば、意外と子供は抵抗なく食べてくれますよ!

ヨーグルトに盛る 

子供の薬の味を少しでも消すことができるように、酸味の強いヨーグルトに混ぜるのも効果的です。

我が家ではいつもこの方法で飲ませているのですが、特に味を気にすることもなく飲んでくれています。

プレーンヨーグルトの上からふりかけるだけなので簡単ですし、ヨーグルトは抗生物質などで腸内環境が変わってしまうのを防ぐ働きもあります。

体にもとても良いものなので、食後のデザート代わりに与えるようにすると薬の飲み忘れを防ぐこともできます。

ただプレーンヨーグルトは子どもによって好き嫌いがあるので、様子を見ながら与えていくようにしましょう。

ミルクに混ぜる

子供にまだフォローアップミルクなどを与えている場合は、少量作って薬を混ぜて与えていきます。

飲みなれているものに混ぜることで、スムーズに嫌がらず飲んでくれる可能性が高くなります。

ちなみに我が家はフォローアップミルクを与えていなかったので、お茶に混ぜてみたところ全く飲んでくれませんでした…。

やはり濃厚な味のものに薬を混ぜるというのが、子供にとっては良いのかもしれませんね。

まとめ

子供が薬を飲まない!ママがやっている薬の飲ませ方5つ
・ 小さく丸めて飲ませる
・ クラッシュゼリーに混ぜる
・ アイスクリームに盛る
・ ヨーグルトに盛る
・ ミルクに混ぜる

子供が苦手な薬をスムーズに飲むことができるように様々な方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

基本的に味がきちんとするものにまぜるということと、好んで日常的に食べているものに混ぜると良く飲んでくれます。

やはり毎食後にきちんと薬を飲んで、1日でも早く子供が元気になってほしいですもんね。

今回紹介したやり方を参考にしながら、ぜひお子さんに合った方法を模索していってみてください。

いいね!して最新情報GET!