赤ちゃんがミルクを飲まない原因と飲んでもらえる方法

babymilk

赤ちゃんにミルクをあげてもなかなか飲まないとき、お母さんはまだ慣れない育児の中でとても困ってしまいますよね。

飲んでくれないと体重の増えが悪くなったり、ぐずりやすくなったりと余計に悪循環に陥ってしまいます。でも、きちんと赤ちゃんがミルクを飲まない原因を特定することで、飲んでもらえるように対処することができます。

今回はそんな飲んでくれない原因と対処法をご紹介します。

赤ちゃんがミルクを飲まない原因と飲んでもらえる方法

哺乳瓶の乳首が気に入らない

もしかしたら赤ちゃんがミルクを飲まないのは、使っている哺乳瓶の乳首が口に合っていないことが考えられます。

乳首の種類によって形や素材などが異なり、乳首を吸ったときのミルクの出方にも違いがあります。また乳首が合わないと、飲んだときに空気も一緒に飲み込みやすくなってお腹がいっぱいになりやすいのです。

対処法としては哺乳瓶や乳首を替えたり、スプーンなどですくって飲ませることで赤ちゃんがミルクを飲まないということが解消されることがあります。

ミルクの微妙な濃さの違いを嫌がる

赤ちゃんはわずかなミルクのメーカーや濃さの違いで嫌がり、飲まないことがあります。

それだけとても味覚が敏感だということなんでしょうね。母乳もお母さんの食べたもので味が変わって飲み方が変化すると言われていますもんね。

対策としては、粉ミルクを作るときは記載されている分量をしっかりと計って正確に作ることで、赤ちゃんが嫌がって飲まないということを解消できる場合があります。

またミルクの銘柄を変えてみるというのもひとつの方法だと思います。

ミルクの温度が冷めている

赤ちゃんにミルクを飲ませるときは、熱湯で一度ミルクを作ってから流水などで温度を人肌にまで下げてからあげますよね。

でも、必要以上に冷めていたりすると途端に美味しくなくなって飲まないということがあります。確かに大人でも冷めた食事は美味しく感じないですもんね。ゆっくり飲ませていて途中で冷めてきてしまったときには、湯煎にかけたりして温度を人肌程度に上げるようにします。

こうしてから赤ちゃんに飲ませるようにすると、ミルクの温度によって飲まないということが防げるようになりますよ。

リラックスできなくて飲めない

赤ちゃんがミルクを飲まない理由のひとつとして、リラックスできていないからということが言えると思います。

例えば普段とは違った外出先であげていたり、お母さん以外の慣れていない人があげている場合などは緊張感が伝わってなかなか飲んでくれないことが多いです。

またお母さんが、赤ちゃんがなかなかミルクを飲まないことにイライラしていると、それが赤ちゃんに伝わって余計に飲んでくれなくなるという悪循環になりやすくなります。お母さんの緊張感と、恐い顔が赤ちゃんの精神状態にも影響をあたえてしまうんですね。

お母さんもどうかリラックスしてあげるようにしてくださいね♪そうすればミルクを飲まないときでもイライラしないで対応することができそうです。

具合が悪い

最後に赤ちゃんの具合が悪くて、食欲がなくてミルクを飲まないということも考えられます。

なんだかいつもよりぐずっていたり、飲んでもすぐ吐いてしまうなど具合が悪い症状がみられたら早めに病院へ連れて行くようにしましょう。このとき便の状態と発熱していないかなどをきちんと把握して医師に伝えられるようにしておきましょう。

赤ちゃんはミルクを飲まないとすぐに脱水症状などになってしまいますから、早めの行動が必要になります。

まとめ

赤ちゃんがミルクを飲まない原因と飲んでもらえる方法
・ 哺乳瓶の乳首が気に入らない
・ ミルクの微妙な濃さの違いを嫌がる
・ ミルクの温度が冷めている
・ リラックスできなくて飲めない
・ 具合が悪い

ここまで赤ちゃんがミルクを飲まない原因を5つと、その対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ただ単に赤ちゃんの好みの問題というものから、体調の問題まで幅広い原因があることがわかりましたね。原因を早めに特定して対処していけば、赤ちゃんがミルクを飲まないときも慌てないで行動できると思います。

まずは、お母さんがリラックスすることから始めていきましょう!

いいね!して最新情報GET!