赤ちゃん(新生児)に牛乳は平気?知っておきたい5個の心得

babymilk

赤ちゃん(新生児)のうちは、母乳やミルクが中心ですよね。

しかしカルシウムをはじめ、様々な栄養を含む牛乳はどれくらいから飲ませることができるのでしょうか。

牛乳といえば大人でも人によってはお腹がゆるくなってしまう人もいるくらいなので、なかなか赤ちゃんに与えるというのは抵抗があるという人もいると思います。

そこで今回は、赤ちゃんに牛乳を飲ませるときの心得を5つご紹介していきます。

1歳を過ぎてから飲ませること

赤ちゃんが牛乳を飲めるようになるのはいつから?ということがまず気になるところですよね。

授乳や離乳に関してのガイドラインが厚生労働省から発表されているのですが、牛乳は満1歳を過ぎてからの摂取が望ましいとの記載があります。

これにはきちんとした理由があって、母乳やミルクは乳糖という甘味成分が牛乳より1,5倍多く含まれているのに対し、たんぱく質とカルシウムは牛乳の方が3倍も多く含まれているのです。

赤ちゃんはこの牛乳に含まれているたんぱく質を分解する力がまだ未熟なので胃腸などに負担がかかってしまいます。

また牛乳に含まれているカルシウムを中心とした成分が鉄分の吸収を妨げてしまうので1歳を過ぎてからでないと鉄欠乏性貧血になりやすくなってしまうのです。

そのため、赤ちゃんは1歳を過ぎてから牛乳を飲み始めた方が良いということになります。

1日の摂取量を守ること

赤ちゃんが牛乳を飲むのは1歳を過ぎてからですが、それより前からフォローアップミルクを飲んでいる場合は1歳半を過ぎてから牛乳を飲み始めた方が鉄分不足になりにくくなります。

牛乳の量は、1日にだいたい400mlを目安とします。

もちろん始めは赤ちゃんのお腹の調子などと相談しながら少しずつ与えていく形でも大丈夫ですよ!

アレルギーが心配な場合は、1歳半までは牛乳は離乳食にのみ使用するという感じにしても良いですね。

わたしも赤ちゃんには実際1歳半を過ぎてから牛乳を与え始めました。

アレルギーの有無を確認すること

赤ちゃんに牛乳を与えるという点で一番気になるのがアレルギーの問題ではないでしょうか?

お腹を下してしまったらどうしよう、「乳」はアレルゲンでも比重が大きいし、心配ですよね。

牛乳に含まれているたんぱく質は人間が本来吸収する分子よりも大きくなっているので、赤ちゃんの腸内で異物と捉えられてアレルギー症状が起きてしまうことがあるのです。

確かに本来は牛乳は子牛のための飲み物ですからね(笑)

お腹の調子を注意深く見てみて、万が一赤ちゃんが牛乳を飲んで下痢をしたなどの症状があったら病院で検査をしてもらいましょう。

フォローアップミルクとの違いとは?

1歳を過ぎて赤ちゃんに牛乳をあげたいけれど、フォローアップミルクをまだ与えているというお母さんも多いのではないでしょうか。

フォローアップミルクは粉ミルクとは全く違い、離乳食でとりきれなかった栄養を吸収するための飲み物です。

カルシウムや鉄分不足になりやすい離乳食時期をサポートするはたらきがあります。牛乳はカルシウムなどは豊富なのですが、鉄分を阻害するはたらきもあるので離乳食がほぼ完了期に入り、栄養をほとんど食事からとれるようになってから飲むようにしましょう。

牛乳と赤ちゃんのフォローアップミルクは全く用途が違うということですね。

離乳食で使う場合はいつから?

離乳食でホワイトソースなどを作ったり、シチューなど赤ちゃんが食べやすいものを作るときに牛乳を使うことがあります。

そんなときはどのくらいの月齢から使って良いのかというと、7ヶ月を過ぎてから少しずつ使用するようにしましょう。

わたしは、始めは鮭にかけるクリームソースに牛乳を使ったのが最初でした。

確か8ヶ月になりそうなくらいだったと思います。

特に問題なく食べていたので、次は牛乳を割と使ったシチューデビューをしましたよ!

赤ちゃんの離乳食の具合をみながら牛乳をうまく使ってレパートリーを増やしていってくださいね。

まとめ

・ 1歳を過ぎてから飲ませること
・ 1日の摂取量を守ること
・ アレルギーの有無を確認すること
・ フォローアップミルクとの違いとは?
・ 離乳食で使う場合はいつから?

赤ちゃんに与える牛乳について、時期や量、フォローアップミルクとの違いや離乳食での活用法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

牛乳はたんぱく質量が多く、からだに負担がかかりやすいので1歳を過ぎてから与えるのが望ましいです。

アレルギーなどのことも考えて、赤ちゃんの体調をみながら少しずつ与えていってくださいね。

赤ちゃん時代が終わり、離乳食が完了すればもう牛乳はからだに良い飲み物となるので、積極的に飲ませてみてくださいね!

いいね!して最新情報GET!