赤ちゃん(新生児)の育児が疲れたと思ってしまう5つの原因

neurosis

出産はゴールではなくスタートという言葉を見かけますね。

まさにその通りで、出産してすぐに子育てが始まります。最初は、毎日試行錯誤しながら、寝不足の中授乳やミルクを与え、オムツ替えをし、寝かしつけをする…少し大きくなってきたら、目が離せなくなったり、イヤイヤ期や反抗期もあります。

一生懸命頑張っているママ、育児に疲れたな?って思う時ありませんか?

今回は、育児に疲れたと思ってしまう場面と、その時の対処法を挙げていきます。

赤ちゃん(新生児)の育児が疲れたと思ってしまう5つの原因

寝不足で疲れたママ

0歳~3歳くらいのお子様を持つママで、朝までぶっ通しで寝たい!と思っているママはどれくらいいるでしょうか?

きっと、計り知れないくらいいると思います。

新生児期の頃なんて、2~3時間置きに起きるのは当たり前みたいなものです。もっと間隔が短い赤ちゃんだっています。

寝不足で辛いな~って思ったら、少し家事をサボって、思い切って赤ちゃんとお昼寝しましょう。

寝ている間に家事を済ませたいと思うママもいると思いますが、ここは自分の身体を優先して、身体を休めましょう。

ママが倒れてしまったら元も子もないですからね。

何もしてくれないパートナーにイライラする

これについても、イライラしているママは多いと思います。

今はイクメンといって、率先して家事育児を手伝ってくれる方もいますが、みんながみんなそういう訳ではありません。

『横になってないで、少しは手伝ってよ!』『食べた後の食器くらいキッチンに持って行って!』など、出産するまでは当たり前のようにしていた事や、特に今までイライラしたことがないことに対しても、イライラしてしまう時ってありませんか?

女性は元々男性よりも気配り目配り上手です。だからパートナーに対して、余計に腹が立ってしまうと思うんです。

こういう時は、パートナーにはっきりと手伝ってほしいと伝えることが1番です。男性って言われなきゃ気付かないです。

自分の中に溜め込んで、パートナーに当たってしまう前に、きちんと聞いてもらいましょう。

こどもに当たりそうになる

近頃、ニュースで虐待の話が多く見受けられます。

子を育てる同じ親として、小さな命が亡くなることはとても悲しいことです。実際にイライラして当たりそうになったり、当たってしまってるママもいると思いますが、虐待のニュースが多い為に、周りに相談しにくくなってはいないですか?

こどもに当たってしまうことは、確かに良くないことです。しかし、ママも人間です、感情が抑えられなくなる時だってありますよね。

なぜこどもに当たりそうになるのか?冷静な時に、当たりそうになってしまった時のことを一度思い出してみてください。

何が原因で当たりそうになってしまったのか。原因がわかるだけでも、次からの対処に繋がります。

イヤイヤ期、反抗期

イヤイヤ期は大体1歳半頃から始まり、個人差はありますが、4歳くらいまで続く子もいます。

魔の2歳児なんて言葉もありますね。反抗期は大体12~15歳の思春期の頃にあります。

このイヤイヤ期と反抗期って、精神的にとても疲れますよね。とくにイヤイヤ期については、まだ言葉が上手く話せないこどももいるので、ママですら理解出来ないこともあります。

なので、ついつい怒ってしまいがちになる時期ですが、ここはお子様の自我が成長している証なので、ママは余裕を持って見守ってあげましょう。

大人の私たちでさえ、感情が抑えられなくなる時があるのですから、言葉が上手く出てこないこどもたちはもっと葛藤していることでしょう。その時は、辛いんです。

でも、辛いのはママだけじゃない。こどもたちもきっと苦しい思いをしていると思います。ママにわかってほしくて、癇癪を起こしたり、イヤイヤと反抗したりしているのです。

こどもたちはこどもたちなりに、必死にママに訴えているのです。

それを怒りで返すのではなく、愛情で返してあげることが出来れば、ママにとっても、お子様にとっても、良い関係性が生まれてくると思います。

完璧を求めない

家事や育児に完璧を求めていませんか?

夫は私たちの為に働いてくれているのだから、家の事は私がちゃんとしなければ、育児書通り子育てしなければ、など思ってはいませんか?

完璧にしなくても大丈夫ですよ。ちゃんとしなければと思えば思う程、ママの疲れは溜まっていきます。たまには手抜きでもいいと思います。

ある程度手を抜きながら、無理をしない範囲で家事や育児をしましょう。

まとめ

赤ちゃん(新生児)の育児が疲れたと思ってしまう5つの原因
・ 寝不足で疲れたママ
・ 何もしてくれないパートナーにイライラする
・ こどもに当たりそうになる
・ イヤイヤ期、反抗期
・ 完璧を求めない

育児で疲れを感じるであろう、主な5つの原因をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

この他にも色々な原因はあると思います。行き詰まった時や、疲れてしんどいと思った時は、誰かに話を聞いてもらったり、たまには、親やパートナーにお子様の面倒を見てもらったり、一時保育や託児所などを 利用して、ママ自身もリフレッシュするのも良いと思います。

育児はママだけがしないといけない訳ではないのですから、周りに協力してもらいましょう。

いいね!して最新情報GET!