赤ちゃんが鼻血を出したら?2つの原因と3つの予防策

baby-nosebleed

赤ちゃんが鼻血を出してしまったら、親としてはかなり焦りますよね!

自分のが出ても焦るのに、それは当たり前です。

でもそんなときは、きちんと鼻血が出る原因を特定してしっかり対策をすれば落ち着いて行動することができます。

そこで今回は、赤ちゃんが鼻血を出してしまう原因を2つと対策を3つご紹介したいと思います。

赤ちゃんが鼻血を出したら?2つの原因と3つの予防策

原因①鼻腔内を傷つけてしまった

鼻血の原因として一番多いのは、赤ちゃんは力の加減をすることがまだ難しいために傷として出てしまうということです。

つい鼻が気になって指を思いっきり突っ込んでしまったり、爪で引っ掻いたりしてしまったりすることから粘膜を傷つけてしまうんですね。

これは赤ちゃんの爪が薄くて伸びやすいため、ちょっとの引っ掻き方でも簡単に傷ができてしまうということが原因です。

そのため、鼻水に血が混じっていて鼻血だと気付いた!なんてことは割と赤ちゃんには良くあることなのです。

原因②風邪などで粘膜が弱くなっている

ただでさえ赤ちゃんの鼻腔の粘膜は弱く、ちょっとしたことで傷ついて鼻血が出やすくなっています。

特に風邪をひいたりして抵抗力が弱まり、同時に粘膜も弱くなっている状態だと鼻腔の毛細血管が簡単に切れやすくなってしまうのです。

特に鼻をいじったりぶつけたりしていないのに鼻血が出た場合は、赤ちゃんの体調を確認してみてください。

意外と風邪気味で微熱があったり体調が万全ではないかもしれません。

対策①鼻を圧迫して止血する

赤ちゃんが鼻血を出してしまったら、まず鼻腔を押さえるように軽く圧迫して止血します。

これは大人と同じですね。もちろん上を向かせたり、横にならないように注意をします。

鼻と口はつながっているので、喉を通って口に血が流れてきてしまいます。

そうならないためにも赤ちゃんを縦抱っこして鼻の付け根部分を軽く押さえてみてください。おそらくすぐに止血ができると思います。

赤ちゃんが鼻血を出すと慌ててしまいがちですが落ち着いて縦抱っこ、そして圧迫というのは一番に覚えておきたいですね。

対策②温度を上げないようにする

赤ちゃんが鼻血を出しやすい環境のひとつに、周囲の温度が高すぎるということが言えます。

また同時に空気が乾燥しているとなると鼻腔の粘膜も乾燥して表面が傷つきやすくなるため、温度と湿度に気を配るようにしましょう。

またお風呂なども長湯は避けてのぼせないように注意をしてください。この温度が上がりすぎて鼻血が出たときには、赤ちゃんを濡らしたタオルなどで冷やすなどするのが効果的です。

保冷剤などは、まだ刺激が強すぎるので、水に濡らしたタオルを当てるだけで充分です。

特に冬場はエアコンと同時に加湿器をつけるようにしましょう。

対策③こんなときは病院へ!

赤ちゃんの鼻血は、通常先ほどあげた対策をすればだいたい5分以内に止血できます。

ですが、なかなか血が止まらない時や出血量が多い時、鼻血を頻繁に繰り返す時などは病院へ連れて行きましょう。

病院は耳鼻科や小児科で大丈夫ですので、かかりつけ医に鼻血が出た時の様子や赤ちゃんの体調などを細かく説明して相談してみてください。

止血剤の点鼻薬などを処方してくれる場合があります。

ただ、なかなか血が止まらない、そして繰り返すときは何か重大な病気が潜んでいる可能性もありますので、もしかしたら大きい病院を紹介されるかもしれません。

まずは医師の指示を仰ぎましょう。

まとめ

赤ちゃんが鼻血を出したら?2つの原因と3つの予防策
・ 原因①鼻腔内を傷つけてしまった
・ 原因②風邪などで粘膜が弱くなっている
・ 対策①鼻を圧迫して止血する
・ 対策②温度を上げないようにする
・ 対策③こんなときは病院へ!

赤ちゃんの心配な鼻血について原因や対策をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

そのほとんどはあまり心配するようなものではなく、赤ちゃんのちょっとした行動や体調などが関係することがわかりました。

しかし、赤ちゃんの鼻血にしてはおかしいな?と思った時にはすぐに病院に行くようにしましょう。

また日頃から赤ちゃんの爪はこまめに切っておいてくださいね!

いいね!して最新情報GET!