赤ちゃんに枕はいつから必要なの?いつまで?種類や効果まとめ

Back Bosubosu

妊娠後期に入り、赤ちゃんのグッズをいろいろ見て揃え始めているママやパパも多いのではないでしょうか。

そこで、ベビーベッドとともに売り場で見かけませんでしたか。「赤ちゃん用のまくら」!でも、枕って必要なのだろうか…と思うプレママも多いと思います。

どんな効果があるのか、しっかりとチェックしておきましょう!

赤ちゃんに枕はいつから必要なの?いつまで?種類や効果まとめ

枕はいつからいつまで?

赤ちゃんの枕は産まれてすぐに必要になるわけではありません。安眠のために枕が必要になってくるのは、子供の背骨のS字カーブがはっきりとしてきてからがよいと思います。

それ以前では、まだ背骨がまっすぐに近い状態にあるので子供さん自身が枕を使いたがらないこともあるでしょう。その場合に無理に枕を使わせる必要はありません。

体のS字ラインが整ってくる年齢とはまちまちなので、この時期から絶対に枕を使わなくてはということも無いようです。

子供の体のS字ライン整ってくるのはいつごろが目安なのでしょうか。その時期を見分けるためにも子供さんの体を横からじっくり観察してみてください。お子さんの体を横から見て、以下のような様子が見られたら、枕を使ってみましょう。

<首よりも頭が後ろに出ている>
首から背骨にかけてのカーブが出来ている状態です。このころから枕を使い始めてみるのがよいでしょう。首のカーブを支えるためにタオルを巻いたものなどを使ってみください。

<背中のラインと頭のラインが同じ>
この状態では、逆に枕を使わないと背中とおしりが沈みすぎて寝にくいかもしれません。合う枕を探しにいきましょう。

<背中より頭が前にある>
これは猫背の状態になっているのかもしれません。身体に無理な力がかかっている状態です。首と頭をしっかりと支えるために枕が必要になっています。 これ以降は、ずっと赤ちゃんは枕が必要になってきます。赤ちゃんの時は、枕をすぐ購入ではなく、バスタオルなどで代用するのもいいでしょう。

枕の種類

さて、枕の種類はどんなものあるのでしょうか。

<エスメラルダ ドーナツ枕>
代表的なドーナツ型の枕です。このタイプには真ん丸のタイプと首の部分については段差をなくすようにした三日月のようなタイプもあります。

<イマージ リング枕>
「イマージリング枕」は頭の部分がくぼんでいる枕。これなら高さが極端になりにくくていいですね。新生児らしいかわいらしいパステルカラーのものが多く売られています。リーズナブルで、すぐに買えることが出来るようだ。

<ドーナツ枕(大)>
最初に紹介したのはドーナッツ型でしたが、この枕は、ドーナツ型ではなく、四角い形です。しかし、こちらも立派なドーナツ型の赤ちゃん用枕です。頭が大きめの子におすすめです。

<ジェルトロン ベビーまくら>
ジェルトロンという赤ちゃんにちょうどいい固さを追求した枕です。

<青葉 向きぐせ防止クッション>
三角錐の形が特徴的なもの。向き癖を防止するのにひってきな物です。

枕の効果

それぞれの枕によって、どんな効果があるのか種類別にご紹介します。

<エスメラルダ ドーナツ枕>
文字通り真ん中に穴が開いていてドーナツのような形をしており、支えを頭の1番外側で支えるため接地面を平らにすることがありません。ただ、高さに注意が必要です。ドーナツ型の可愛らしい形でベビーの頭の絶壁防止に役立ちます。

<イマージ リング枕>
月齢が低い生後2ヶ月~3ヶ月ぐらい赤ちゃんはまだまだ頭が柔らかい状態なので、やさしく支えてあげるようなリング状の枕をおすすめします。睡眠が浅い時に頭を左右にぶんぶん振りますが、大きめでこの枕から頭がはずれることはないです。向きグセによって枕の使い方も変えれられるようです。

<ドーナツ枕(大)>
この枕は、少し月齢が進んだ赤ちゃんからの使用になりますが、しっかりと頭の骨が固まってしまう2歳~3歳までを見越した頭の形矯正用の枕になります。月齢が1歳に近づいてしまって頭の形の矯正をあきらめかけているパパ・ママに自然な形で矯正できる枕としておすすめします。

<ジェルトロン ベビーまくら>
「ジュエルトロン ジュエルトロン ピロー ベビー」は頭部の形を優しく支えることで向き癖などをおさえます。伸縮性のすばらしさが自慢の枕で、赤ちゃんの頭を優しくサポートしてくれます。

寝返りのしやすさや洗濯のしやすさまで考えてある素材でできていて、発汗量が多く、ミルクの吐き戻しなどで頻繁に洗濯をしたいパパ・ママも赤ちゃんのために清潔に使うことができますね。

<青葉 向きぐせ防止クッション>
頭の形を矯正するには矯正する枕を買うだけでは十分ではない場合もあります。普段から赤ちゃんの向きぐせがどちらを向いているかを把握し、なるべくそちらだけを向かないようにパパ・ママが工夫することも必要になってくるかもしれません。

赤ちゃんの片方だけを向いてしまうくせを防止するのがこちらの「向きぐせ防止クッション」です。背中から頭の方に斜めに体の下に入れてやることで向き癖をやさしく直すことができます。

枕を使うときの注意点

枕を使うデメリットもしっかりと覚えておきましょう。自分で寝返りを打つことができない赤ちゃんをうつ伏せにして放置すると、窒息の恐れがあります。このとき、柔らかい枕などを使っているとさらに危険性が跳ね上がります。

また、寝返りができるようになった赤ちゃんでも、息が苦しくなって動くことができなくなる場合も考えられます。仰向けにして目を離している間に枕に顔をうずめていたというような事故は珍しくありません。こういった事態を防ぐためにも、枕を置かないことが一番安全です。同様に、ふわふわのぬいぐるみなども枕元に置かないようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんに枕はいつから必要なの?いつまで?種類や効果まとめ
・ 枕はいつからいつまで?
・ 枕の種類
・ 枕の効果
・ 枕を使うときの注意点

赤ちゃんに枕はいつから必要なの?いつまで?種類や効果まとめ、いかがでしたか。

すぐに必要ではありませんが、赤ちゃんの身体の様子によっては、購入を考えなくてはならないので、頭の中にいれておきましょう!

いいね!して最新情報GET!