赤ちゃんが鼻水を出したときに実施したい5つの対処法

Baby Runny nose

赤ちゃんが風邪を引いて鼻水を出してしまうことは、比較的良くあることですよね。でもあまりに症状がひどいと鼻づまりを起こして呼吸が苦しそうになったり、夜そのせいで眠れなかったりしてとても辛そうなんです!そこで何とかして赤ちゃんの鼻水を改善してあげたい!ということで今回は、こんなときに実施したい5つの対処法をご紹介します。

赤ちゃんが鼻水を出したときに実施したい5つの対処法

部屋の温度や湿度に気をつけて!

部屋が冷えていたり乾燥していたりすると、どうしても赤ちゃんは鼻水が出やすくなってしまいます。そこでエアコンなどで室温を調節するのですが、やはり気になるのは空気の乾燥ですよね。加湿器をフル活用するだけでなく、濡れたバスタオルを干しておいたりするなど少しでも湿度が上がるように調節していきましょう。ベストは温度が24度、湿度60%くらいです。赤ちゃんは発熱がなければ一枚多めに服を着せて、からだが冷えないように暖かくしてあげてくださいね。

専用吸引器で吸い取る

赤ちゃん用品店や薬局で、鼻水を吸い取る吸引器が売られていますのでひとつあると安心です。

スポイト状のもので吸い取るものから機械式で自動で吸い取ってくれるものでピンキリでありますが、個人的にはスポイト状の簡易的なもので十分だと思います。

家族も鼻炎持ちが多いとかなら機械式を思い切って購入してもいいかもしれませんけどね。

お母さんが直接吸うタイプのものは、万が一吸ったものがお母さんの口に入ったときに風邪がうつる危険がありますからね。

最初は赤ちゃんも嫌がりますが、寝ている間にズズッと吸ってあげましょう!

こまめに拭き取ってあげる

赤ちゃんの肌はデリケートなので、鼻水が長く付いたままだと肌荒れを起こしてしまうことがあります。

そのため、柔らかいガーゼや少し濡らした脱脂綿などで優しく拭き取ってあげてください。

コツは鼻の下をつまむように拭きあげて、トントンと水分をガーゼに吸い込ませるようにして拭くようにすることです。

ゴシゴシこするように拭くと赤くなったりブツブツができてしまうこともあります。乾燥防止に、拭いた後は保湿クリームなどを塗っておくと良いかもしれませんね。

赤ちゃんの様子をこまめに観察し、鼻水が垂れているようならすぐに拭き取るようにしましょう。

くしゃみで一気に出す!

赤ちゃんはとにかく思いっきりくしゃみをしてくれるので、その拍子に一気に鼻水がドッと出ることがあります。

これは見ている方としても実に気持ちが良いくらい鼻の中に溜まっていたものが出てくれるので清々しい気分になりますよ(笑)

あまりの量に多少慌ててしまうことがありますが、そのくらい良く出てくれます。

くしゃみは無理に出そうとしなくても、元から鼻腔が狭い状態なので放っておいても勝手に出ます。

赤ちゃんがくしゃみをしたら、大量の鼻水をしっかり拭き取ってあげてくださいね!

水分補給はこまめにおこなう

鼻水も立派な水分!ということで、ただでさえ赤ちゃんは脱水症状を起こしやすいので母乳を飲んでいる場合は欲しがるだけあげるようにします。

その他は白湯や麦茶などをこまめに与えるようにしてください。

水分補給をしっかりおこなうことで喉の乾燥も防ぐことができ、また鼻水を出しやすくするのでそのままウイルスを洗い流す効果もあります。

ただ、赤ちゃんはそんなに一気に多くの水分を取ることはできませんから、鼻水を拭いたタイミングで一口飲ませるなど工夫してみてくださいね。

まとめ

赤ちゃんが鼻水を出したときに実施したい5つの対処法
・ 部屋の温度や湿度に気をつけて!
・ 専用吸引器で吸い取る
・ こまめに拭き取ってあげる
・ くしゃみで一気に出す!
・ 水分補給はこまめにおこなう

赤ちゃんが鼻水を出しているときにすぐおこなって欲しい対処法を5つ、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

基本的には赤ちゃんに出す、拭く、飲む!この3つを順番におこなっていればだんだん症状も回復してくることでしょう。

ただ、鼻水の他に発熱がある、呼吸が苦しそうにしているなどする場合は早めに病院で診てもらってくださいね!

赤ちゃんの様子をみつつ、鼻水の他に症状がないかチェックしましょう。

いいね!して最新情報GET!