赤ちゃんの人見知りはいつから?知っておきたい5つの知識

babyshyness

今までニコニコ誰にも笑顔だった赤ちゃんが、ある時期から急にお母さんなどの身近な人以外には懐かなかったり、泣いてしまったりするのを人見知りと言います。

でも、なんで赤ちゃんは特定の時期だけ人見知りをするのか不思議ですよね。

そこで今回は時期や理由、対策などについて是非知っておきたい5つの知識をご説明します。

赤ちゃんの人見知りはいつから?知っておきたい5つの知識

時期はいつからいつまでなの?

赤ちゃんが人見知りをするのは一般的には生後半年を過ぎたあたりからだと言われていますが、実は個人差が非常に大きいという特徴があります。

早い子だと生後3ヶ月くらいから、遅い子だと1歳過ぎてから始まる場合もあります。もちろん全くしない子もいます。多くは1歳くらいまででおさまってきますが、始まるのが遅かった場合などは2、3歳くらいまで人見知りが続く赤ちゃんもいるみたいです。

我が家では生後半年くらいがピークで、10ヶ月くらいにはおさまってきました。赤ちゃんの人見知りは、他の子とあまり比べない方が良さそうですね。

人見知りする理由は何?

では何故、赤ちゃんは人見知りをするようになるのでしょうか。その理由は、きちんと心が成長しているからなので決して悪いことではないんですよ!

お母さんと他の人との区別が成長と共についてくるようになり、赤ちゃんの中で「他の知らない人にも近づいてみたい」というポジティブな気持ちと「でもやっぱり怖いかも…」というネガティヴな気持ちが葛藤してしまうんですね。

小さな頭の中ではすごい自問自答が繰り広げられているんでしょうね!性格的に人懐っこい赤ちゃんに人見知りが多いとされているのは、このためだったんですね。

人見知りは立派に、精神面が成長している証ですよ!

特定の人にする場合は?

誰か特定の人にだけ人見知りをする赤ちゃん、いませんか?

我が家の娘がそうだったのですが、他の全く知らない人なんかは全然平気なのに何故か義理の両親にだけ人見知りをしてしまうんです。

生後半年くらいから、1歳8ヶ月になる今でも現在進行形で頭を悩ませています。この場合、例えば対象の人物が喫煙者だったり暗い色の服を着ていたり何かしらの原因がある場合があります。確かに考えてみたら、義理の両親が喫煙者で他に誰も周りに喫煙者がいないということも関係しているのかもしれませんね。赤

ちゃんが特定の人に人見知りしてしまう場合は、場所を変えてみるとか服装の雰囲気を変えてみるなどいろいろ試行錯誤してみると良いと思います。

してしまったときの対策とは?

では、赤ちゃんが人見知りをしてしまったときの対策はどうしたら良いでしょうか。

もし他の人を前にして泣き出してしまうようなことがあったときには「この人は優しい人だから安心してね」と笑顔で語りかけるようにしてください。

お母さんも一緒になって「どうしたの?何で泣いてるの?」などとオロオロしてはいけません。このときに赤ちゃんの気持ちに応えるように優しく諭すようにしないと、人見知りがより強くなるという研究結果が出ているのだそうです。

あなたの周りに居る人たちは、みんな良い人ばかりだからね!普段から赤ちゃんにそう語りかけていきましょう♪

家族の協力が不可欠です!

赤ちゃんが人見知りを始めると、お世話や抱っこはほとんどお母さんが請け負うことになります。

そのためお母さんにかかる負担が大きくなり、ストレスも感じやすくなってしまう時期なのです。そこで家族の協力が必要不可欠!お父さんは赤ちゃんのお世話や抱っこでなかなか進まない家事を進んでおこなうようにしましょう。

特に家事の最中赤ちゃんから目を離しやすくなってしまうお皿洗いや洗濯物の取り込みなどを積極的におこなうととても喜ばれます。

家族みんなで、この人見知りという赤ちゃんの成長過程をサポートしていきましょう!

まとめ

赤ちゃんの人見知りはいつから?知っておきたい5つの知識
・ 時期はいつからいつまでなの?
・ 人見知りする理由は何?
・ 特定の人にする場合は?
・ してしまったときの対策とは?
・ 家族の協力が不可欠です!

ほとんどの赤ちゃんに見られる人見知りについて時期や原因、対処法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

だいたい生後半年から1歳くらいまでの赤ちゃんに多い人見知り、実はきちんと精神面が成長しているという証だったんですね!

時期が長いとお母さんも疲れてしまったり大変なことも多くなりますが、そこは是非家族みんなで協力し合って乗り越えていって欲しいなと思います。

いいね!して最新情報GET!