赤ちゃんにスリーパーはいつから?選び方や使い方まとめ

赤ちゃんと一緒に寝るときに毛布が良いのか、一緒の掛け布団が良いのかと悩むママも多いのではないのでしょうか。

そこで、おすすめしたいものが、スリーパー!育児雑誌などで見かけたことがある人もいると思いますが、どんなものなのか、知らない人もいますよね。

そこで、今回はスリーパーについてご紹介します。

赤ちゃんにスリーパーはいつから?選び方や使い方まとめ

スリーパーとは?

赤ちゃんが寝ている時、特に冬であれば、寝冷えしないのか、心配になりますよね。

それを回避してくれるアイテムが「スリーパー」です。

肌着やパジャマの上からすっぽりかぶせられる大きめのベストといったデザインで、簡単に脱ぎ着できる構造も特徴です。

素材はパイル地、ガーゼ地、といった汗っかきの赤ちゃんの汗を吸い取ってくれる吸水性のよいものが中心です。

ねんねのとき以外にも、お風呂上りのベスト、お出かけ時のタオルケットとして利用できます。形状は、日本では足元の開いた長いベストのようなタイプが一般的で、小さいときは寝袋のように、成長と共にベストのように、と長期間使えるのが魅力的です。

スリーパー、いつから使える?

スリーパーの使用時期は時に定められてはいませんが、赤ちゃんが生後一か月過ぎたあたりからが適切です。

新生児の赤ちゃんはとても小さいのでスリーパーで顔か埋もれてしまう場合があり、窒息死や乳児突然死症候群になりかねないという危険があります。

赤ちゃんが布団を蹴って寝冷えの心配が出てくるのは早くても生後一か月頃からなので、季節や必要に応じて、スリーパーを揃えましょう!

スリーパーの選び方

スリーパーにはさまざまな種類があり、用途や好みによって異なりますが、スリーパーを選ぶ上で素材や形状などは、とても重要なチェック項目です。

まず、素材の種類についてご紹介します。

<綿>
一年中オールシーズンで対応できるのは、綿素材のスリーパーです。

夏は涼しい薄手のタイプ、秋冬は保温性のある綿毛布タイプを選ぶといいと思います。また、綿は赤ちゃんの繊細な肌にやさしい天然素材なので、安心して使用することができますね。

オーガニックコットンを使用したものなども販売されていますので、お肌が敏感な子などには、こういった商品もおすすめです。

<マイクロファイバー>
保温性に優れ、滑らかな毛布のような肌触りのマイクロファイバーのスリーパーは、毛糸のようにチクチクしたりしないので、赤ちゃんの睡眠を妨げず快適に眠ることができます。

また、マイクロファイバーは速乾性にも優れていますので、赤ちゃんが寝汗をかいてしまっても、すぐに乾くので寝冷えの心配がありません。とても暖かいので、秋冬におすすめの素材です。

<ガーゼ>
通気性、吸湿性にすぐれたガーゼ素材のスリーパーは、よく汗をかく夏に使用するのにぴったりです。

ガーゼの特徴として、とてもやわらかく肌にやさしいことが挙げられます。赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使えますね。

<ダウン(羽毛)>
寒い冬におすすめしたいのは、軽くて保温性抜群のダウン(羽毛)タイプです。

ダウンは保温性だけではなく放温性、そして吸湿性・放湿性にも優れていますので、蒸れにくく、さらっとした使用感が特徴です。そして何より軽いので、体重の軽い赤ちゃんの負担を軽減します。

そんなすぐれもののダウンですが、洗濯のしにくさと羽毛が飛び出してきて、チクチクしてしまうのが気になるポイントです。最近は簡単に洗濯できるものも販売されていますので、チェックしてみてくださいね。

次に、袖あり・なしについてです。

袖ありタイプの利点としては、なんといっても防寒機能です。寒い冬には肩口の冷えを防いでくれる袖ありタイプがおすすめです。

一方、袖なしタイプの利点としては脱ぎ着のしやすさと通気性があります。寝汗がひどく着替えが必要になった場合でも、脱ぎ着のしやすい袖なしタイプであれば赤ちゃんを起こすことなく交換することができそうです。

スリーパーの使い方

スリーパーを使い方はとても簡単です。

赤ちゃんの頭からかぶせれば、もう完了です。

しかし、注意点があります。

スリーパーとは、赤ちゃんの身体を冷やさないために、便利なアイテムですが、スリーパーの下に着せる服はたくさん着せないようにすることが大切です。たくさん着てしまうと、寝汗をかいてしまい逆に体が冷えてしまいます。

赤ちゃんにスリーパーを着せて寝かせてみて、汗をたくさんかいたり布団を蹴ってしまうようなら、ベビー服とお布団を薄手のものに変えて様子を見てみましょう。

まとめ

赤ちゃんにスリーパーはいつから?選び方や使い方まとめ
・ スリーパーとは?
・ スリーパー、いつから使える?
・ スリーパーの選び方
・ スリーパーの使い方

赤ちゃんにスリーパーはいつから?選び方や使い方まとめ、いかがでしたか。

毛布でもいいんじゃないかな・・・と思いがちですが、毛布が多いかぶさり、窒息の危険性や毛布を蹴飛ばして寝冷えすることを考えると、お手軽なスリーパーに頼ると便利だと思います。

パパ、ママ、赤ちゃん、みんなが快適な睡眠が出来るようにしましょう。

いいね!して最新情報GET!