赤ちゃんのくしゃみの原因と止めるための2つの方法

sneeze

赤ちゃんはくしゃみをすることが多いですよね。

特に生まれてすぐにくしゃみをしていると、早速風邪をひいてしまったのかなとびっくりしてしまいます。

あるいはアレルギーが原因ではないかと、心配になるママも多いと思います。

どうして赤ちゃんは頻繁にくしゃみをしてしまうのでしょう?

また、どんなことをすればくしゃみを減らしてあげることができるのでしょうか。

今回は気になる赤ちゃんのくしゃみについてまとめました。

赤ちゃんのくしゃみの原因と止めるために押さえておきたいポイント

赤ちゃんには鼻毛がない!

くしゃみが出る主な原因は、ホコリなどの異物が鼻の粘膜につくことにあります。

体の機能が未発達の赤ちゃんは粘膜そのものがまだとても敏感ですので、少しのホコリでも異物を排除しようとくしゃみがでます。

それに加えて、そもそも赤ちゃんは鼻毛がない状態で生まれてきます。鼻毛がないので、ホコリなどが粘膜につきやすくくしゃみを頻繁にするのですね。

ホコリは掃除機をかけたりすることでも舞い上がりますが、タオルを動かしたり衣服をたたんだりすることでも発生します。

つまり、赤ちゃんを寝かしてタオルをかけてあげたり、服を着替えさせてあげるだけでもくしゃみをする可能性はあるのです。

個人差はありますが、生後数ヶ月して鼻毛が生えてくるに従って、くしゃみをする回数も減ってきますよ。

あまり心配しすぎず、この時期特有の可愛らしい姿としてみてあげても良いでしょう。

風邪の場合

小さい時期のくしゃみは心配しすぎることはありませんが、やはり風邪のひき始めでくしゃみが出ていることもあります。

もしくしゃみ以外に熱はもちろん咳や鼻水が出ていたら、風邪を疑っても良いでしょう。

鼻水が出ている時は鼻水の色もお子さんの体の状態を見るための重要な大量にもなりますので、注意してみてください。

透明な鼻水が出ている時は、鼻の粘膜についた細菌などを洗い流そうとしている場合であることが多いです。

また黄色や緑色の鼻水が出ている時は、体の中に入ってきたウィルスや細菌と戦っている証拠です。

このように黄色や緑色の鼻水が出ている時は、鼻水を溜まったままにしておくと中耳炎や蓄膿症になりやすいのでこまめに取り除いてあげることが大切です。

アレルギーの場合

くしゃみを連発していて、さらさらの鼻水を伴っている時はアレルギーの可能性もあります。

アレルギーの原因物質が鼻の粘膜を刺激すると、ヒスタミンという物質が出てくしゃみが誘発されるのです。

このアレルギーの原因となる物質には犬や猫などの動物の毛、ハウスダスト、花粉などがあげられるでしょう。

アレルギーが原因のくしゃみは、短期間でおさまる風邪とは異なり長期間に渡りくしゃみが出続けることが多いです。

もしアレルギーが疑われる場合には、病院などでアレルギー検査を受けることで原因がわかるでしょう。

アレルギー検査には血液検査やパッチテストなどがありますが、赤ちゃんに負担があるため、1歳を過ぎてからのテストを勧められる場合もあります。

部屋を清潔にしてホコリを減らす

赤ちゃんの身の回りには、衣服、布団、タオルなどホコリの出やすいものがたくさんあります。

こまめに掃除をしたり、空気清浄機などを使ってハウスダストや花粉が部屋に舞い上がるのを抑えることも効果的でしょう。

赤ちゃんがアレルギー体質でくしゃみが出ている場合にも、ハウスダストを減らしてあげることは大切です。

ハウスダストによって、一度アレルギー反応が出てしまうと、体内にハウスダストが入るたびにアレルギー反応をおこしてしまうからです。

また、アレルギーを起こしにくくするためにもある程度、赤ちゃんが生活する部屋は清潔にしてあげるのがよいでしょう。

部屋を加湿する

赤ちゃんのいる生活には40〜60%の湿度が好ましいです。

部屋が乾燥していると、ホコリやハウスダストが舞いやすくなりますので、部屋を適度に加湿することでホコリなどが誘発しているくしゃみは減らすことができるでしょう。

部屋が乾燥しているとウィルスや細菌なども繁殖しやすくなってしまいますので、風邪などの予防のためにも加湿は大切です。

ただし、加湿のしすぎは逆にカビやダニを増やしてしまうこともありますので気をつけてください。

まとめ

赤ちゃんのくしゃみの原因と止めるために押さえておきたいポイント
・ 赤ちゃんには鼻毛がない!
・ 風邪の場合
・ アレルギーの場合
・ 部屋を清潔にしてホコリを減らす
・ 部屋を加湿する

赤ちゃんのくしゃみの原因と止めるために押さえておきたいポイントを紹介しましたがいかがでしたか。

赤ちゃんのくしゃみはあまり気にしすぎることはありませんが、特に一人目のお子さんの時にはなかなか原因がわからず戸惑うことも多いかもしれませんね。

部屋を綺麗にすることは大切ですが、必要以上に清潔すぎる環境は赤ちゃんが免疫をつける機会を奪ってしまう可能性もありますので、アレルギーがなければ湿度の管理や掃除は神経質にならなくても良いしょう。

もしくしゃみ以外に熱や咳の症状があったり、あまりにも頻繁にくしゃみが出る場合などはかかりつけの小児科などで相談してくださいね。

いいね!して最新情報GET!