オムツのサイズアップのタイミングは?目安体重以外で選ぶポイント

underpants

出産してから子育てしていく中で、おむつは外せないアイテムです。

昔と比べてみると、今は布おむつよりも、紙おむつが主流となっています。

色々なメーカーさんのおむつがあり、こどもが大好きな可愛いキャラリントされていたり、デザインもとても豊富に揃っています。

性能も昔と比べるとすごく良くなってきていて、おしっこのアンモニア臭をいい香りに変えてしまうおむつまであります。最近のおむつは素晴らしいので買う時に悩んでしまいますね。

今回はおむつサイズアップをするタイミングをご紹介します。

おむつのサイズアップのタイミングは?目安体重以外で選ぶポイント

おおまかなおむつのサイズとタイプ

例えば、サイズを替えるタイミング。

おむつのパッケージには、メーカーさんがそのおむつの目安体重を表示してくれています。

・テープタイプのおむつ

新生児(2~5kg)誕生してから生後1ヶ月

Sサイズ(4~8kg)ねんね~寝返り

Mサイズ(6~11kg)寝返り~ハイハイ~

Lサイズ(9~14kg)タッチ~一人歩き~走り回る

・パンツタイプのおむつ

Sサイズ(4~8kg)ばたばたあんよ~寝返り

Mサイズ(6~10kg)ハイハイ~タッチ~

Lサイズ(9~14kg)一人歩き~

ビッグサイズ(12~22kg)走り回る

ビッグより大きい(15~28kg)走り回る

おおまかにおむつのサイズと目安体重を表しましたが、赤ちゃんの成長具合や体型はひとりひとり違いますし、おむつのパッケージに載っている目安体重の幅は割と広いので、その目安体重だけではなかなか判断するのは難しいと思います。

目安体重だけでおむつを選んでしまうと、おむつが合わないということも出てくるかもしれません。

ここからは、おむつのサイズを替えるタイミングについて、目安体重以外のことを挙げていきたいと思います。

また、パンツタイプのおむつに替えるタイミングや、おむつのまとめ買いについても挙げていきます。

ウエスト周り、太もも周り

ウエスト周りや、太もも周りが窮屈になってきたらサイズを替えるタイミングと言えるでしょう。

まず、テープタイプのおむつに関しては、ウエストのテープ部分である程度調節が出来ます。そのテープ部分が1番外のところまで近付いてきたらサイズを替えてもよい時期でしょう。

ウエスト周り、太もも周りに赤くギャザーの跡が付くようになってきたら、サイズを替えてあげましょう。

次に、パンツタイプのおむつですが、こちらはウエストよりも太もも周りが窮屈になってくることの方が多いのではないでしょうか?

こちらもテープタイプのおむつと同様、ウエスト周りや太もも周りが赤くなっていたり、ギャザーの跡がついてきたなと思ったら、サイズを替えてあげた方が良いでしょう。

また、おむつのウエスト部分が赤ちゃんのおへそより下辺りに来たら、おむつのサイズが合ってないので、サイズの替え時です。

おしっこ、うんち

成長するにつれて、段々とおしっこやうんちの量は増えていきます。

おむつからおしっこやうんちが漏れるようになってきたら、おむつの吸収率が足りなくなってきているので、サイズの替えてあげましょう。

体型

同じ月齢同士の赤ちゃんでも、体型が違うとおむつのサイズももちろん違ってきます。

例えば、同じ月齢で同じくらいの体重でも、ぽっちゃりしている赤ちゃんもいれば、身長が高めで足が細い赤ちゃんもいます。

そうなると、太もも周りやウエストのサイズは違ってきますので、もちろんおむつのサイズも違います。

その赤ちゃんの体型に合ったおむつのサイズを選んであげましょう。

テープタイプからパンツタイプへの移行

テープタイプのおむつからパンツタイプのおむつへ替える時は、おむつ替えの際に赤ちゃんがじっとしていてくれなくなったり、寝返りやハイハイが始まったら、パンツタイプに替えても良いでしょう。

ママがテープタイプだとおむつ替えがしづらい、と思ったタイミングで良いでしょう。

おむつのまとめ買い

おむつって毎日使う物なので、ついついまとめ買いしたくなりますよね。

特に新生児期におむつのまとめ買いする時は、すぐにサイズアウトしてしまうので、あまり買いすぎないように注意が必要です。

産前におむつを準備する場合は、1~2パックに留めておき、赤ちゃんが産まれてから買い足すようにした方が良いです。

産まれたときの赤ちゃんの体重のこともありますし、その赤ちゃんに合ったメーカーのおむつを試したいと思う場合は、あまり買わないようにしましょう。

まとめ

おむつのサイズアップのタイミングは?目安体重以外で選ぶポイント
・ おおまかなおむつのサイズとタイプ
・ ウエスト周り、太もも周り
・ おしっこ、うんち
・ 体型
・ テープタイプからパンツタイプへの移行
・ おむつのまとめ買い

おむつ1つとっても色々考えてしまいますね。

赤ちゃんにとって四六時中肌に触れているものになるので、それぞれの赤ちゃんに合ったおむつを選んであげて、快適に毎日を過ごせるようにしたいですね。

いいね!して最新情報GET!