赤ちゃんを逆さまつげで終わらせないためにすべき3つのこと

baby-eye

可愛い赤ちゃんの顔を見てみると、くりくりの目に吸い込まれそうになりますよね。しかし、そのくりくり目をさらに見てみると、まつげが…逆かしら…と逆さまつげを発見するかもしれません。

大人の逆さまつげだと、自分で抜いたり、病院で治療したりすると思いますが、赤ちゃんの逆さまつげはそのままでいいのでしょうか。どうしたら良いのか、赤ちゃんの逆さまつげについて、徹底解明していきます!

赤ちゃんを逆さまつげで終わらせないためにすべき3つのこと

赤ちゃんの逆さまつげの症状

まつげは空気中に漂っているゴミやホコリ、小さな異物などから目を守るために、上まつげは上に向かって、下まつげは下に向かって生えています。このまつげが逆の方向に向かって生えた状態を「逆さまつげ」と呼びます。つまり、大人と変わらない物です。

赤ちゃんの逆さまつげは生え方で2種類に分かれます。一部のまつげだけが内側に生えてしまう「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と、皮下脂肪が多いためにまつげが下向きに生えてしまう「睫毛内反(しょうもうないはん)」です。赤ちゃんは顔の筋肉が発達途中なので、顔には筋肉より脂肪が多くなっており、睫毛内反になりやすいです。特に母乳やミルクをたくさん飲むような、平均よりもぽっちゃりしている赤ちゃんには起こりやすいといわれています。

しかし、成長に伴って顔の筋肉が発達してくると脂肪も減っていくので、逆さまつげは2~3歳頃までには自然に治るのが一般的なので、あまり心配しないでください。

しかし、この逆さまつげのことで、どんな影響があるのでしょうか。

逆さまつげが原因での症状

逆さまつげになると、目やにや涙が増え、白目が充血することがあります。また、目に違和感があるのでまばたきの回数が多くなる、頻繁に目をこするといった動作が増える場合もあります。こうした症状が現れたら、一度眼科を受診してください。

放置していても問題がないかどうかを確認しましょう。放置していても自然に治るものなので目薬などの治療薬は処方されず、経過観察になる場合がほとんどです。

しかし、経過観察だけでは、赤ちゃんの辛い姿をずっと見ている状態になってしまいますよね。ただ、様子を見るのではなく、自宅で出来る対処方法について、説明していきます!

逆さまつげ対処法その1

逆さまつげは自然に治るとは言っても、赤ちゃんは目に違和感や痛みがあります。やはり、違和感があると、大人と同様に赤ちゃんも、目をこすったり、かくようにしたりしてしまうことがあります。

その際に、汚れた手でこすって、眼球をさらに傷つけてしまう恐れも…。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、赤ちゃんの爪は短く切っておいてください。爪が長いと、眼球を傷つけてしまう事にも繋がります。

逆さまつげ対処法その2

また、目やにが出ているときにも、気になってしまう場合があると思います。その際には、清潔なガーゼや柔らかいハンカチでやさしく拭い取るようにしましょう。肌と同様、目も清潔感が大切になります。

また、無理に逆さまつげを治すように拭うこともやめましょう。いくら清潔なものでも、眼球に触れたりすると、違う目の病気にもなりかねません。無理矢理は赤ちゃんにとっても良くないことです。

逆さまつげ対処法その3

大人になると、逆さまつげを自分で無理矢理抜いたりする方もいるかもしれません。

しかし、赤ちゃんの逆さまつげを毛抜きなどで抜くことは危険です。逆さまつげを抜く際に目を傷つける可能性があり、抜いた後の毛穴から雑菌が入る恐れがあるからです。赤ちゃんが痛そうだからといって自己判断で抜くことはやめましょう。

もしも、痛みがあり、泣き止まない場合などは、すぐに眼科の医師などに電話で聞くことや処置をしてもらうために、病院に行くようにしましょう。

逆さまつげが毛根からの場合は?

何度も繰り返し、逆さまつげになる場合があります。その原因は、上まつげや下まつげの毛根の向きが逆に生えているためです。そのため、頻繁に眼球に悪影響を及ぼすケースになってしまいます。

その場合は、1日程度入院をして手術をします。赤ちゃんが暴れないように全身麻酔で手術をすることになります。怖いように思いますが、赤ちゃんの目を守るためにも必要なことです。

しっかりと医師の説明を聞き、赤ちゃんの目の違和感や痛みをなくしてあげましょう!

まとめ

赤ちゃんを逆さまつげで終わらせないためにすべき3つのこと
・ 赤ちゃんの逆さまつげの症状
・ 逆さまつげが原因での症状
・ 逆さまつげ対処法その1
・ 逆さまつげ対処法その2
・ 逆さまつげ対処法その3
・ 逆さまつげが毛根からの場合は?

赤ちゃんを逆さまつげで終わらせないためにすべき3つのこと、いかがでしたか。
赤ちゃんの逆さまつげ、自然に直っていけばいいですが、万が一のことを考え、しっかりと知識として覚えておきましょう!そして、可愛い目でいろいろな景色などを見て楽しめるように、守ってあげましょう!

いいね!して最新情報GET!