母乳性黄疸とは?原因や新生児がなってしまった場合の治療法まとめ

Baby first time in Toe

母乳性黄疸という言葉を知っていますか。

雑誌で見たことあるような…という方も多いのではないでしょうか。

どんな病気なのか、赤ちゃんへの影響はどうなのか、徹底解明していきます!

核黄疸(かくおうだん)とは?原因や新生児がなってしまった場合の治療法まとめ

母乳性黄疸の症状とは?

多くの赤ちゃんは、生後数日すると肌が黄色っぽくなる「新生児黄疸」という症状がみられます。一般的に生後1~2週にかけて治まる症状ですが、母乳育児をしていると「母乳性黄疸」といって黄疸の症状が長引く場合があります。

母乳に含まれる女性ホルモンが肝臓の酵素の働きを弱めるため、赤ちゃんの体内でビリルビンの処理が遅れてしまい、黄疸の症状が続きます。

そのため、完全母乳育児だと黄疸の症状が長引きやすいといわれています。

母乳性黄疸の原因

まず、新生児黄疸が出来る原因を説明します。

胎児はママのお腹の中で効率よく酸素を取り入れるために、血液中の赤血球が多くなっています。しかし、出生後は自分で呼吸できるようになるため、たくさんあった赤血球は不要になり、分解されます。この際に、黄色い色素をもつビリルビンという成分が大量に生み出されることで肌が黄色くなってしまうのです。

生まれたばかりの赤ちゃんのほとんどに起こる生理現象なので、基本的に心配する必要はありません。しかし、この新生児黄疸は2週間ほどで無くなることですが、1ヶ月経っても治らないとなると、母乳性黄疸になっている状態に…。

赤ちゃんの処理能力が遅れてしまうことと母乳に含まれる女性ホルモンの影響が原因とされています。

母乳性黄疸の治療法

退院後も赤ちゃんの黄疸が1ヶ月以上続くようであれば、小児科へ相談してください。

というのも母乳性黄疸で症状が長引いているのであれば問題ないのですが、病的な理由で長引いている可能性も考えられるからです。母乳性黄疸かそうでないかを見分けるために、母乳とミルクの混合育児に切り替えて様子を見る場合もあります。それでも黄疸の症状が改善されないようであれば、治療が必要になります。

体内のビリルビンが過剰になると脳内に沈着し、脳の神経細胞を損傷する「核黄疸」という病気を引き起こす可能性があります。最悪の場合、脳性まひなどの障害が残ってしまいます。

核黄疸を防ぐには、黄疸が長引いている原因が何かを特定し、ビリルビンの値が正常であるかを確認しておくことです。母乳性黄疸の場合は病的な原因との区別がつきにくいので、症状が改善されないようであれば定期的に病院を受診しましょう。

治療法としては光線療法や交換輸血などがあり、ほとんどの場合が治るので過剰に心配しなくても大丈夫です!

黄疸が強いと、光線治療が多いようです。この方法は光を当てるいわば日光浴のようなもの。母乳性黄疸の赤ちゃんは光線治療が必要ありませんが、黄疸が気になる場合は日光浴が有効といわれています。たとえば、軽くお散歩、自宅でカーテン越しの日光浴など。直接日光を当てるのではなく、ワンクッション通して優しい日の光を浴びる程度の日光浴を行いましょう。

母乳性黄疸の予防法

新生児の9割以上に起こるといわれている黄疸ですが、条件によって黄疸の強弱が異なります。黄疸が強すぎれば脳に悪影響を与えるケースもあるので、抑えられるものなら抑えたいもの。

黄疸になりやすい・黄疸の程度が強い赤ちゃんはまず低体重児です。出生時2,500g以下の赤ちゃんは低体重児になりますが、適正体重児に比べると体が弱く免疫力も少ないため黄疸が出やすいです。

また、生まれてすぐから母乳育児で母乳不足などで赤ちゃんも栄養不足がちになるため、黄疸になりやすいと言われています。

まずは、妊娠中からしっかりと栄養をとり、無理をせず、早産にならずに、しっかりと赤ちゃんが育つようにすることが大切です。また、母乳育児の際にも、お母さんの食事を見直し、しっかりと栄養を与えようとすることが重要です。そのことで、母乳育児で、栄養不足になるということもなくなります。食事だけでは難しい場合は、サプリメントをおすすめします!

まとめ

核黄疸(かくおうだん)とは?原因や新生児がなってしまった場合の治療法まとめ
・ 母乳性黄疸の症状とは?
・ 母乳性黄疸の原因
・ 母乳性黄疸の治療法
・ 母乳性黄疸の予防法

母乳性黄疸とは?原因や新生児がなってしまった場合の治療法まとめ、いかがでしたか。

母乳性黄疸の前に、新生児黄疸は誰にでも起こりうるものです。過剰に心配することはないですが、時には、母乳を休め、ミルクとの混合を考えていくことも必要になるため、助産師や医師に相談することが良いでしょう。

お母さん1人でずっと悩んでいても良いことはありません。少しでも異変や疑問があれば、すぐに相談し、楽しく子育て出来るようにしましょう!また、早期発見できるため、赤ちゃんの病気を早期治療することが出来るということも忘れずに!

いいね!して最新情報GET!