乳首が痛い!痛みが取れない!母乳育児中の白斑、原因と治し方まとめ

Breastfeeding vitiligo

出産前から、マッサージをして、母乳を出すための準備をしていたママさんも多いはず。

しかし、いざ、母乳での生活を始めてくると、出てくる悩みが…。痛みだったり、白斑が出来たりと、何かの病気!?と焦ることも…。

そんな悩みを一挙解決するために、原因や治し方をご紹介します!

新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめ

白斑の状態とは?

母乳中に、どのような状態だと、白斑であるというのでしょうか。

授乳中における白斑とは、乳首の先にできる白いニキビ状のもので、乳腺の出口が詰まってしまっている状態のことを言います。

赤ちゃんに触れられたり、吸われたりすると痛みがあり、水泡のように膨れることもあります。

実は、大丈夫だろうと安易に放っておくと、乳腺炎の原因となるため、早めに取り除くことが必要になります。

白斑の原因とは?

白斑の原因は、3つあると言われています。

1つ目は、「食生活」です。授乳期間中の食生活は、母乳の質に直結します。できるだけ、脂質・糖質が少ない食事を心がけましょう。

1番食べたいと思うであろうケーキや揚げ物は、母乳が詰まりやすい食事の代表例のため、できるだけ控えたいもの。乳製品は、カルシウムを摂取できるというメリットもありますが、脂質が高いのもまた事実。摂りすぎには気をつけましょう。

2つ目は、「母乳のあげ方」。「え?あげ方ってあるの?」と驚いた方もいるとは思いますが、実は、あります!赤ちゃんがおっぱいを吸う時には、大きく口を開けてもらい、乳輪全体を含ませるのが理想的な飲ませ方。

また、乳腺は乳頭を中心に放射線状にあるため、抱き方を変えて、いろんな角度から飲ませてあげましょう。

添い乳をしたり、赤ちゃんがうまく吸えず、つぶし飲みや浅飲みになってしまったりしている場合、白斑を引き起こす可能性があります。

3つ目は、「ストレス」です。ストレスが溜まると、血行が悪くなり、母乳の状態も悪くなってしまいます。

体の冷えなど身体的ストレスよりも、どちらかというと精神的なストレスが原因になりやすいようです。慣れない育児、周りの意見との相違、パートナーが協力的でない場合など、産後の育児はストレスが溜まりがちです。

できるだけ時間をつくって、意識的に発散するようにしましょう。また、周りの人に気分転換の時間を作るために、協力してもらうことも大切です。

白斑の治療法とは?

白斑を治すための治療法を実践してみましょう!まずは、乳頭のオイル湿布です。

「スクワラン」などの良質なオイルをコットンにつけて、幹部を湿布しましょう。

また、湯船に浸かり、乳頭のマッサージすることも効果的!乳頭に詰まっている脂や白栓が出やすくなります。詰まったままだと、違う病気にもなりかねません。

さらに、お手軽なことが、おっぱいがつまらないハーブティーを飲用すること。たんぽぽ茶のブレンドのものが人気で、母乳にも良いと言われています。

もちろん、食生活の改善も。和食であっさりしたものを心掛けるようにすることが大事です。最終的には、助産師さんに母乳マッサージや搾乳をしてもらうことも治療の1つです。病院へ行くタイミングですが、乳首をマッサージすると良いと言われるものの、難しかったり、痛くて無理!と思った瞬間、病院へ行きましょう。

自分で何とかしたいとう気持ちがあると思いますが、気にし過ぎて、ストレスを感じる方が、赤ちゃんにも母乳にも悪影響があります。

早めの受診がおすすめ!婦人科でもいいですが、病院を探す余裕があり、無理なく行ける場所にあるなら、母乳外来があるところに行ってください。

痛みは誰に触られても痛いですが、自分でやるのとは全然違い、治りも早いです。何よりプロにやってもらったという安心感も大きいと思います。

白斑の予防法

まずは、治療法でも大切だった食事の改善。

詰まりやすいと言われる食材は極力避け、暴飲暴食を避けてあっさり和食を心がけましょう。人によってはわかりやすく「前日にピザを食べた」、「そういえばハンバーガー食べたかも」などトラブルの元となった食べ物がわかる場合があります。

そう言った場合は原因がはっきりするので今後その食材を控えるようにするといいでしょう。さらに、水分はたくさん摂るようにしないと、さらさらの母乳が出ないため、水分は必須です!

しかし、水分は水分でも、冷たい物ばかりでは悪影響。常温のものやノンカフェインのお茶やハーブティをお水代わりに飲んでみてください。

また、授乳する時、いつも同じ体勢にしないということも大切な予防法。いつもしっかり吸ってもらえる乳腺とあまり吸ってもらえない乳腺ができてしまいます。このしっかり吸ってもらえない乳腺が詰まりやすくなります。

それでも、赤ちゃんが嫌がる体勢もママが辛い体勢もあるため、体勢だけにこだわらず少し角度を変えるなどいい位置を探してみてください。

まとめ

新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめ
・ 白斑の状態とは?
・ 白斑の原因とは?
・ 白斑の治療法とは?
・ 白斑の予防法

乳首が痛い!痛みが取れない!母乳育児中の白斑、原因と治し方まとめについて紹介してきましたがいかがでしたか。

育児は慣れないことが多く、普通に過ごしていても、やはりストレスがあるもの。

そのストレスや悩みを増やさないためにも、しっかりと予防し、楽しく育児できるようにしましょう。

いいね!して最新情報GET!