赤ちゃんにテレビは害?与える影響と上手な付き合い方

childtv

今や一家に一台以上あるテレビですが、赤ちゃんがいる家庭では付けっ放しは悪影響になるのではないかと心配になるお母さんも多いと思います。

でも、お母さんが忙しいときに教育番組などを見させておくことで赤ちゃんの気を引くことができ、家事が出来るという利点もあるのです。

そこで今回は、赤ちゃんにテレビが与える影響と上手な付き合い方をご紹介したいと思います。

赤ちゃんにテレビは害?与える影響と上手な付き合い方

付けっ放しはNG

まず一番に言えることは、赤ちゃんがいるときはテレビを付けっ放しにすることはNGだということです。

付けっ放しにすることで・赤ちゃんの言語発達の遅れ・コミュニケーション能力の欠如などが起こる可能性があることが危惧されています。

今までは、やることがないと漠然とテレビを付けっ放しにしておくという癖が付いている人もいるかもしれませんが、赤ちゃんがいるうちは少し我慢してテレビは基本付けないように心がけましょう。

メリハリを持ってつけること

赤ちゃんに良くないとはいいつつも、テレビではあらゆる情報の取得などメリットも多いのが現状です。

そのため、○時〜○時までの1時間限定で観させるなどメリハリを持ってつけるようにすれば良いと思います。

例えば、夕飯の支度で忙しくてなおかつ教育番組で子供向け番組が流れている4時〜5時くらいまでなどを中心にすれば、赤ちゃんにとっても良いですしお母さんもテレビに助けられると思いますよ♪

近づき過ぎないように注意すること

赤ちゃんをなるべくテレビに近づけないようにすることも大切です。

とはいいつつ、これは家具の配置などにも寄ってしまうので対処のしようがないという人もいるのですが、やはり大人と同じように近くで観るということは目に負担がかかります。まだ発達途中の視力ですから、なるべくなら悪影響は与えたくないところですよね。

可能であれば、テレビから1メートル以上離れて観れるようにゲージをするなど赤ちゃんが近づき過ぎないように工夫をしてみてください。

一緒に会話しながら観よう

赤ちゃんにとってテレビは、学べる「言葉」がたくさん出ているものなのだから良いものなんじゃないの?そう考えたくなるのですが、実はそれは間違いなのです。

テレビの言葉は一方通行で、なおかつ赤ちゃんと視線が合うということが少ないからです。赤ちゃんは、話している相手の目を見ながら言葉を聞いています。そこでだんだんと「誰が何をしゃべっているのか」を学習していくのです。

そこでテレビを観させるときは一緒にお母さんも観て、赤ちゃんに積極的に話しかけながら観るようにするとコミュニケーションが取れて良いと思います。

テレビは必ずしも悪ではない!

赤ちゃんにとってテレビはどうしても発達を妨げる、どちらかというと悪の分類に見られがちなのですが、実はそうでもないのです。

教育番組というのはしっかり興味を持つような内容にできていて、構成や演出もうまくできています。そのため、多少長く見てしまったとしても罪悪感を抱くことはないのです。むしろ、テレビがあって助かったわとプラスに考えていくことで上手く使っていくことができます。

赤ちゃんが大きくなってから、あの時あんな面白いテレビがあっていつも見ていたのよ、と教えてあげるのも良いですね!

まとめ

赤ちゃんにテレビは害?与える影響と上手な付き合い方
・ 付けっ放しはNG
・ メリハリを持ってつけること
・ 近づき過ぎないように注意すること
・ 一緒に会話しながら観よう
・ テレビは必ずしも悪ではない!

赤ちゃんにテレビが与える影響や普段から心がけること、そして上手く使っていくにはどうすれば良いかということをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

きちんと時間を決めてメリハリを持って観ることでお母さんも家事がはかどるなどメリットも多いことがあります。

そして、教育番組も良くできているので安心して観せられるということで罪悪感を抱く必要は全くないということを、声を大にして伝えていきたいと思います。

ぜひ赤ちゃんと一緒に親子で楽しくテレビを利用していってくださいね。

いいね!して最新情報GET!