【育児ノイローゼ?ストレス?】5つの原因と対処法

child03

待ち望んでいてお世話をするのが楽しみだったはずなのに、どうしても育児が辛い…。とてつもない孤独感に襲われて、気がつくと涙が流れていることがある…。

そんな症状がある場合、もしかしたら育児ノイローゼかもしれません。

育児ノイローゼの主な原因はストレスによるものだと言われていますが、主な原因は何なのでしょうか?そこで今回は、考えられる原因を5つと対処法をご紹介したいと思います。

【育児ノイローゼ?ストレス?】5つの原因と対処法

女性ホルモンの変化によるもの

育児ノイローゼには、目に見えない原因があります。それは女性ホルモンの変化によるもので、今まで妊娠を継続させるために分泌されていたホルモンが出産を終えて急激に減ることによってホルモンバランスがかなり崩れてしまうのです。

そのせいで自律神経のバランスも乱れてしまい、精神的に不安定になりやすくなります。また夜間の頻回授乳などで睡眠ももちろん充分にとることができませんから、体力も低下してきてしまいます。このような状態が続くと、感情のコントロールができないなど育児がスムーズにおこなえなくなります。

これは、ホルモンの数値が安定するまではどうしても回避することが難しいのです。女性ホルモンのバランスが崩れることによる育児ノイローゼは、時間や育児の慣れなどとともにだんだん解消してきます。

赤ちゃんと2人きりの世界

毎日が息苦しい状態でも、育児ノイローゼにはなりやすくなります。赤ちゃんがまだ小さいと、いつ泣き出すかと怖くてお出かけするにも出来ない状態が続きます。

おまけにパパも仕事が忙しくて毎日遅くまで帰ってこない…。そうなると、ママは一日中赤ちゃんと2人きりの状態が続くことになります。赤ちゃんも産まれたばかりで不安で泣いてばかりですが、ママだってもちろんママになったばかりで不安でいっぱい。

不安を感じると急に心細くなって、酷い孤独感に襲われてしまいます。最初は仕方のないことだとはわかってはいるのですが、どうしても息抜き自体ができなくなって、結果育児が辛くなってきてしまうんですね。

そんなときは、各自治体でおこなっている赤ちゃん交流会などがありますので積極的に参加してみてください。同じように小さな赤ちゃんを連れたママたちばかりなので、赤ちゃんが泣いても気になりません。

育児ノイローゼの悩みを専門家に相談することもできるコーナーなどを設けている場合がありますから、チェックしてみましょう。

パパが育児に参加してくれない

多くの育児ノイローゼに陥っているママが、パパの育児に対する協力を得られていないということがわかっています。

パパは確かに自分自身が妊娠出産するわけではないので、ママよりも親になったという自覚に欠けることがあります。あるいは、仕事が忙しくてなかなか我が子と触れ合う機会がないという場合もあるでしょう。

そんなときは、休日を利用してとにかく思いっきり赤ちゃんに触れ合わせてあげてください。オムツ替えから沐浴、お風呂のお手伝いなどできることは何でもやらせるようにしました。

後は育児ノイローゼについて旦那さんにもきちんと理解してもらうことも大切ですね。理由もなく不安定になっているわけではないということをきちんと教えてあげましょう。

真面目で几帳面なママの性格によるもの

やはり育児ノイローゼは、比較的真面目で几帳面なママに多く見られる傾向にあるようです。

育児は、何といっても先が読めないというのが一番です。計画通りにいくことは、ほぼありません。そのために真面目で几帳面な性格だと、計画通りにいかないことにイライラしてしまうんですよね。

わたしも最初はこの自分のペースで動けないことに戸惑いました。でも、育児中は「〜しなければならない」なんてことは、ほとんどないんですよね。

最低限でも授乳やオムツ替えくらいで、家事や掃除なんかは後回しで大丈夫です!むしろ「こんな汚い部屋にいるんだから、丈夫に育つわ!」くらいにポジティブに考えて、赤ちゃんのペースに合わせるようにしましょう。

こうすることで思い通りにいかないことによる育児ノイローゼの症状であるイライラを改善することができます。

頼れる肉親が近くにいない

頼れる肉親が近くにいない場合1人で全部抱え込んでしまって、結果育児ノイローゼになってしまう…ということがあります。

やはり育児につまづいた時に一番に頼りにしたいのは実母などですよね。でも、お互いに住んでいる距離が離れている場合はそう簡単に頼るということは不可能になります。その場合は、現代で欠かせないものとなっているSNSをフル活用してみましょう!

Facebookで近況を知らせたり、Skypeでテレビ電話をしたりとまめに連絡をするようにしてください。じぃじやばぁばも孫の成長を見たいでしょうし、多少しつこく連絡をしたとしても迷惑ということはないと思いますよ。SNSの普及により、距離は離れていても存在は身近に感じることができるようになりました。

これは、核家族化に伴う育児ノイローゼの増加をストップさせるひとつの方法ではないかなと思います。

まとめ

【育児ノイローゼ?ストレス?】5つの原因と対処法
・ 女性ホルモンの変化によるもの
・ 赤ちゃんと2人きりの世界
・ パパが育児に参加してくれない
・ 真面目で几帳面なママの性格によるもの
・ 頼れる肉親が近くにいない

育児ノイローゼの主な原因と対処法をそれぞれ5つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

・ホルモンのバランスの乱れ・赤ちゃんと2人きりの孤独感・パパの育児参加不足・ママの真面目な性格・核家族化の寂しさ中には対策として時間を要するものもありますが、少しずつ対処できるものもあります。

焦らずにひとつひとつ対処していくことで、育児ノイローゼも確実に良くなってくると思います。周りの協力を得ながら、我が子の成長を見守っていきましょう!

いいね!して最新情報GET!