要注意!育児ノイローゼの代表的な症状と病院・薬の選び方

Childcare neurosis

育児をしている人なら誰しも、育児が辛いと思ったりこの状況から逃げ出したいと思ったことはあるのではないでしょうか?

しかし、あまりに辛いと思う状態が長く続いてしまうと、育児ノイローゼになりかねません。

育児ノイローゼになった場合には、できるだけ早く治療を開始することが望ましいですが、本人も周りも育児ノイローゼになっていると気付けないことがあります。

では、育児ノイローゼにはどのような症状があるのでしょう?また育児ノイローゼになった時にはどのように治療していけば良いのでしょうか?

少しでも心当たりがあればぜひチェックしてみましょう。

要注意!育児ノイローゼの代表的な症状と病院・薬の選び方

育児ノイローゼの主な症状

「育児が大変なのはみんな一緒よ」と周囲に言われたり、ママ自身でもそのように思って、毎日張り詰めるほど頑張ってはいませんか?

まだまだやれるはずと自分が思っている以上に頑張って、体や心が悲鳴をあげているのに気づかないこともあります。もしかしたら、育児が辛いのは育児ノイローゼになっているからかもしれません。

育児ノイローゼの主な症状をみてみましょう。

・ 突然、不安や悲しみに襲われる

・ 突然、涙が出てくることがある

・ 常にイライラする

・ 家族に八つ当たりしてしまう

・ 産後に比べて体重が激減している

・ 夜、なかなか眠れない

・ 他のママと比べて、自分を責めてしまう

・ 家事や育児をする気になれない

・ 子供を可愛いと思えない

・ 外に出て人に会う気になれない    …など

育児ノイローゼの症状は鬱の症状と重なる部分もあります。

また育児ノイローゼから重い鬱を発症してしまうケースも多いといえます。ですから産後ならよくあることだと思わずに、当てはまる症状があれば、あるいは上記のこと以外でもおかしいと思うことがあればぜひ専門家に相談してみてください。

症状が悪化して入院しなければいけないこともありますし、虐待に発展する場合もあります。最悪の事態になる前に、早いうちに対処する必要があります。

また、もしお子さんを家族や保育施設などに定期的に預けることで症状が緩和するようであれば、気兼ねすることなく周囲の助けを借りてくださいね。

まずは専門家に相談!

育児ノイローゼになった場合は精神科や心療内科を受診するのが基本ですが、どこを受診したら良いのかわからない場合やいきなり心療内科に行くことに抵抗がある場合は、保健センターなど行政の育児相談窓口やかかりつけ医で相談するのも良いでしょう。

話をすることで解決の糸口を見つけることができるかもしれません。場合によっては受診可能な心療内科を紹介してもらうことができるかもしれません。

ただし育児ノイローゼになっている本人は、新たな行動を起こせない状態にあることも多いです。

あるいは本人が育児ノイローゼになっていると気づかないケースもありますので、家族などが病院に付き添ってあげることも時には必要でしょう。

心療内科を受診するとカウンセリングから始まることが多いようです。時にはカウンセリングをするだけで、症状が緩和されることもありますよ。

薬は病院から処方されたものを!

心療内科ではカウンセリングと同時に投薬治療をする場合も多いです。

症状の回復にはまず睡眠をしっかりと摂ることも重要ですので、睡眠導入剤や抗不安剤などの薬を処方されることもあります。

これらの薬は、お医者さんとよく相談しながら決められた容量を守って服用することが大切です。睡眠導入剤は医療期間を受診しなくても手に入れることができますが、自己判断は危険ですので、処方されたものを服用するようにしましょうね。

また授乳中や妊娠中であれば、赤ちゃんに影響が出るため使えないお薬もありますので、漢方などに変えてもらう必要があります。

薬を飲み続けても症状が改善されなかったり悪化するようであれば量や内容を見直すことも必要です。

治療方針に不安がある時には病院を変えたほうがいい場合もあるでしょう。育児ノイローゼは、完全に回復するまでには長期間かかることが多い病気です。

焦らずじっくりと治していきましょう。

まとめ

要注意!育児ノイローゼの代表的な症状と病院・薬の選び方
・ 育児ノイローゼの主な症状
・ まずは専門家に相談!
・ 薬は病院から処方されたものを!

要注意!育児ノイローゼの代表的な症状と病院・薬の選び方について紹介しましたがいかがでしたか。

育児ノイローゼは子供を育てていれば誰もがなる可能性のある心の病です。

一人目の時だけではなく、育児に慣れていると思われがちな二人目、三人目の時にもなる可能性があるので出産後は要注意です。

もし家族や自分が育児ノイローゼの疑いがあると気付いた時には、できる限り早く、専門家に相談しましょう。

また症状が悪化しないためにも、家族を頼ったり行政サービスなどをうまく利用して無理なく育児ができるとよいですね。

いいね!して最新情報GET!