子どもに絵本を読み聞かせる本当の意味と効果を高める4つのコツ

kodomoehon

子どもに絵本を読み聞かせした方が良いという話を聞いたことがあると思います。

しかし、なぜ、読み聞かせをしたほうがいいのか。さらに、それは何かに影響があるのか。など疑問点がたくさんあると思います。

今回は、この絵本の読み聞かせの意味とコツをしっかりと徹底解明していきたいと思います。

もしかすると、子どもために、時間を割いてでも、読み聞かせをしたくなるかもしれません!

子供に絵本の読み聞かせる本当の意味と効果を高める4つのコツ

読み聞かせの意味とは?

絵本の読み聞かせの本当の意味は、子どもが本を好きになる原点になり、良い影響を与えるということ。

本を好きになると、自分で学習をする能力が自然と身につくことに繋がり、良いこととされています。その理由は、本を自分から読む、好きな子は本から色々なことを学ぶからです。

語彙や語句の使い方など、日本語の書き言葉の文法的だけでなく、自分の気持ちや考え、それを表現する方法や、新しい事実や情報(社会的なこと、科学的なことなど)を、自然に学ぶことが出来ます。

また、わからないことがあれば、自分で参考書を読んだり、調べたりして、疑問を解決するようになります。そのため、本を好きになる原点の絵本の読み聞かせは良いことになります。

特に、小さい頃は子どもはなんと言っても、お母さんが一番好きなので、愛情を持って一緒に本を楽しむことが、子どもを本好きにします。

一番忘れたくないのが、親も楽しむということ。強制したり怒ったりせずに、楽しめる雰囲気作りが、何歳になっても一番重要です。

読み聞かせのコツ①

読み聞かせの1番最初のコツは、絵本を選ぶところから始まっています。

まずは、絵本の背表紙などを見て、対象年齢と合っている物を選びましょう。1歳くらいまでは、絵が大きく、文字の少ない物を好む傾向があります。

また、すぐに絵本を購入するのではなく、図書館などに行って、一緒に読んでみて、子どもが気に入った物を購入する方が良いでしょう。

読み聞かせのコツ②

子どもが1歳半くらいを過ぎた頃から、どんな事でも繰り返しが好きになります。

そのため、絵本の読み聞かせでも、繰り返しの多い本が好きで、また同じ本を10回も20回も「読んで」や「もう一回」と持ってくることが多くなるでしょう。

正直、親のほうが飽きてしまい、ぐったりしてしまいますが、グッとこらえて笑顔で何回でも読んであげてください。

ママが3回でイヤになったら、パパに代わり、またママが引き取るなど、周りの人にも協力してもらって、本人の気の済むまで、何回でも読んであげることが重要です。

この時期にいっぱい本との時間を親子で共有することが、自分で本を読む時期を早め、自立に繋がるようです。

またおじいちゃん・おばあちゃんなどにも協力してもらうと、顔を見ると「読んで~」と膝に座ってきたりして、懐いてくるので、おじいちゃん・おばあちゃん孝行にもなり、子どもをかわいがってくれるようにもなり、一石二鳥かもしれませんね。

読み聞かせのコツ③

1人で絵本を持ってきて、お母さんの真似をして、読もうと努力する時があります。

そのタイミングを逃さないでください!そのタイミングで、「絵本読んであげようか?」と声をかけるのではなく、ゆっくりでも読んでいる我が子の様子を見守ることが大切です。

最初は、1文字だけかもしれません。それでも、1文字読めたことを大いに褒めてあげてください。そこで、自信を持ち、時間はかかるかもしれませんが、50音を覚えることに繋がります。

もしも、子どもが読もうとしているのを断念した時には、そこまで読めたことを褒め、後半は、いつも通り、お母さんやお父さんが読んであげてください。

そこで、無理強いして読ませようとすると、せっかく絵本好きになりかけていたのに、すぐに嫌いになり、全く絵本を読もうとしなくなります。

ゆっくりのペースで、親子で絵本を読もうとする時間を大切にしてください。

また、子どもの知らない言葉が出て来たら、話を中断して説明するよりも、その言葉が意味する絵を指でさし、ゆっくりと読んであげることで、子どもの絵本への感情移入を中断することなく絵本を読み続けてあげることができます。

読み聞かせのコツ④

登場人物ごとに声色をかえたり、抑揚をつけたり、声に強弱をつけるなど工夫をして読みましょう。

話のイメージがわきやすくなり、絵と言葉が結びつきやすくなります。また、読んでいるうちに早口になってしまう場合が多いので、なるべくはっきりとした発音でゆっくりと、またメリハリをつけて読むことを心がけましょう。

さらに、言葉(文字)のないページなどは、間(ま)をとってゆっくりと見て楽しむ時間をとりましょう。

絵が物語っていることが多いので、絵を楽しんで見ることが大切です。

まとめ

子供に絵本の読み聞かせる本当の意味と効果を高める4つのコツ
・ 読み聞かせの意味とは?
・ 読み聞かせのコツ①
・ 読み聞かせのコツ②
・ 読み聞かせのコツ③
・ 読み聞かせのコツ④

子どもに絵本を読み聞かせる本当の意味と効果を高める4つのコツを紹介しましたがいかがでしたか。

いろいろなコツを伝えましたが、まずは、子どもと共に、お母さんやお父さんも絵本を好きになり、一緒に楽しみながら、絵本を見ることが大切です。

子どもは、お父さん、お母さんが笑顔になることが好きなので、さらに、本が好きになりますよ!

いいね!して最新情報GET!