完全版!風邪を引いた赤ちゃん(新生児)への離乳食の考え方

hiccup

風邪を引いて熱を出しているときには、出来るだけ食事を摂らせて、ゆっくり睡眠が取れるように…。

ぐったりしている元気の無い赤ちゃんを目の前にして、そう思うのは当然の母心。と、思う母心とは裏腹に実際は、なかなか離乳食を食べてくれない…。

そりゃそうですよね、大人だって体調が悪い時には、食欲は無くなるもの…。でも、食べなきゃ、栄養をしっかり付けなきゃ、元気になれない。そうわかっているので、大人は無理してでも少しずつでも食事を摂ろうとします。

でも赤ちゃんは、そんなこと知る由もなく。では、そんな赤ちゃんへは、どんな対応をしてあげるべきなのか。

今回は、風邪を引いた赤ちゃんへ「離乳食」をどうしてあげたらいいの??

そんな事にお困りのママへ…。

完全版!風邪を引いた赤ちゃん(新生児)への離乳食の考え方

食べてくれない場合はどうすればいいの?

風邪を引いていて食欲の無い赤ちゃんには「無理矢理たべさせないくても大丈夫!」が答えです。

「栄養をつけてあげないと」「ビタミン摂らせてあげないと」など、ついつい心配のあまり「○○してあげないと」症候群になりがちですよね。

早く元気になって欲しいですから。でも、風邪のため食欲のない様子の赤ちゃんには、無理強いせずに一旦離乳食は休憩でOK。

ただし、注意!水分補給だけは欠かさずにしてあげてください。

母乳、ミルク、イオン飲料(赤ちゃん用)、麦茶、リンゴジュースなどがオススメです。

温度は、胃に優しいように常温であげましょう。

少し元気になってきたみたい…すぐに食べさせても大丈夫?

風邪のための熱も少し下がってきたら、さっきまでぐったりしていた赤ちゃんが急に元気になった!…ように見えるからと「じゃ、離乳食、離乳食」と。

「すぐ食べても大丈夫?」の答えは「食べさせるものによっては大丈夫」です。

「食べさせるものによって」というのは、症状などにもよって異なります。

元気になったように見えても、熱があったり、お腹を壊していたり、まだ咳が沢山出ていてのどが痛そう…。

それぞれ赤ちゃんの風邪の症状によってオススメする離乳食の内容がちがっています。赤ちゃんの様子を見ながら、そのときに合った離乳食を準備してあげてください。

こんな症状の時は、何をあげたら良いの?

ぐったりな状態から少し回復してきた赤ちゃん。しかし、風邪の症状によってどう離乳食をあげたら良いのかが違っています。

いずれにしても変わらないのは「離乳食の進み具合からワンステップ前段階のもの」を心がけてください。以下は赤ちゃんの症状別におすすめのポイントをご紹介します。

①熱がある時

少し食欲が出てきた様子が見受けられたら、まずはエネルギーになるものがオススメです。

具体的には、おかゆ、煮込みうどんなど。そのほか、動物性タンパク質。また、プリンなどは口当りが良くカロリーが高いものもオススメです。

ミルクの赤ちゃんは、いつものミルクの濃度より少し薄めであげると消化が良くなります。

②吐き気・嘔吐・下痢の時

繊維の多い食物がオススメです。具体的には、サツマイモ、豆類、キャベツ、小松菜 など。

ただし、吐き気や嘔吐などがまだ続いている場合には、まだ無理に離乳食をあげる必要はありません。

嘔吐直後にスッキリして食欲が出てきた。なんて時にでも、まだ胃は回復していないことが多いので、吐き気や嘔吐の様子をみながら、少量ずつ様子をみながら回数を増やすようにしてください。

風邪の具合が落ち着き、赤ちゃんも少し元気になってきたからといっても、離乳食においては、焦らずおおよそ3日間をめどにゆっくり戻していきます。

風邪を引いた時のオススメの離乳食メニューは?

動物性が良いと言われても…繊維が多い食材って…ただでさえ、風邪引き赤ちゃんの看病で忙しいのに栄養価を気にしながらメニューを考えるなんて…。

とお困りのママにオススメの、離乳食進行時期別に合わせた具体的なメニューのご紹介です。①ゴックン期

「バナナのミルク煮」材料は栄養価の高いバナナと牛乳のみ。

それらを合わせてトロミがつくまで煮詰めるだけです。

すぐ出来て、多くの赤ちゃんが大好きなバナナなら食欲が無いときにも食べやすそうですね。

②モグモグ期

「カボチャとシャケの煮込み」シャケは調理前に熱湯を掛けて、油と塩気を抜きます。

この一手間で、油気と塩気が飛び、食べやすくなりますね。

③カミカミ期

「お野菜いろいろ煮込みうどん」いろいろカミカミ出来るようになっているこの時期の風邪ひき離乳食メニューでオススメなのはお野菜を沢山入れたう煮込みうどん。

動物性が必要な場合には、マグロをほぐして。繊維質が必要な場合には、納豆を入れても栄養価がグンと上がりますね。

④パクパク期

「お野菜いろいろヨーグルト和えサラダ」普段、ヨーグルトを好んで食べている赤ちゃんには特にオススメメニューです。

ブロッコリーや人参などでビタミンを。ゆで卵でタンパク質を。など、子供の好みに合わせてヨーグルトで合える簡単メニューです。

風邪の症状が落ち着いて、少し元気が出てきた赤ちゃんへの離乳食は、栄養価のことも考えつつも、普段から好む食材を選んであげるのも食欲が増すポイントになりますね。

まとめ

完全版!風邪を引いた赤ちゃん(新生児)への離乳食の考え方
・ 食べてくれない場合はどうすればいいの?
・ 少し元気になってきたみたい…すぐに食べさせても大丈夫?
・ こんな症状の時は、何をあげたら良いの?
・ 風邪を引いた時のオススメの離乳食メニューは?

風邪を引いた赤ちゃん(新生児)への離乳食の考え方を紹介しましたがいかがでしたか。

赤ちゃんが風邪で熱を出してしまった時。一番大切なのはママの「焦らずゆっくり」かもしれません。

赤ちゃんの様子を見ながら、適切な時に受診をする。お医者様の指示の元、お薬の投与。適正なタイミングでの離乳食の進め方、離乳食の内容。そして、大切な睡眠。赤ちゃんの様子を観察しながら、焦らず適切な対応をしてあげてください。

赤ちゃんの回復に全力を尽くすことも大切ですが、無理し過ぎず可能であればご家族のお手伝いも頼りながら、くれぐれもママの休息も忘れずに…。

いいね!して最新情報GET!