里帰り出産の期間はどれくらい?里帰り前までに覚えておきたい5つの事

Coral homecoming

里帰り出産を考えた妊婦さんも多いはず。

しかし、里帰り出産って良いことは何か、里帰り出産に入る前にやっておかなくてはならないことは何かなど、疑問点は多いもの。

里帰り出産がどんなものなのかを理解し、里帰りしても、安心して出産が出来るようにしましょう。

また、産後に里帰りしたいという方にもどのような注意事項があるのかチェックしておきましょう!

里帰り出産の期間はどれくらい?里帰り前までに覚えておきたい5つの事

①里帰り出産のメリット・デメリット

まずは、里帰り出産のメリットとは、お婆ちゃんつまり、自分のお母さんの存在があること。

お母さんがいることで、出産も親子で似ているためか、出産に対しての不安軽減に繋がることも。

また、実家であることから、リラックスしたり、安心したりするため、妊婦さんの精神的な安定が確保されます。

出産後も、お母さんに預けつつ、ママは休むことが出来るといった寝不足解消もスムーズに出来るということも。2人目の出産であれば、1人目の様子を見てもらうことも良いかもしれませんね。

しかし、メリットがあるということは、デメリットもあるということ。デメリットとは、まずパパから離れてしまうため、立会出産や生まれてすぐ、わが子を見せられないこと。

実家が遠い場合、ベビーの初抱っこが帰宅してからということもあるようです。LINEなどで対面できても、抱っこは難しいもの。こうした点から、パパの子育て参加に対する問題を指摘する人もあります。

もう1つが、里帰り出産にまつわる「お金」の問題。往復の運賃や、病院を変わることでかかる初診料などの直接費用のほか、実家にいる間の生活費を別途入れる時は費用負担が増えることになります。

出産後にお礼を出さなければならないのも、「手間だなぁ」と感じる方にとって、里帰り出産は少し面倒かもしれません。

②里帰り出産する前に準備すること

里帰り出産をするためには、準備や確認をしなくてはならないことがあります。

<里帰り出産出来るか>

妊娠が分かった時には、自宅の近く、もしくは通いやすい産婦人科に行っているでしょう。しかし、その産婦人科によって、里帰り出産を許可していない病院もあるため、まず、里帰り出産の許可をしてくれるのかを確認しましょう。

<分娩予約をする>

母子手帳をもらってからの話になりますが、里帰り出産をしたい場合、分娩予約が必要になります。里帰り出産をしたい病院に電話をかけ、分娩できるかどうかの確認が必要です。その際に、いつ頃から、転院したほうが良いのかも確認すると良いでしょう。さらに、里帰りする前の産婦人科の医師には、里帰りをしたい希望を伝え、紹介状のお願いをしましょう。

<妊婦健診費用助成や出産育児一時金に関する手続きと確認>

1番重要なお金の問題。妊婦健診の一部を自治体が負担する「妊婦健診費用助成」というものがあり、母子手帳を受け取る時に、「チケット」をもらうような仕組みになっています。しかし、県(府・道)外の病院で受診する場合には、このチケットは使えず、1度自己負担した後で払い戻しするというのが一般的になります。いつまでに、どこで、払い戻しをすればよいのかの確認を事前にしておきましょう。自治体の保健センターへ問い合わせれば説明してくれるでしょう。また、出産一時金に関しても、病院や加入している健康保険によっても違ってくるため、こちらも事前にしっかり確認し、里帰り前に必要な手続きを忘れないようにしましょう。

③里帰り出産するには、いつから里帰りする?

里帰り出産の時期について、「〇ヵ月から帰省する」という決まりが特にあるわけではありません。

しかし、一般に安定期の終わりごろに、実家に帰省して、産後、新生児期を過ぎた頃に帰宅することが目安。

仕事の産休や、受け入れ医療機関での妊婦健診などのとの兼ね合いもあるため、出産ギリギリでの帰省は逆に負担になってしまいます。

妊娠8~9ヶ月までに里帰りしておく必要があります。また、新生児期はママの体の調子も戻ってないことも多いため、実家でゆっくり静養しながら子育てをするのがよいでしょう。

④里帰り出産での出産費用は?

出産する時に、だいたいの人が利用しようと思っているものが、出産育児一時金でしょう。

しかし、その出産育児一時金は、里帰り出産でも使用できるのかどうかが問題。この一時金は、健康保険の種類によって、手続きの方法が違います。国民健康保険の場合は、加入している市区町村役場で手続きが必要ですが、里帰り出産をする場合は代理人に手続きをしてもらうことになります。

この手続きは郵送での手続きは不可能で、窓口でしか受け付けていません。また、健康保険の場合は、勤め先の会社や加入している共済や組合に申請をします。事前申請手続きは出産予定日の1ヵ月以内でないと申請ができないため、里帰り出産をする人には向いていない手続方法です。

分娩する病院が直接支払制度を行っているのであれば、病院の窓口での手続きが可能です。どのような制度をとっているのか、分娩予約の際に確認することが必要でしょう。どの病院で出産しようか迷っている場合は、直接支払制度の病院を選ぶことがベストでしょう。

また、手続きに必要な申請書類は何なのかなどの下調べも、必要です。この一時金を手に入れることが出来るかどうかが、今後の生活にも影響すると思うので、しっかりと把握しておきましょう。

出産費用の他に、実家にお世話になるため、お礼のお金を準備することも忘れないようにしましょう!

⑤産後、里帰りしたい人のポイント

産後に里帰りをしたい方もいると思いますが、通常であれば、2ヶ月は遠出をしないほうがいいでしょう。

しかし、どうしても帰りたい時などは、医師に相談することがおすすめ。その際に、診断結果が良いのであれば、里帰りしても良いでしょう。その際に、気を付けたいポイントがあります!

<移動時間、距離について大丈夫かの医師の確認>

医師の判断基準でもある移動時間や距離を確認しておきましょう。

<チャイルドシート設置>

自分が気をつけていても、もらい事故の可能性もあります。必ずチャイルドシートにのせてあげて下さい。

<赤ちゃんのミルク時間の調整>

授乳後30分は安静にしたほうがいいでしょう。吐く恐れがあり、吐いたときもチャイルドシート内だとすぐに抱き上げられません。しかし、運転中の旦那さんがビックリして運転操作を誤る恐れもあるため、慌てることはないように。吐いたら、ひとまず、すぐ顔だけでも横に向けてあげてください。そして、安全な場所に車を止めて対処してあげましょう。

<温度調整>

赤ちゃんは大人と違って体温調整ができないため、寒さや暑さの対処方法をしましょう。

<運転はゆっくりと>

少しの段差でも、赤ちゃんにとって、振動は結構大きいです。おそらく運転する旦那さんも、通常の倍以上は気を使って運転に疲れると思います。さらに、お母さんも赤ちゃんへの気遣いで、どうしても座る姿勢がチャイルドシートよりになり、酔いやすくなると思います。途中、休憩が入れられるのなら、1時間ごとに休んだほうがいいでしょう。

まとめ

里帰り出産の期間はどれくらい?里帰り前までに覚えておきたい5つの事
・ ①里帰り出産のメリット・デメリット
・ ②里帰り出産する前に準備すること
・ ③里帰り出産するには、いつから里帰りする?
・ ④里帰り出産での出産費用は?
・ ⑤産後、里帰りしたい人のポイント

里帰り出産の期間はどれくらい?里帰り前までに覚えておきたい5つの事を紹介しましたがいかがでしたか。

里帰り出産の判断は、それぞれの妊婦さんや家庭の事情によります。

無理なく、夫婦が一番良い出産方法を考えましょう。しっかりと、夫婦で話し合うことが大切です。

いいね!して最新情報GET!