ママ必見!かゆみ、乾燥など産後の肌荒れの原因と改善策は?

Coral rough skin

出産後、赤ちゃんのことばかりを考え、自分のことは後回しになっているお母さんも多いですよね。

そんなお母さん、最近、肌荒れやかゆみがひどくありませんか。実は、出産をきっかけに、ある原因で肌荒れになっていることが…。

原因をよく知り、しっかりと、改善していきましょう!赤ちゃんのたまご肌を触るお母さんの手が、ザラザラだと悲しくなりますよ!

ママ必見!かゆみ、乾燥など産後の肌荒れの原因と改善策は?

肌荒れの原因

妊娠・出産は、女性の身体にさまざまな変化をもたらします。

中でも肌荒れは、女性として悩みも大きいもの。産後に肌荒れが起こりやすくなる原因は、様々あります。

<産褥期(さんじょくき)のホルモンバランスの変化>

妊娠すると、分泌が急増するエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンがあります。しかし、このホルモンは、出産を終えると、今度は急激に減少します。そのため、ホルモンバランスが安定しない状態は、肌にも影響を与え、肌状態も揺らぎが生じます。

<慣れない育児の疲れやストレス、プレッシャー>

特に、初めての育児では、赤ちゃんのお世話そのものに慣れていないため、緊張感や不安も大きく、そのストレスが肌荒れに繋がることもあります。さらに、寝不足のことも増えるため、肌荒れの要因に。子ども中心の生活になるため、肌のお手入れをしている暇もないことも肌荒れに直結しているでしょう。

<便秘>

産後は、母乳分泌のために体内の水分量が不足気味に。また、忙しさのため自分の食事がおろそかになりがちで、十分に食物繊維が取れていないことも。出産の時の傷や痔をかばって上手くいきめなくなってしまうなど、産後は、肌荒れの大敵である便秘に悩まされるケースは多いです。

肌荒れの症状とは?

まずは、ホルモンバランスの変化によって、メラニンができやすくなり、シミ・そばかすが増える傾向にあります。

他にも、カサつき、ニキビ、湿疹、かゆみ、乾燥肌など、症状や程度には個人差があります。妊娠前から肌トラブルがあった方は、産後に症状がひどくなりやすいといわれています。

また、妊娠中・産後に突然肌質が変わり、それまで使っていたスキンケア用品・化粧品がお肌に合わなくなることもあります。

また、メラニンの増加により、乳首が茶色っぽくなりますが、これは、視力の弱い赤ちゃんが乳首の位置を見つけやすくするためのものだといわれています。また、授乳で酷使する乳首の皮膚を強くする役割があるともされています。

その他、もともとメラニンが多い外陰部・ワキ・正中線(おへそから下に伸びる黒い線)も濃くなります。いずれも、基本的には、時間が経てば元に戻るので、あまり心配する必要はありませんよ。

最後に、多くのママを悩ませる「妊娠線」も、お肌トラブルの1つ!妊娠で急激にお腹・お尻・太ももが大きくなり、皮下組織に裂け目ができてしまう現象のこと。

産後、お腹の膨らみがなくなって初めて、妊娠線に気づく方も多いようです。妊娠線ができてすぐは、血管の色が透けて赤紫・ピンク色に見えますが、しばらくすると次第に目立たない色になっていきます。

しかし、妊娠線によってできたお肌の凹凸を消すことはできません。

肌荒れ・かゆみの改善策

まずは、今までのスキンケア商品での改善は難しいでしょう。

そのため、敏感肌用などの製品に替えて肌をいたわり、状態が落ちつくのを待ちましょう。忙しくて、スキンケアにまで、手が回らない場合でも、保湿ケアだけはしっかりと行いましょう!

また、オールインワンタイプのスキンケア化粧品で補うこともポイント。次に、育児疲れやストレス、プレッシャー、寝不足に悩む人は、育児や家事について、一人で抱えこまないのが大切です。

すべてを一人でこなそうとせず、赤ちゃんが眠っている時には自分も仮眠を取ったり、家族や周囲の人の手を借りたりなど、上手にストレスを解消して、ゆったりとした気持ちでいられるようにしましょう。

便秘については、水分の取り方を見直し、意識的に多めに水分を取っていきましょう。喉が乾いたな、と感じた時には、身体の水分はすでに不足状態なので、要注意!また、野菜やフルーツなど、食物繊維を多く含む食事をしっかり摂るよう心掛けるのも大切です。

難しければ、食物繊維を補える健康食品・サプリメントなどを利用するのも良いでしょう。

肌荒れの予防策

改善策にもあったように、まずは、水分補給が何よりの予防策!

1リットルペットボトルや水筒は常にそばにおいておいたり、外出時も携帯しておいたりすると便利です。さらに、摂取したほうがいいものがビタミンA!ビタミンAは、肌のターンオーバーをスムーズにする働きがあり、皮膚が再生されやすくなります。

肌のターンオーバーがよくなるため、肌荒れが起こりにくくなります。毛穴による肌荒れが気になる場合は、ビタミンB1とB2とると、皮脂分泌が正常に戻ります。

ビタミンAは、鳥レバー、うなぎが良く知られており、ビタミンB1は豚肉、ピーナッツ、B2は納豆、まいたけ等があります。

まとめ

ママ必見!かゆみ、乾燥など産後の肌荒れの原因と改善策は?
・ 肌荒れの原因
・ 肌荒れの症状とは?
・ 肌荒れ・かゆみの改善策
・ 肌荒れの予防策

ママ必見!かゆみ、乾燥など産後の肌荒れの原因と改善策は?を紹介しましたがいかがでしたか。

肌荒れの原因や対策が理解できたとは思いますが、なかなか、現実は、赤ちゃん中心になるもの…。

しかし、少しの基礎化粧品をつける間だけでも見ていてほしいことを旦那さんに伝えてみましょう。肌荒れ・かゆみなどの辛さは、自分自身で伝えないと、旦那さんはわからないもの。しっかりと伝えて、育児が楽しく取り組め、自分にもストレスがかからないようにしましょう!

育児は、ママ1人だけではなく、パパとママの2人ですることを話し合いましょう!

いいね!して最新情報GET!