生後11ヶ月頃から始まる夜泣きの原因と対策

Crying at night

生後11ヶ月のウチの子、最近、夜泣きが激しくなってきた気がする…。

そんな心配事をしているママ自身も、我が子の夜泣きのケアでかなりの寝不足気味ですよね。

育児に、寝不足は一番の大敵。

寝不足が続くと、ついイライラしてしまいがちになってしまいますよね。

そして、生後11ヶ月といえば、コミュニケーションも少しずつ取れるようになり、一方では、自己主張も強くなってきます。

後追いも激しくなる子も出てくるなど、夜泣きと重なって日中の疲れも重なってしまっているママも多いのでは?

そんな疲れを取るために、まずは最近激しくなりだした夜泣きのコトについて知ってみませんか?

夜泣きの原因と対策がわかれば少し気持ちも楽になるかもしれません…。

生後11ヶ月頃から始まる夜泣きの原因と対策

この時期に始まる夜泣きには理由があました

産まれたばかりの頃から、個人差はあれど、全く夜泣きをしないという赤ちゃんは少ないですよね。

赤ちゃんを産んでからまともに何時間も続けて眠れていない、というママもいるのでは?

だから、夜泣きには慣れているはずなのに…。

生後11ヶ月ぐらいになった頃、更に何故か激しくなる夜泣き。

実はこれには大きく2つの理由があるといわれています。

①日中のストレス

つかまり立ちや、ハイハイのスピードアップ。身体的な発達がめまぐるしい生後11ヶ月頃の赤ちゃんのため、ママは沢山外出させてあげて、刺激を与えてあげよう。

親心としては当然の発想です。しかし、これがときに赤ちゃんにとってはストレスになるコトも…。

好奇心旺盛のこの時期、何もかもが新鮮で興味津々になってしまう一方、記憶力などもついていることから、知らないこと、知らない場所、知らない人との出会いがストレスになっていることもあります。

②睡眠サイクルの乱れ

ついつい外出が増えてしまったり、普段後追いが激しきなってきた分、お昼寝中に家事を済ませてしまいたいから夕方から何時間もお昼寝をさせてしまう。

など様々な理由から、起床時間、お昼寝、就寝時間が乱れがちなこの時期。睡眠サイクルの乱れは、結果的に夜の睡眠時間も乱してしまい、眠りが浅く、些細な事で目覚めがちになってしまいます。

添い乳という無敵アイテムが効かなくなる…

今まで、夜泣きをしだすと当然のように「はい、どうぞ」と添い乳を対策手段にしていたママも沢山いるのでは?授乳をすることで、赤ちゃんは安心し、スヤスヤ…だったはずなのに、生後11ヶ月頃の夜泣きになると、まさかの添い乳に効果が見られなくなる…。

という事態が起きてしまいます。

理由としては、母乳の質が今までよりも落ちてきてしまっていること。また、赤ちゃんを満足させてあげれるほど、量も出ていないことも多いようです。

生後11ヶ月ともなると、ほとんどの赤ちゃんは離乳食が3回食になっている時期ですね。

栄養のほとんどは、食事から摂取出来ていますので、この時期ぐらになると必ずしも授乳が必要という訳ではありません。

これを機会に思い切って卒乳をするという選択肢もあります。

卒乳をすると、夜泣きも軽減ざれるということもあるようなので一度卒乳を考えてみるのも対策の一つかもしれません。

ただ、卒乳は赤ちゃんにもママにもかなりのストレスが掛かる作業。場合によっては、それがストレスになり、夜泣きの更なる原因になることもあるので赤ちゃんのペースも充分に見ながら卒乳に踏み出してください。

時には夜泣きが赤ちゃんからの助けてサインなときも…

前述した生後11ヶ月頃に起こる赤ちゃんの夜泣きの原因などは、一例です。

時に、夜泣きが止まらない場合には、体調不良などが原因の夜泣きもあります。意思表示を少し出来るようになっているとはいえ、まだ生後11ヶ月の赤ちゃん。

体調不良を上手く表現出来ず、夜中泣き続ける場合もありますのでいつもより強く泣いてしまったり、泣き止まなかったりなどの場合には、体調不良で夜泣きをしてしまっている可能性もあるので、体温の変化などにも夜泣き中に配慮してあげましょう。

夜泣きに対する具体的な対策

①生活リズムの見直し

最初にするのは「起きる時間」「寝る時間」を統一することです。

生後11ヶ月頃の赤ちゃんの起床時間の目安は、7時前後です。

就寝時間の目安はその起床時間のおよそ12時間後。19時~20時頃が理想的です。

この2つを統一すると比較的日中の時間も調整しやすくなり、昼寝の時間も一定同じ時間帯で寝る事が出来やすくなります。

②身体を冷やさないようにする

日中の外出などで、身体が冷えてしまった場合には、寝付きが悪くなり夜泣きもしやすくなるといわれています。

寝る時は、手足を冷やさないように、足首まであるズボンをはかせると良いでしょう。

ただし、足を冷やさないようにと、靴下まではかせてしまうと、足裏から熱が発散されなくなりますので、靴下は避けましょう。

③散歩などで昼間日光浴をさせてあげる

これは、生後11ヶ月の赤ちゃんだけではなく大人にも効果的といわれていますが、朝起きたらまず太陽の光を浴びさせてあげます。

こうすることで、身体が「朝」を認識し、体内時計が起床を検知します。昼間は、電気の光ではなく、太陽の光を適度に浴びること、これで体内時計の「昼」の検知です。

このように、体内時計の調整には、適度に光を浴びる事(日光浴)が大切です。

日光浴の工夫で、朝昼夜の認識をし、夜になったら寝るというサイクルが完成され、夜の夜泣きが軽減されるといわれています。

まとめ

生後11ヶ月頃から始まる夜泣きの原因と対策
・ この時期に始まる夜泣きには理由があました
・ 添い乳という無敵アイテムが効かなくなる…
・ 時には夜泣きが赤ちゃんからの助けてサインなときも…
・ 夜泣きに対する具体的な対策

生後11ヶ月頃から始まる夜泣きの原因と対策についてご紹介しましたが、結論として「夜泣きに特効薬なし」といえます。

生活リズムの見直しや、適度な日光浴など効果的ともいわれている作業ですがすぐに効果が出る子もいれば、そうじゃない子もいます。

ただし、生後11ヶ月に急に夜泣きが激しくなってきたとはいえ夜泣きはずっと続くものでもありません。

小さな事の積み重ねとなる夜泣きの対策は、心持ちを気長にしゆっくり調整していきましょう。

そして、何よりも赤ちゃんがリラックス出来る場所は、ママの腕の中。

大人がフカフカのお布団が心地良く眠りやすい環境であるのと同じように赤ちゃんにとって、ママの腕の中は、ママの匂いと適度な心地良い揺れで最高のリラックスの場。

夜泣きでどうしても泣き止まない場合には、真っ暗なお部屋ではなく、一度お部屋の電気を付けて、泣いている赤ちゃんに声をかけながら安心させてあげて赤ちゃんだけではなく、ママもリセット出来るような環境を作りましょう。

ママがリラックス出来れば、きっと赤ちゃんにもそれが伝わり夜泣きも軽減されるでしょう。

ママの腕の中と、ママと一緒のリラックスが夜泣きする赤ちゃんの一番のお薬ですね。

いいね!して最新情報GET!