妊婦ママ必見!便秘解消法!妊娠初期はなりやすい?原因と対策まとめ

Early pregnancy constipation

妊娠をすると、様々な体調の変化に戸惑うプレママも多いのではないでしょうか。

便秘もその変化によって起こるものの一つです。また便秘の症状は妊娠初期から妊娠後期まで続くこともあります。

便秘になるとお腹が張って痛かったり、気分もなんだかすっきりしませんよね。

なるべくなら排便したいのですが、無理にお腹に力を入れるのもなんとなく怖いこともあると思います。

また、便秘があることが恥ずかしかったりして、なかなか産婦人科の医師に相談できない方もいるのではないでしょうか。

妊娠の時期によって便秘の原因が変わってくることもありますが、今回は妊娠初期の便秘について原因と対策をまとめました。

妊婦ママ必見!便秘解消法!妊娠初期はなりやすい?原因と対策まとめ

ホルモンバランスの変化

妊娠をしてから便秘になる大きな要因は、ホルモンバランスの変化にあります。

妊娠すると「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増加しますが、これは妊娠している状態を維持して赤ちゃんを大きくするための第一段階と言っていいでしょう。

赤ちゃんを大きくするためにはたくさんの栄養が必要ですから、胃や腸の動きを抑えて、食べ物を長い時間胃や腸にとどめておこうとしますので、これによって便秘が引き起こされます。

そのほか黄体ホルモンの増加は体に様々な変化をもたらし、その結果便秘になりやすい状態になってしますのです。

食生活を改善しよう

妊娠中はつわりなどで、食べ物も偏りがちになってしまいます。

ですので、辛くない範囲で食生活を見直すことも重要でしょう。まずは食物繊維の摂取が便秘解消には有効です。

食物繊維には果物や海藻などに含まれる水溶性食物繊維と芋や野菜類などに含まれる不溶性食物繊維にわけられます。便秘解消には、この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良くとる必要性があります。

どちらか一方のみを食べても効果は期待できませんので注意しましょう。乳酸菌をとることも大切です。

乳酸菌はヨーグルトや味噌などの発酵食品に多く含まれていて、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌が増えると腸内環境が改善されますので便秘の改善に期待できます。

こまめな水分補給を心がけよう

赤ちゃんが育っていく子宮の中には羊水がありますが、この羊水を作るためにママの体にある水分を使います。

そうすると、今まで通りに水分を採っているつもりでも、ママの体内の水分が減ってしまいます。結果、便が硬くなって便秘になってしまうのです。

ですから、妊娠中は特に意識して水分をとるように心がけましょう。一般的に妊娠中は1日に2ℓの水分が必要だと言われています。

つわりで飲み物を飲むのもつらい場合もあると思いますが、できればノンカフェインのものや、糖分があまり含まれていないものの方が望ましいでしょう。

糖分の入っていない炭酸水なども飲みやすいかもしれませんね。

自律神経を整えよう

自律神経とは、呼吸や代謝、循環など体の様々な機能を自分の意思とは関係なくコントロールしている神経系のことです。

自律神経は副交感神経と交感神経の二つに大きく分けられ、この二つがバランスよく機能していると、身体機能や精神面を良い状態にキープできます。

しかし、妊娠によるホルモンバランスの変化は自律神経のバランスの乱れにも影響します。疲れもたまりやすくなりますし、気持ち的にも不安定になりやすくなるでしょう。

さらにつわりがあると、気持ちも塞ぎ込んでしまったり、思うように体が動かないことへの不安やイライラが余計に募ってしまいますよね。

自律神経は腸と密接に影響し合っていて、副交感神経の働きが低下すると腸の働きも低下し、便秘を引き起こしてしまうのです。

自律神経のバランスを良くするためには、まずはリラックスすることが大切です。妊娠初期の体調の変化は誰にでもあることですので、あまり思い悩まずに好きな音楽を聴いたり好きな香りでリラックスできる環境作りを心がけましょう。

また生活のリズムを整えることも大切です。早寝早起きを心がけ、1日3回決まった時間に食事をとるようにすれば、次第に自律神経の乱れも整ってくるでしょう。

軽い運動をしよう

妊娠初期は特につわりが重かったり体のだるさがあって、動くのも億劫になってしまいがちですよね。

しかし、ずっとそのような状態が続くと運動不足になって腹筋の筋力が低下してしまい、大腸も刺激されなくなります。

これにより排便がされにくい状態になってしまうのです。

激しい運動をする必要はありませんので、軽いウォーキングをしたり、ヨガやストレッチなどをして適度に体を動かしてあげましょう。

そうすることで再び腸が刺激されて便秘の解消が期待できます。

また、有酸素運動をすることでリフレッシュしたり自律神経のバランスを整えることができますので、無理のない運動をぜひ取り入れてみてください。

まとめ

妊婦ママ必見!便秘解消法!妊娠初期はなりやすい?原因と対策まとめ
・ ホルモンバランスの変化
・ 食生活を改善しよう
・ こまめな水分補給を心がけよう
・ 自律神経を整えよう
・ 軽い運動をしよう

妊婦ママ必見!便秘解消法!妊娠初期はなりやすい?原因と対策まとめを紹介しましたがいかがでしたか。

食生活や運動などで便秘がなかなか改善されない場合には担当の産婦人科医に相談してみることも大切ですよ。

便秘については相談しづらいと感じることもあるかもしれませんが、ぜひ妊娠中でも飲める便秘薬や漢方を処方してもらいましょう。

市販の便秘薬は胎児に影響があるものもありますので、自己判断での服用は避けるようにしましょう。

便秘を改善して楽しいマタニティライフが送れると良いですね。

いいね!して最新情報GET!