お食い初めっていつから?やり方やメニューは?食べ方の順番はある?

お食い初めと言葉で聞いたことはあっても、いつ行う行事なのか、やり方やメニューはどうしたら良いのかなど、はてなマークでいっぱいのプレママも多いのではないでしょうか。

今回は、お食い初めについて、たっぷりご紹介します。

お食い初めっていつから?やり方やメニューは?食べ方の順番はある?

お食い初めとは?

「お食い初め(おくいぞめ)」とは、子供が一生食べ物に困らない事を願い、また歯が生えるほど成長したことを喜ぶ意味もこめて、赤ちゃんに初めて食べ物を食べるマネをさせる儀式の事。

生後100日目頃を目処に行い、「歯固め」「箸ぞろえ」「箸始め」と呼ぶ場合もあります。

お食い初めのメニュー

お食い初め膳の献立は一汁三菜で、赤飯、焼き魚(鯛)、煮物、汁物、香の物を用意します。

これには赤ちゃんが生きてゆくうえで必要な食材として、穀物、海のもの、山のもの、飲み物、塩を与えるという意味が込められています。それぞれの意味をご紹介します。

<鯛>
鯛は赤い色がめでたいとして、お祝いごとでは欠かせない魚です。福をもたらす七福神の恵比寿様が釣っている魚もこの鯛で、日本では古くからお祝いの席で食されています。

<赤飯>
赤飯には邪気を祓ったり、魔除けの意味が込められています。

<お吸い物>
お吸い物には、「吸う」ちからが強くなるようにという意味が込められています。

<煮物>
煮物には、紅白の色のためにんじんと大根、「亀の甲羅」の形の六角形に切ったかぼちゃやしいたけ、その他に旬の食材なども利用します。

<香の物>
季節の野菜を漬けた香の物や酢の物など。

<歯固めの石>
「歯固めの石」は、赤ちゃんに丈夫な歯が生まれることを願うためのものです。福石は、お宮参りの際に産土神社でもらうのが一番よいですが、近所の川原などにあるものでもかまいません。

お食い初めの食器とは?

お食い初め膳では、一生に一度の儀式にふさわしいお祝い用の食器をつかうのが一般的です。

男の子と女の子で器の色がちがう点だけ気をつけましょう。

本格的なお膳を用意して、赤ちゃんのお食い初めを演出しましょう。お食い初めではお椀は漆器や素焼きのものを使い、お箸は柳の白木を使います。

お膳は、お宮参りのときに神社から贈られることもあります。器の色が男の子用と女の子用で異なるので、用意するとき間違えないようにしましょう。

男の子用は朱塗り、女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りのものが基本です。なお、地方によって逆のところもあるので、わからない場合は家族や親戚に確認しましょう。

お食い初めのやり方は?

赤ちゃんの乳歯が生えはじめる、生後100日〜120日目に行うのが一般的ですが、ぴったりその日でなくてもかまいません。

赤ちゃんの健康状態をみて計画しましょう。当日は、父母両方の両親を自宅に招いて赤ちゃんのためにお祝いをしますので、家族の都合が合う日にしましょう。

もし祖父母と住まいが離れているなどで都合が合わないようであれば、赤ちゃんのご両親だけでもかまいません。その場合はお食い初めの記念写真を撮って、祖父母に送ってあげると喜ばれるでしょう。

食べさせ役は年長者にしましょう。赤ちゃんに食べさせる真似をする役は、「養い親」が行います。「養い親」は、長寿にあやかるという意味から身内で最年長の人が行うことになっていますが、最近では祖父母に頼むことがほとんどのようです。

男の子なら男性が、女の子なら女性が「養い親」となり、自分の膝の上に赤ちゃんを乗せて食べさせる真似をします。

お食い初めの順番

お食い初めの儀式では、赤ちゃんにお料理を食べさせる順番があります。ただし実際には赤ちゃんはまだ食べれませんので、口もとに近づけて食べさせる真似をしてあげるだけで 十分です。その順番は以下の通りです。

1番目→ごはん

2番目→お吸い物

3番目→ごはん

4番目→お魚

5番目→ごはん

6番目→お吸い物

1番目から6番目の食べさせる真似を3回くりかえします。

そして、最後に歯固めの儀式となります。

儀式の方法は、「歯固めの石」にお箸を軽く、ちょんちょんとあててから「石のように丈夫な歯が生えますように」という願いをこめて、そのお箸を赤ちゃんの歯ぐきにやさしく、ちょんちょんとあててあげましょう。

赤ちゃんの歯ぐきに石を直接あてることは、誤飲のおそれがありますので避けてください。

お食い初めの御祝いのお返しは?

原則として、お返しはしなくても構いませんが、実家から祝い膳の食器を用意されたら、そのお礼としてお食事に招待したり、赤ちゃんの写真で構成されたアルバムなどで、お食い初めがつつがなく済んだことへの感謝として贈るのもよいでしょう。

御祝いの席に出席されなかった方々から、御祝いを頂いたなら、お礼状もしくは、心ばかりの菓子折りなどをお礼に贈るのもよいでしょう。

まとめ

お食い初めっていつから?やり方やメニューは?食べ方の順番はある?
・ お食い初めとは?
・ お食い初めのメニュー
・ お食い初めの食器とは?
・ お食い初めのやり方は?
・ お食い初めの順番
・ お食い初めの御祝いのお返しは?

お食い初めっていつから?やり方やメニューは?食べ方の順番はある?、いかがでしたか。

我が子のすくすく育つ成長のための儀式です。

しっかりと覚え、みんなで、可愛い子どもの成長を願い、お祝いしましょう。

いいね!して最新情報GET!