妊娠性鼻炎はいつから?症状と対処法について知っておきたいこと

妊娠性鼻炎という病気を知っていますか。

なかなか、知らない人も多いのではないのでしょうか。その妊娠性鼻炎の症状や原因、対処法などを知り、安心して、妊娠ライフを送れるようにしましょう。

妊娠性鼻炎はいつから?症状と対処法について知っておきたいこと

妊娠性鼻炎とは?

妊娠性鼻炎とは、妊娠をきっかけに鼻の粘膜が炎症を起こし、鼻水や鼻づまりなどの症状が現れることです。

妊娠してから鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が鼻炎症状が数週間以上続いたときに妊娠性鼻炎と診断されます。これまで鼻炎の症状がなかった人が突然発症するのが特徴で、多くの妊婦さんが経験しています。

もともと花粉症のようなアレルギー性鼻炎がある人は、妊娠性鼻炎が重なって鼻水や鼻づまりがひどくなる傾向にあります。鼻水が出ると風邪の初期症状と勘違いしやすいのですが、妊娠性鼻炎の鼻水は透明でサラサラしているのが特徴で、風邪のときの黄緑色のドロっとした鼻水とは異なります。

また、発熱など、鼻水以外の風邪の諸症状がないかを確認することである程度見分けられます。

妊娠性鼻炎はいつから?

妊娠中に鼻炎の症状が出る時期には、個人差があります。

妊娠初期症状の一つとして妊娠性鼻炎が挙げられていますから、妊娠してすぐの妊娠超初期から症状が出てしまう人もいて、後期に入ってから急に鼻炎の症状が出てくる人もいます。比較的多い傾向として、後期に差し掛かってからの鼻炎の症状は重くなりがちという特徴があります。

これは、妊娠後期になると、大きくなった子宮によって、心臓や肺が圧迫されてしまうことが関わっています。心肺器官が圧迫されてしまうと、息切れや息苦しさを感じやすくなり、結果として鼻水・鼻づまりがさらに辛くなってしまいます。

この症状は、おおよそ出産を終えた頃に終わると言われています。産後すぐにすっきりする人もいれば、出産してから数週間くらいたってホルモンバランスが整っていく中、だんだんと気にならなくなる人まで個人差があるようです。

妊娠性鼻炎の原因

妊娠性鼻炎のはっきりとした原因は残念ながらわかっていません。

一番有力なのは、他の妊娠超初期症状にも関わってくる女性ホルモンの変化、もしくは、自立神経の乱れといわれています。通常は2種類の女性ホルモンがバランスよく調整され分泌されますが、妊娠をするとこのバランスが崩れてしまいます。

しかしこのバランスの乱れが自立神経を乱し、鼻粘膜が刺激に対し過敏になってしまいます。そこにホコリや花粉、たばこの煙などのアレルゲンに反応しやすくなってしまうのです。

妊娠性鼻炎の対処法

妊娠性鼻炎の治療法としては、すぐに浮かぶ物は薬ですよね。

しかし、妊娠初期では、鼻炎薬は全く使うことが出来ません。後期に入れば、相談して、治療薬を服用することが出来る可能性はありますが、気持ち的に、なるべく、薬は使用したくないですよね。そこで、薬を使用せずとも、簡単に出来る改善・解消法をご紹介します。

1つ目は、温めたタオルを鼻にかけるかために水気を絞ったタオルを「ちょっと暑め」ぐらいに温め、仰向けになり鼻の付け根に置きゆっくり5分ほどそのままにします。このときポイントは鼻の穴には被せないことです。鼻がむずむずし、鼻通りがよくなったところで鼻をかみましょう。

2つ目は、熱めのお風呂に入りしっかり湯気を吸い込むお風呂に入りながら、その湯気を吸い込み鼻を温めます。鼻がむずむずとしてきたら一気に鼻をかみましょう。熱めのお風呂が苦手な人は洗面器に熱めのお湯をはり、その蒸気を鼻で吸い込むようにします。

このとき大きめのタオルなどで頭と洗面器がすっぽり覆えるようにすると蒸気を効率よく吸えます。またお湯にアロマエッセンスを入れても気持ちがいいので、おすすめです。

妊娠性鼻炎の予防法

妊娠性鼻炎はホルモンバランスの変化が引き起こすものなので、予防するのは困難です。

ただ、鼻の粘膜に刺激があると鼻水や鼻づまり、くしゃみなども出やすくなるので、刺激を与えないように注意することで症状を和らげることができるかもしれません鼻の粘膜に直接の刺激になるのが、チリやホコリといったハウスダスト、花粉などです。アレルギー性鼻炎をもっている人はこの影響で鼻水や鼻づまりがひどくなるので、できるだけ吸い込まないようにすることが大切です。

外に出るときはマスクを着用し、帰宅時には手や顔を洗って花粉などを落としてください。家の中では空気清浄機を使ってチリやホコリ、花粉などが飛び回らないようにしておくことも大切です。

まとめ

妊娠性鼻炎はいつから?症状と対処法について知っておきたいこと
・ 妊娠性鼻炎とは?
・ 妊娠性鼻炎はいつから?
・ 妊娠性鼻炎の原因
・ 妊娠性鼻炎の対処法
・ 妊娠性鼻炎の予防法

妊娠性鼻炎はいつから?症状と対処法について知っておきたいこと、いかがでしたか。

妊娠性鼻炎は、いつ、誰に起こるかわかりません。鼻水は息苦しくもなるので、辛いですが、産婦人科の医師にも相談しながら、上手く付き合えるようにしましょう。

いいね!して最新情報GET!