幼児が中耳炎に?症状や原因とかかったときに注意したい事

中耳炎という病気は、名前は聞いたことあると有名な病気の1つではないでしょうか。

また、ママやパパの中でも、子どもの頃、よくなっていた覚えがあるという方もいると思います。その中耳炎、実は、かかった時に注意点があることをご存知でしたか。

その注意点をしっかりとチェックし、可愛い赤ちゃんが中耳炎から何かの病気に悪化しないようにしましょう。

幼児が中耳炎に?症状や原因とかかったときに注意したい事

中耳炎とは?

耳の奥には鼓膜があり、その奥には中耳という空洞がありますが、中耳に細菌が溜まることで炎症が起きることを中耳炎といいます。

うみが増殖し、鼓膜を圧迫することで痛みが発生します。中耳炎には急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎と3種類あります。中耳炎は生後6ヶ月から1歳、2歳の赤ちゃんがかかりやすい疾患です。

中耳炎の症状は、発熱、耳の奥が痛くなる、耳垂れ、難聴などがあります。

中耳炎になると耳の下が腫れ、一週間ほどで腫れは引きますが、まだ完治しておらず、中耳には膿みが残っています。この膿みは鼻の奥にゆっくり時間をかけて抜けていき、完治まで早くても1ヶ月、長いと2~3ヶ月かかります。

赤ちゃんはしゃべれないので「耳の奥が痛い」「難聴だ」とはいえませんが、機嫌が悪い、耳を引っ張る、耳をいじる、微熱が続く、ミルクを飲むのを嫌がる、夜泣きが続く、などの兆候を示します。

中耳炎の原因

急性中耳炎のほとんどは、鼻水などに含まれる細菌やウィルスが中耳に流れてしまうことが原因です。

赤ちゃんや子供に多い理由は、耳と鼻をつなぐ耳管という器官が大人に比べて太く水平で鼻水が耳へ流れやすい構造となっているためです。

加えて、子供は3~4歳くらいまで自分で鼻をかむことができず、取り切れなかった鼻水が溢れて耳まで達してしまうのです。

中耳炎の治療法

軽度の急性中耳炎の場合、痛み止めと鼻水をこまめにすってあげることで対処します。

膿みは耳鼻科で吸ってもらいましょう。腫れがひどい場合、抗生物質を服用し痛みと炎症をおさえます。中耳炎は痛みが治まっても細菌が残っている可能性もありますので、お医者さんの指示があるまで薬は飲み続けてくださいね。

抗生物質で治らない時は、鼓膜切開手術をすることもあります。鼓膜は再生するものなので、多少の痛みが伴うだけで耳は聞こえますので安心してください。応急処置としては、痛い耳の後ろを冷やし、寝かさずに座らせてあげましょう。

耳垂れが出ていたら、ガーゼなどで拭いてあげてくださいね。

中耳炎の予防法

風邪をひいた際に、中耳炎になってしまうことが多いため、まずは、風邪をひかないようにすることが第一の予防法です。

手洗い・うがいをしっかりと行うようにしましょう。

また、幼児でも、上手く鼻をかめないことが多いです。そのため、鼻水をパパやママが吸ってあげることが良いでしょう。もしも、上手くいかない場合は、耳鼻科に行き、鼻水をすってもらうようにすると良いでしょう。

中耳炎の注意点

幼児は免疫記憶が乏しいので何回も上気道炎から鼻炎を起こします。

幼児は解剖学的に耳管が短くて鼻炎からの炎症は直ぐに耳管から中耳に及びます。小児の気道に常在している菌(常在菌)が中耳炎の原因菌となります。小児では常在菌に対する免疫力(免疫記憶)が成人ほどしっかりしていません。

中耳炎の主要な原因菌は、肺炎の原因菌と同じ。肺炎になると菌が血液中に入って、菌血症という症状が起きます。菌血症から菌が中枢神経系に入りこむと髄膜炎が起きます。髄膜炎は治療可能な感染症ですが時に重い後遺症を残す事があります。

幼児の中耳炎を軽く見てはいけません。成人が小児より中耳炎になりにくいのは免疫と解剖学的な理由が関係しています。ウイルスに対して免疫記憶ができるので、鼻炎にもかかることが減ります。繰り返して細菌にも感染して原因となる菌に対しても免疫記憶ができています。

解剖学的に耳管も小児よりも長くなっているために、鼻炎から中耳に炎症が伝わりにくくなっています。中耳炎をよく起こす子どもの場合、治療中にプールなどに入ってよいか疑問に思う人もいるようです。中耳炎といっても状態はいろいろですが、鼓膜に穴があいているかどうかで対応法が変わります。

少なくとも、耳だれがある場合は鼓膜に穴があいている可能性が高いのでプールは難しいです。中耳炎治療中は、耳鼻科の医師に相談してから対応するようにしましょう。

まとめ

幼児が中耳炎に?症状や原因とかかったときに注意したい事
・ 中耳炎とは?
・ 中耳炎の原因
・ 中耳炎の治療法
・ 中耳炎の予防法
・ 中耳炎の注意点

幼児が中耳炎に?症状や原因とかかったときに注意したい事、いかがでしたか。

中耳炎は、自分自身もよくなっていたからとパパやママの経験談から、勝手に判断し、「大丈夫」と放っておくと、危険な病気です。

重症化しないようにするためにも、しっかりと健康に過ごせるようにしましょう。

いいね!して最新情報GET!