子供の空手は何歳から?メリットや費用は?辞めたいときはどうするの?

子供の習い事ランキングでは、いつも上位に位置している空手。

日本の武道の中でも人気がありますが、一体何歳から習い始めれば良いのでしょうか。

またメリットや費用なども気になるところです。

そこで今回は子供の空手について様々な情報と、辞めたいときはどうすれば良いかもご紹介します。

子供の空手は何歳から?メリットや費用は?辞めたいときはどうするの?

子供の空手教室はどんな習い事?

子供の空手とはどんな習い事なのかというと、だいたい週に1〜2日1時間練習に充てるものです。

その1時間のうちの半分を型の練習に充てて、自らの動きを意識しながら鍛錬を積みます。

礼儀作法に厳しいので先生は少し怖いイメージがありますが、子供が空手に親しめるように楽しく指導してくださいます。

始めようと思っている場合は、その点は安心してくださいね。

子供の空手は何歳から始める?

子供が空手を始める年齢ですが、道場の中には幼稚園の年少さんから入ることのできるところもあります。

しかしその頃の年齢だと空手とはなんぞやというところまで理解することが難しいので、遊びながら中途半端になってしまうことがあります。

そのため、子供が空手を始めるのは相手の気持ちを理解できて様々なことがわかってくる幼稚園の年長さん〜小学校1年生を目安に始めるのが良いでしょう。

子供の空手のメリットは?

子供に空手を習わせることで得られるメリットは、なんといっても精神的にも肉体的にも鍛えられるということです。

礼儀作法から学ぶことができるので、きちんと挨拶のできる子になります。

また体を動かすので丈夫になり、少々のことではへこたれない負けん気の強い心を育てます。

また帯の色や段など、目に見えて自分の力がわかるところも競争意識を高めてこの先の人生に大きな良い影響を与えます。

空手が子供の習い事ランキングで上位にあるのも、やはりこのようなメリットをみるとわかりますよね。

子供の空手の費用相場はどのくらい?

子供の空手がどのくらいの費用がかかる習い事なのか、やはり気になりますよね。

一般的に先生が道場を開いているところに入門する場合は、少し高めの月謝がかかるところが多いです。

その場合は月に4000〜6000円かかることがほとんどで、年齢やクラスが上がるにつれて月謝も上がるシステムです。

中には学校や公民館を借りておこなっている教室もありますが、こちらは費用が安く、5000円未満で済む場合がほとんどです。

子供の空手はそのほかに入会金や保険、道着など細々としたお金がかかります。

子供の空手を辞めたい時にはどうしたら良い?

子供が空手を嫌になってしまって、辞めたいと言い出した時にはどのように対応したら良いのでしょうか。

まずは、辞めたい理由や意思を聞いてあげてください。

このときに無理やり行かせるのは親のエゴになってしまうので、基本的には子の意見を尊重します。

そして退会月のひと月前に、先生に空手の退会希望の旨を伝えます。

このときは嫌になったので…などと正直に伝えず、勉強が忙しくなったので…などとうまく収めましょう。

いきなり辞めるのも一応は認められますが、双方にとって後味の悪いものになるのできちんと伝えた上で子供の空手を辞めさせたいですね。

まとめ

子供の空手は何歳から?メリットや費用は?辞めたいときはどうするの?
・ 子供の空手教室はどんな習い事?
・ 子供の空手は何歳から始める?
・ 子供の空手のメリットは?
・ 子供の空手の費用相場はどのくらい?
・ 子供の空手を辞めたい時にはどうしたら良い?

子供の空手について様々なことをご説明してきましたが、いかがでしたか?

この先の人生に必要な精神力、体力、そして礼儀作法などを身に付けることができる習い事だということがわかりましたね。

辞める場合には、早めに伝えないと次の月の月謝も払うことになるので注意してください。

子供の意思を尊重した上で、空手を続けるか辞めるか決めていってくださいね。

親としてできることとして、楽しく全力で取り組めるようにサポートしていきましょう。

いいね!して最新情報GET!