乳腺炎とは?原因や症状、予防方法、効果的な4選

Mastitis cause

やっと母乳が出るようになり、ママとしてとても幸せな時間がやってきたと思ったら、母乳トラブルです。

「母乳の量が足りない」「乳首が切れて痛い」と悩みはよく耳にしますが、中には「おっぱいにしこりができて、痛い。取れない。」「おっぱいが腫れた」と悩むママもいると思います。

出来ることなら痛い思いをせずに、楽しく授乳したいものです。

今回は、乳腺炎について原因や症状や予防方法をご紹介します。

妊婦ママの旅行っていつからいつまで?気をつけるべき4個のポイント

乳腺炎の原因は?

授乳中にできるおっぱいのしこりで最も多いのは、乳腺炎です。

主に、ストレス、疲労、偏った食事、胸の圧迫などが原因で引き起こされますが、乳腺炎には大きく2種類タイプがあります。

[急性鬱滞乳腺炎]

母乳が乳腺に詰まって炎症を起こし、乳管の狭い初産ママや断乳、卒乳などで母乳が供給過剰になったときに起りやすい疾患です。

[化膿性乳腺炎]

乳腺が細菌感染することによって起こります。

乳頭にできた傷から赤ちゃんの口腔内細菌が感染して起こる場合と急性鬱滞乳腺炎が進行して起こる場合があります。

乳腺炎の症状は?

乳腺炎といえば、乳房にしこりができて、痛くなって、高熱が出て…という症状がよく知られています。

しかし、それだけではありません。

乳腺炎の最初の症状は、

・乳房の一部が痛い、赤くなり、熱を持つ

・乳房の一部が固くなる(しこり)

・乳頭に白い塊ができる(白班)

・赤ちゃんを抱っこしたり、腕を上げたりすると乳房が痛む

といったものがあげられます。

こうした症状のみであればまだ軽度、乳腺炎のなりかけの状態ですから、この時点で適切な処置をすれば症状は軽減することが多いでしょう。

しかし、乳腺炎が進行すると・全身の倦怠感、頭痛、寒気・38度以上の高熱・乳頭全体が張って固くなり、安静にしていても痛む・授乳すると激しく痛むなどの症状が出てきます。

こうなると、炎症えを沈めるための医学的な治療が必要になります。

乳腺炎の対処法1ストレス、疲労をためないこと!!

慣れない育児や夜泣きで寝れないなど疲れがたまって、ストレスになることがあります。自分の体調まで崩したら意味がありません。

対処法2食事に気を配る

授乳中はお腹が空きやすく、疲れがたまるので、高カロリーな物や脂肪分の多い物を摂取しがちです。

しかし、母乳はママの血液でできているので、高カロリーや脂肪分の多い物を必要以上に摂取すると、母乳がドロドロになり、乳腺が詰まる原因になり、乳腺炎になりやすくなります。

授乳中のママに必要な摂取カロリーは1日2100~2350kcal程度で、摂取カロリーは減らさずに、和食中心の食事を心がけましょう。

特に、「葉酸」「カルシウム」「ビタミンD」を多く含む食材を摂取しましょう。例えば、「葉酸」は焼きのり、かぼちゃ、ほうれん草、豆類、「カルシウム」は乳製品や骨まで食べれる魚、「ビタミンD」は魚に多く含まれています。

完全母乳で育てるとママは母乳に水分を取られて脱水症状になりやすいため、水分補給もこまめにするようにしましょう。

ごぼう茶を飲むと血行が良くなり、母乳の出が良くなり乳腺炎の予防に効果的です。

対処法3胸を圧迫しないこと!!

胸を圧迫していると、乳腺に負担がかかって乳腺炎になりやすくなります。

妊娠前に使っていた下着はスタイルを綺麗に見せることに重点を置いているため、ワイヤーが入っていると、母乳で張った胸は圧迫されてしまいます。産後すぐから妊娠前に使っていた下着に戻すのは避け、授乳ブラを着けることをおすすめします。

授乳するときに胸を出しやすく、圧迫されませんし、母乳パッドを着ければ、母乳が服に汚れてしまうこともありません。

また寝るときも注意が必要です。横向きに寝ると、下になった胸の乳腺を圧迫してしまうため、寝ている間に乳腺炎になってしまうことがあります。

意識して仰向けで寝ましょう。慣れない姿勢の睡眠で腰が痛くなったときは、腰の下にタオルをいれたり、こまめに寝返りすると楽になります。

対処法4授乳の方法を工夫すること!!

片方の胸や同じような抱き方で赤ちゃんに授乳していませんか?乳腺は乳首を中心に放射状に広がっているため、片方だけや同じ抱き方で授乳していると、母乳が外に出ず、一部の乳腺に母乳が残ったままになってしまい、乳腺炎になってしまいます。

オーソドックスなタイプは横抱きですが、縦抱き(赤ちゃんと正面に向かい合って授乳する)やフットボール抱き(ラグビーボールを抱えるように)も意識して1日の授乳のうち1~2回は方向を変えて授乳すると、全ての乳腺が通りが良くなります。

また、左右交互に同じ量の母乳を赤ちゃんに与えるのも大切です。通常、母乳は左右同じ量生成され、意識的に左右同じ量の母乳を赤ちゃんに授乳してあげることで、両方のおっぱいの母乳をバランスよく維持できます。

まとめ

妊婦ママの旅行っていつからいつまで?気をつけるべき4個のポイント
・ 乳腺炎の原因は?
・ [急性鬱滞乳腺炎]
・ [化膿性乳腺炎]
・ 乳腺炎の症状は?
・ 乳腺炎の対処法1ストレス、疲労をためないこと!!
・ 対処法2食事に気を配る
・ 対処法3胸を圧迫しないこと!!

乳腺炎とは?原因や症状、予防方法、効果的な4選を紹介しましたがいかがでしたか。

乳腺炎の予防はセルフケアが大切です。毎日自分でおっぱいに違和感がないかを確認しながら、少しでも気になる点があったらすぐに、赤ちゃんを出産した病院の母乳外来や助産院に相談し受診して下さい。

症状が軽いうちに適切な対処をしましょう。快適でトラブルのない母乳育児のためにも、乳腺炎は悪化させないように治すことが大切です。

赤ちゃんの母乳を飲む姿が見れる期間はとても短いです。乳腺炎に気をつけながら、楽しい授乳ライフをしてください。ママの毎日の頑張りはきっと赤ちゃんに伝わっています。

いいね!して最新情報GET!