産休・育休はいつから?いくらもらえる?ママが知りたいポイントまとめ

Maternity leave

忙しい仕事の毎日…ふと気づくと、「今月、きてないかも…。」と喜びの瞬間になる日が来ます。

しかし、赤ちゃんが出きた喜びとともに、気になるのは、これからかかるであろうお金の問題…。自分はいつまで働けるのだろう…産休・育休はどのくらいもらえるのかな…と不安が出てきますよね。

妊娠はいつ来るかわからないし、妊娠がわかった瞬間、悪阻で動けないなどの状態も考えられるので、しっかりと、産休・育休について、お金についてを知っておきましょう!

産休・育休はいつから?いくらもらえる?ママが知りたいポイントまとめ

産休はいつからもらえるの?

産休はいつから、もらえるのか、いつまで働けるのかなど、不安ですよね。

法律上、産休は、出産予定日前の6週間と、出産の翌日から8週間の期間とされています。また、多胎の妊娠の場合は、出産予定前の14週前から取れるようになっています。

産前休業は、本人が申請した場合に取得でき、産後休業は本人の意思に関わらず、休業する必要があります。ただし、医師の許可がおりれば、6週間以降から働くことも可能です。

産前休業については、会社に頼るのではなく、自分で申し出ないといけないので、そこも要注意です。産後については、8週間は働いてはいけないと法律で決まっているので、焦らずとも、産前に申し出があれば、大丈夫です。

社会人として、会社には、産休のスケジュールなど早めに申し出することがマナーですね。また、出産予定日は、あくまでも予定日なので、早かったり遅かったりすることがあると思います。

早い場合は、産前の休業日が短くなり、遅い場合は、産前の休業日が長くなるので、その際にも、会社に申し出が必要です。

産休の際のもらえる給料は?

仕事を休んで、赤ちゃん出産のための準備をしたいという気持ちにもなりますが、そこで気になるのが、お金の問題。産休中の給料は、社会保険に加入していることが前提ですので、しっかりとチェックしておいてください。

この産休中の給料のことを出産手当金と言います。社会保険に加入している場合に、産前は最大で42日間(出産日が出産予定日より遅れた場合は、その日数は加算されます) 、産後は最大で56日間、給与(社会保険の標準報酬日額)の2/3が支給されます。

ただし、産休中に給与が発生した場合(有休扱いにするなど)、支給されません。また、出産手当金の額よりも少ない給与が発生した場合は、その差額分が支給されます。

この出産手当金の申請は個人ではなく、会社が行うので、相談してみてくださいね。

育休はいつまでもらえるの?

産まれてきた我が子を前に、仕事よりも我が子と一緒にいたいと思いますよね。

育休制度は、産後休業の翌日(産後57日目)から、ベビーが1歳になるまでの期間、休業することができます。

1歳の誕生日以前を入所日とする認可保育所への申し込みをしているけれども、入所待ちのため復帰できないような事情がある場合があると思います。その際は、1歳6ヶ月まで延長可能となります。

また、父母が同時もしくは、交代で育休をする場合は、パパママ育休プラス制度が適用され、1歳2ヶ月までの延長となります。

育休期間の給料は?

産休の際にも気になった給料面…。

もちろん、子どもが生まれてからも、オムツ・着替え・玩具など数えたらきりがないほどの購入する物がありますよね。育休期間の給料は、休業期間中、雇用保険から2ヶ月毎、給与(休業開始時賃金日額)の50%が支給されます。

ただし、育休中に、休業開始時賃金月額の80%以上の給与が発生した場合(有休扱いにするなど)、支給されません。また、会社が小さくて忙しそうだから、育休中に会社に出社したいと思った方がいると思います。

その際には、1ヶ月に出勤日数が10日以下であれば、育休手当金ももらえることが出来ます。この出勤に対して、支払われた給与が休業開始前の給与の30%以下でしたら、無給の場合と同額の育児休業給付金が支給されます。

30%超~80%未満の場合は一部支給、80%以上では支給されません。なお、社会保険料の免除制度ですが、自分の都合で出勤したりしなかったりというのではなく、勤務先が定めた「育児短時間勤務規程」等に則って勤務するのであれば、育児休業に準ずるものとして適用されます。

雇用保険料は、免除制度はありません。

パートや契約社員などの仕事でも、産休・育休はもらえるの?

まず、パートや契約社員の方でも、産休・育休制度は適応可能です。

会社の規定に書いていないなど、不安にならず、法律で決まっていることなので、会社に相談しましょう。もしも、会社が拒むようであれば、法律違反になりますので、労働基準法に引っかかることになります。

ここで要注意なのが、産休・育休をとっている間に、更新期間になると思うのですが、その際に、更新されないことが明らかになっているのであれば、取得することは出来ません。

つまり、よく言われる任期満了のためという理由での退職では、申請できないということです。しかし、産休や育休が解雇理由・更新しない理由になっている場合、男女雇用機会均等法、育児介護休業法により禁止されています。

更新時期や解雇理由に気をつけてください。また、男性にも育休を取ってほしいという方もいると思います。男性も出生した日から赤ちゃんが1歳になる前日まで取得可能です。給与が出ない場合は、男性も女性も育児休業給付金が支給されます。

男性の育児休業の取得促進を図るため、パパママ育休プラス制度がありますので、パパママ同時もしくは交代で、1歳2ヶ月まで育休が可能ですので、ご安心を。

まとめ

産休・育休はいつから?いくらもらえる?ママが知りたいポイントまとめ
・ 産休はいつからもらえるの?
・ 産休の際のもらえる給料は?
・ 育休はいつまでもらえるの?
・ 育休期間の給料は?
・ パートや契約社員などの仕事でも、産休・育休はもらえるの?

産休・育休はいつから?いくらもらえる?ママが知りたいポイントまとめを紹介しましたがいかがでしたか。

さ妊娠はいつになるのかわからないので、しっかりと理解しておいて、赤ちゃんを元気に産んで、金銭面でも精神面でもリラックスした状態を保てるようにしましょう。

最後に、気が変わって、産休中や育休中に退職したいとなっても、返還しなくてもいいので、安心してくださいね。

お仕事を頑張りながら、出産も頑張るお母さん、ファイト!

いいね!して最新情報GET!