マタニティマークっていつからどこで貰える?みんなしらない6個の事実

Maternity mark

歩いていると、バックなどにマタニティマークを付けている方を見かけることもありますよね。

マタニティマークは妊娠したら、手に入れておきたいものの一つですが、一体どこで手に入れることができるのでしょうか。

また、どのくらいの時期から付けたら良いのでしょうか。最近では悲しいことに、マタニティマークを付けていることによって様々な問題が起きることもありますので、その点も含めマタニティマークについてまとめました。

マタニティマークっていつからどこで貰える?みんなしらない6個の事実

マタニティマークとは?

一般的によく知られているものは、ピンク色を基調とした可愛らしいデザインで、ママが優しく赤ちゃんを包み込むように描かれているマークですが、これは2006年から厚生労働省が推進している「健やか親子21」という国民運動計画の中で発表されたものです。

マタニティマークをつけることによって、妊婦の方が社会の中で安全と快適さを確保できることを目的としています。

例えば、電車の中で優先的に席に座れるように周囲が配慮できるよう、あるいは緊急時にお腹に赤ちゃんがいることがわかるなど、特にまだお腹の目立たない妊婦さんでも周りが気付いて行動できる環境づくりのためにこのマークはあります。

いつからつけるべき?

マタニティマークは、お腹の目立たない妊娠初期からつけるのが望ましいです。

特に妊娠初期は体調も不安定で、つわりが重いこともありますよね。ですが、お腹のふくらみはまだほとんどなく周囲も妊娠していることに気がつきにくいです。

無理をすると流産につながることもありますから、周囲の人にも理解してもらえるようにすることが大切ですね。

また、お腹が目立つようになる中期や後期でも着ている服によっては分かりにくかったり、後ろから見ると全くわからないこともあります。ですから、妊娠初期から出産するまでマタニティマークを身につけておくことが理想でしょう。

マタニティマークをもらえる場所

マタニティマークは、基本的に母子手帳を発行するときに自治体でもらえることが多いです。

ただし、その形は自治体によっても様々でキーホルダーなど身につけるものや、ステッカーのように車などに貼れるものもあります。

上記の厚生労働省が使っているデザインの他に自治体のオリジナルのデザインを使っているところもあるようですまた、鉄道会社の窓口でももらうことができます。

JRや私鉄などで配布されていますが、駅によって取り扱っていないところもありますので最寄りの駅で確認してみてくださいね。

その他、妊婦さん向けの雑誌に付録として付いてたり、航空会社でもらえることもあります。

ネットでも購入可能!

マタニティマークはもらう以外にもネットなどで購入することができます。

ディズニーのイラストがデザインされたものが人気で、可愛いマタニティマークを身につけたい人にはオススメです。

また、安産のお守りにマタニティマークがデザインされたものなど様々な種類がありますので、お気に入りを探してみるのも良いですね。

車にもマタニティマークを

よく車を運転する方は、マタニティマークを付けて運転している車を見かけたこともあるのではないでしょうか。

妊婦さんだからといって、危険な運転をするわけではないのでなんのために付けているか疑問に思うこともあるかもしれませんが、事故などにあった際にとても重要になります。

事故にあって自分が妊婦であることを告げるのが難しい場合、マタニティマークが車に貼ってあれば、周囲の人や病院での対応も変わってくるはずですよね。

車を運転する機会が多い妊婦さんは、できれば車にもマタニティマークを付けておくのが望ましいでしょう。

気をつけたいこと

最近では、マタニティマークに不快感を示した人が、傷害事件を起こすという悲しいニュースも耳にします。

こういった事件が起こるために、マタニティマークを身につけない人もいるようです。

もちろん、マタニティマークを身につけるかどうかは自由ですが、事故や急な体調の変化が起こったときにすぐに妊婦であることがわかるようように、控えめにでも付けておくと安心かもしれませんね。

また、マタニティマークを知らない人や地域によってはあまり普及していないところもあるようです。

マタニティマークをつける側もマークだけで周囲の理解を得ようとするのではなく、体調が悪いときなどには自ら事情を話すことも大切ですね。

まとめ

マタニティマークっていつからどこで貰える?みんなしらない6個の事実
・ マタニティマークとは?
・ いつからつけるべき?
・ マタニティマークをもらえる場所
・ ネットでも購入可能!
・ 車にもマタニティマークを
・ 気をつけたいこと

マタニティマークっていつからどこで貰える?みんなしらない6個の事実を紹介してきましたがいかがでしたか。

妊婦さんになると、マタニティマークの有る無しに関わらず、電車やバスで席をゆずってもらったり、周囲の優しさを感じる機会も増えると思います。

マタニティマークによって、そのような優しさの輪がもっと広がると良いですね。また、ママだけでなく赤ちゃんの安全を確保するものでもありますので、怖いと感じる情報もありますが、周囲の状況に応じてマークを提示できるようにしておきたいものです。

いいね!して最新情報GET!