モンテッソーリ教育をするためのたった3つのルール

Montessori method

子どもの教育は、どのようなものが良いのか迷うところですよね。

その中で、モンテッソーリ教育という言葉を知っているでしょうか。

どのような教育なのか、どのようにすれば、モンテッソーリ教育になるのか、徹底解明します!我が子に合っているかどうか、検討してみてくださいね!

新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめ

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育の名は、その創設者でイタリアで女性初の医学博士となった、マリア・モンテッソーリ(1870~1952年)にちなんでつけられました。

その教育法は、マリアが1907年にローマの貧民街に最初の「子どもの家」をはじめてから、次第に世界に普及しました。1968年に日本モンテッソーリ協会が設立され、モンテッソーリ教育法は、子どもの早期教育の重要性、自主性と精神集中および自立性と責任感への教育が強調されています。

モンテッソーリ教育では、全てが子どものサイズに合わせたものであり、子どもの生活を中心にしています。 子ども達の自発性、自主性が尊重され、活動の選択の自由、遂行の自由が保障されているため、子どもは自分のペースで自分の興味、関心のある活動に満足するまで取り組むことができます。

また、異年齢の混合編成で生活することにより、年齢、興味、関心など、様々な子ども達が一緒に生活することによって、お互いに刺激を受け合い、学び合い、助け合うことを重視しています。

保育者は、環境を調えるとともに、子ども達を愛情をもって受け入れ、その個性を尊重し、自主性を大切にしながら、モンテッソーリ教具を通して一人ひとりの子どもの「知りたい」「できるようになりたい」という欲求にこたえ、その活動を支えるよう配慮していきます。

モンテッソーリ教育は、このように子どもの欲求にこたえるように援助することを土台としています。現代の子ども達も、何でも大人にやってもらうのではなく、自分で水道の蛇口を開いて手を洗ってみたい、箸を使って食べてみたい、自分の名前を書きたい、絵本を読んだり、数を数えたいという内面的な欲求を持っています。

一人ひとりの「知りたい」「できるようになりたい」という欲求にこたえらてるように、子どもが使いやすいように環境を調え、やり方をゆっくり丁寧に教えれば、子どもは自分のしたいことを満足するまで行い、上手になっていきます。この満足感こそが、気持ちの安定、自信、次への意欲の原動力になっているのです。

子ども達が自ら自立を目指して自主的に生活することを助けていくことが、モンテッソーリ教育であり、「個」の確立を尊重し、子ども達一人ひとりがそれぞれ違った存在であることを認め合い、協力し合いながら生きていくことを目指す教育なのです。

モンテッソーリ教育のルール①

子どもには「感覚期」という時期があります。

何でも口に入れる、観察する、触ってみる、出してみる、開けてみる、入れてみる、たたいてみるなど、幼児期の子どもならではのこれらの行為は、子どもの内側からの生命エネルギーから行われるもので、このエネルギーがあるからこそ子どもは0~6歳にかけて飛躍的な成長を遂げるのです。

これらの行為を通して、子どもは自らの環境を探索したり、経験し、認知能力の発達が出来ます。そのため、そのような環境づくりにするように、子ども自身の「やってみたい」と言うことに対して、まずは「体験させてみよう」という行動が必要になってきます。

モンテッソーリ教育のルール②

子どもの感覚期を観察していくと、いろいろな月齢などにより、好奇心を向ける対象などが変化していきます。

個人を尊重するため、さらに浮かび上がるものなのでしょう。この好奇心で得た能力は、脳生理学に基づき、それぞれ最適な時期があると結論付け、これを「敏感期」と言います。 敏感期には、運動の敏感期、感覚の敏感期、秩序の敏感期、話し言葉の敏感期、文字に対する敏感期、数に対する敏感期、文化の敏感期などがあります。

この子ども達の「自由」の保証と、「敏感期」を育むことが、モンテッソーリ教育の大きな特徴となっています。つまり、子供は、集団で同じことをするのではなく、自分で自分の活動を選び、自分のリズムで納得いくまで繰り返し活動するのです。 しかし、大人になり、社会に出ていく際に、社会的・知的協調心が大切になってきます。

そのため、自分自身だけではなく、周りからの発する言動などに注目し、社会性や協調性を学ぶことが出来るように、同じ年齢ではなく、3歳~5歳の子どもを混合させた環境が必要になります。

その環境づくりをすることで、子ども達はお互いから学び合います。例えば、年下の子どもは年上の子どもの活動を見て学び、年上の子どもは年下の子どもの世話をすることや教えることから学ぶことができるというものになります。

モンテッソーリ教育のルール③

モンテッソーリ教育の分野は、5つあります。その1つである日常生活の練習について、ルールが1つあります。洗濯やアイロンがけなど日常生活の様々な練習を通し、自分の生活を依存から自立へと成長させ、さらには精神的にも自立する心を育てるというもの。

この時に使用する物を教具と言いますが、その教具の特徴にルールがあります。それは、子どもが扱いやすいような子供用サイズのものであること、子供が思わず手を出したくなるほど色彩や形が魅力的であるもの、そして清潔であることです。

簡単に洗えて常に清潔に保つことができ、子供自身が汚れに気付くものを教具として使います。また、落とせば割れてしまう陶器やガラス製のものなど、本物であることも重要です。本物の教具を使うことによって、本物の持つ美しさを感じられたり、壊さないように慎重に扱うことに慣れる練習をします。

まとめ

新生児(赤ちゃん)のミルクの作り方。最適な温度や量などプレママ必見のまとめ
・ モンテッソーリ教育とは?
・ モンテッソーリ教育のルール①
・ モンテッソーリ教育のルール②
・ モンテッソーリ教育のルール③

モンテッソーリ教育について理解できたでしょうか。

個人を尊重しつつも、社会性も学ぼうという教育。自分自身で動き、考えるという現代の若者に足りないとされていることを幼児期に獲得することで、子どもの将来は広がっていくことでしょう!

いいね!して最新情報GET!