自然分娩とは?帝王切開との違いは?痛みや費用などまとめ

Pregnant women poultice

妊娠すると、赤ちゃんが誕生することを楽しみにしつつも、やはり、出産の不安はあるもの。そして、出産の方法も様々あるため、どの出産方法が良いのか迷ってしまいます。

今回は、自然分娩はどのようなものなのかや費用について、さらには、帝王切開についても説明していきます。

痛みや費用など、いろいろなことを考え、出産にのぞむと、それだけで不安も軽減するかもしれませんよ!

自然分娩とは?帝王切開との違いは?痛みや費用などまとめ

自然分娩とは?

自然分娩は人により、様々な状態により、出産の証が現れます。いろいろな場合に分けて、説明していきます。

<おしるしから始まる場合>

「おしるし」と呼ばれる出血があります。おしるしがきてすぐに陣痛が始まり、数時間で出産する方もいますが、おしるし後に特に何もないまま1週間以上経ってから出産したという方もいます。

<陣痛から始まる場合>

生理痛のような痛みが定期的にきます。痛みが治まって次の痛みが来るまでの時間を計りましょう。痛みがだんだん強くなり、間隔が狭まってきます。初産婦さんの場合は間隔が10分に、経産婦さんの場合は間隔が15分になったら、病院に連絡をして指示を仰いでくださいね。

<破水から始まる場合>

おもらしのような感じで、水が流れ出てきます。ちょろちょろという場合もありますし、バシャっと勢いよく流れ出る場合もあります。破水すると感染症の恐れがあるため、すぐに連絡して病院に向かいましょう。その際、バスタオルを当てたり、ビニールシートを用意したりすると安心ですね。尿漏れと勘違いしやすいので、注意深く見分けてください!

このように、いろいろな場合から、出産が始まります。

メリットは、一般的に産後の体調回復が早いのは大きなメリットの一つ。また、立ち会い出産できやすいという点も、立ち会い出産をしたいご夫婦にとってはメリットの一つです。

デメリットは、陣痛がきていてもなかなか産まれてこない「微弱陣痛」の場合、リスクが伴うことです。

また、分娩の経過とともに、赤ちゃんは産道を通りやすいよう、少しずつ体の向きを変えながら骨盤内に進入していくことを「回旋」と呼びますが、スムーズに行われない場合を「回旋異常」といい、お産が進まない原因の一つになります。

また、へその緒が絡まったり、産まれてくる途中で赤ちゃんが脱臼したりというリスクもあります。

自然分娩の痛みや費用

自然分娩の痛みは、やはり陣痛が痛むもの。その痛みを少しでも緩和する方法があります。ラマーズ法やリーブ法などの呼吸法です。ラマーズ法が一番有名で、「ヒッ、ヒッ、フー」というリズムで呼吸する方法です。

また、自然分娩では、アクティブバースという分娩台の上で出産するのではなく、自分の好きなスタイルで産む方法をすることが出来ます。フリースタイルとも呼ばれています。自分が好きなスタイルを選べるので、スムーズに出産することができるといわれています。横になる方や上半身を起こす方、座りながら出産する方もいます。

費用についてですが、医療機関によって異なりますが、一般的には40~80万円ほどと言われています。出産一時金で42万円を補填してもらえますので、実際の負担費用は、かかった金額から42万円を差し引いた金額になります。もしかすると、あまり費用がかからず、出産を終えることが出来るかもしれません。

帝王切開とは?

帝王切開とは、お母さんか赤ちゃんに何らかの理由(逆子など)があって、自然分娩が難しいと判断された時に、腹壁と子宮を切開して、赤ちゃんを外科的に直接娩出する出産方法のことをいいます。

帝王切開には、あらかじめ帝王切開の日が決まっている「予定帝王切開」と、その時の状況で手術が決まる「緊急帝王切開」があります。

今回は予定帝王切開のスケジュールを説明します。

まず、手術前の準備は、2週間前くらいに、手術前検査が試行されます。検査内容は血液検査、胸部X線写真、心電図など。そして、手術日前日に入院します。麻酔による誤嚥予防と、手術後の腸管麻痺予防のため、最後の食事から手術まで6時間、飲水から2時間絶つことが望まれます。

入院後、赤ちゃんの状態を検査し、血圧、脈拍、体温などをチェックします。そして、麻酔が十分に効いているのを確認し手術が始まります。おなかの切開はお臍の下の縦切開か、恥骨上の横切開で、15cm前後の切開です。

手術が始まってから赤ちゃんが生まれるまでの時間は約5分、手術時間は30~60分くらいとされています。手術後は、手術直後から直接母乳をあげられることも可能なようです。さらに、最近では、帝王切開後でも母子同室が可能な施設が増えてきています。

手術翌日には、尿管カテーテルを抜去し、体調にあわせて動いたり、シャワーを浴びることも可能です。経過が良ければ、点滴は長くても手術後2~3日です。また、現在は溶ける糸を使うので、術後の抜糸をすることが少なくなりました。

帝王切開の痛みや費用

帝王切開では、手術のため、麻酔も使うので、手術中は痛みはありません。つまり、出産の時には、痛みはありません。しかし、術後、痛みが必ずあります。後陣痛と言われたり、傷の痛みなどを感じたりします。

術後はたくさん動く方が子宮の戻りも早くなるため、痛みがあって大変でも、痛み止めを上手に使いながら早期に離床して、 歩くなど体を動かすようにするとよいとされています。

帝王切開の費用は、自然分娩の入院は出産後4~5日ですが、帝王切開での入院日数は6~14日ほどと長いので、医療機関で計算される出産費用は自然分娩より高額になることが多いです。

ただし、妊産婦の自己負担という面から見ると、帝王切開は手術自体に健康保険が使えます。結局、自然分娩の場合と同じくらいの金額になる医療機関が多いようです。

具体的な金額は医療機関により異なりますが、約40万~100万円です。その内訳は、帝王切開手術やその他医学的に処置を施した場合などの健康保険適用分と、分娩費などの自費診療分です。帝王切開手術自体は健康保険適用で、地域や医療機関に関わらず、手術代は22万2000円です。この金額のうち3割が妊産婦の自己負担額となります。

自然分娩とあまり費用が変わらないとなると、もしも、緊急で帝王切開になっても、その後の費用の心配がなくていいかもしれません。

その他の出産方法

自然分娩と帝王切開の他にも出産方法はあります。種類別に説明しておくので、自分に合ったものを確認してみましょう!

<計画分娩>

生活上の理由から出産日を設定したい場合や、妊婦さんに持病がある、ふたご以上の多胎であるなどの場合は、出産日をあらかじめ設定し、陣痛促進剤で陣痛を起こして出産します。ほとんどの場合、出産日は万が一のトラブルに対応できるよう、スタッフの数が充実している平日の昼間に設定されます。計画分娩の場合、陣痛促進剤の使用に関して、自分なりの考えを持つようにしましょう。

<立ち会い分娩>

パパが妻のお産に立ち会い、腰をマッサージしたり、励ましたりと、二人でお産を乗り切ろうというスタイルです。多くの病院・産院でも立ち会い分娩をすすめていますが、その場合、両親学級などで夫もお産の進み方や呼吸法を勉強します。立ち会い分娩のメリットは、お産に立ち会うことで父親の自覚が芽生える、二人で赤ちゃんを迎えることで、夫婦のきずなが深まるなどです。ただ、立ち会い分娩はどうしても耐えられないという男性に無理強いするのはさけたほうが賢明。パパの希望にも耳を貸し、夫婦でよく話し合いましょう。

<無痛分娩>

麻酔の力を借りることによって、お産の痛みをやわらげるのが無痛分娩です。筋肉の緊張がほぐれ、お産がスムーズに進むことから、痛みに弱い人や心臓に持病がある場合などに効果的です。麻酔の種類は施設によって異なりますが、局部麻酔なら自分でいきんだり、産声をきくこともできます。無痛分娩には麻酔の種類や量など熟練したテクニックが必要とされるので、希望する場合は麻酔の専門医がいる施設を選ぶのが基本です。

<LDR>

Labor(陣痛)、Delivery(出産)、Recovery(回復)の頭文字をとったのがLDRと呼ばれるスタイル。一般のお産は子宮口が開くまでは陣痛室で過ごし、その後、分娩室に移動しますが、LDRは陣痛の間や出産、産後の回復まで同じ部屋で過ごすことができます。妊婦さん・産婦さんがリラックスできるよう、内装や照明なども工夫され、立ち会う家族のためのソファーなども備えられていますが、一般的に費用は割高になります。また、LDR室を備えた病院数が少ないことから、予約が必要な場合もあります。

まとめ

自然分娩とは?帝王切開との違いは?痛みや費用などまとめ
・ 自然分娩とは?
・ 自然分娩の痛みや費用
・ 帝王切開とは?
・ 帝王切開の痛みや費用
・ その他の出産方法

自然分娩とは?帝王切開との違いは?痛みや費用などまとめ、いかがでしたか。

費用や痛みなど考え、自分のしたい出産方法で出産しましょう!

赤ちゃんも大事ですが、お母さんの身体も大事です!

いいね!して最新情報GET!