赤ちゃんの顔に吹き出物?新生児ニキビとは? 原因や対処法まとめ

Neonatal acne

赤ちゃんは肌のバリア機能が弱く、様々な原因ですぐに湿疹ができてしまいます。

しかし、原因の特定が難しいので、乳児に起こる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼んでいます。

今回は、乳児湿疹の原因や症状、ケア方法などをご紹介します。

妊婦ママの旅行っていつからいつまで?気をつけるべき4個のポイント

新生児の乳児湿疹とは?

新生児時期~乳児期にかけて現れる湿疹の総称です。

生後6ヶ月頃までの湿疹は原因の特定が難しいので、肌トラブルを全てまとめて「乳児湿疹」と呼んでいます。

カサカサしているもの、ジュクジュクしているもの、ベタベタするものなど種類がいくつかあり、顔や体、手足などあらゆる場所に現れます。

それぞれの呼び名も違うため、症状による違いから見極める必要があります。

新生児ニキビ

①特徴

生後1週間~1ヶ月によく見られます。見た目は、思春期ニキビと同じような赤いぶつぶつがほっぺやおでこに現れ、顔全体に広がって、真っ赤になることがあります。清潔な状態を保っていれば生後1~2ヶ月くらいで自然と鎮静化します。

②原因

お母さんからの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌の多い新生児では、過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に溜まってしまうことが多く、これが主な原因と考えられます。他にも、外部からの刺激や汚れによって炎症を起こす場合や赤ちゃんが触ったり、ひっかいたるすることで悪化することもあります。

③ケア方法

毎日の入浴時に赤ちゃん用の石鹸かボディーソープの泡でたっぷりつけて指の腹で優しくこするように洗います。すすぎはお湯を含ませたガーゼで優しく拭いて余計な皮脂をしっかり落としましょう。

乳児皮漏性湿疹

①特徴

湿疹の中でも新生児ニキビと並んで最も多く見られます。生後4ヶ月頃までに現れやすく、顔と頭部に黄色っぽいかさぶたのいうなものやフケのようなものが出てきます。痒みはほとんどありませんが、炎症を起こすと赤く腫れあがり、患部がジュクジュクしたりすることもあります。

②原因

新生児ニキビと同様で、お母さんからの女性ホルモンの影響と、赤ちゃん自身の代謝機能が未熟なためです。

③ケア方法

入浴時前にかさぶたのようなものがへばりついて取れにくい場合は、ベビーオイルやワセリンなどで患部をふやかしておくと、取れにやすくなります。シャンプーやボディーソープは刺激が少ないものを使い、たっぷりの泡でしっかり洗いましょう。

また赤ちゃん自身が爪で患部を傷つけないように爪は丸く切りそろえ、かきむしろうとするのであれば柔らかいミトンをつけてあげましょう。肌に触れるものはこまめに清潔なものと交換し、清潔を保つ工夫をしてください。患部が綺麗になったら保湿しましょう。

乾燥性皮膚炎

①特徴

生後4~10ヶ月ころ赤ちゃんの肌は皮脂の分泌が落ち着くため乾燥に弱くなります。赤ちゃんの肌が乾燥に耐えれないと、湿疹ができてきます。顔はカサカサして一部に湿疹がでて、体は乾燥して、背中にも湿疹ができます。特に、生後3ヶ月以降に冬を迎える7月~10月生まれの赤ちゃんは注意が必要です。

②原因

肌の角質層は潤いを保ったり、有害物質の侵入を防いだりする大切な役目があります。しかし、赤ちゃんは角質層が未熟で薄いために肌がダメージを受けやすく、おむつかぶれやあせも、アレルギー反応で湿疹が出やすくなります。

③ケア方法

洗いすぎに注意し、保湿に重点を置くことが大切です。頭、体は泡を全体につけて、特に皮膚が重なっている部分(首や脇、股や足の間接)はお湯を含ませたガーゼで汚れを拭き取るように洗います。顔はお湯を含ませたガーゼで、汚れを拭き取るように軽く洗います。顔は泡で洗わなくても大丈夫です。

肌が薄いので皮脂が落ちすぎることになります。沐浴終了後は、保湿をして、肌のバリア機能を高めることが大切です。保湿顔~体全体に保湿剤を塗って、その後、湿疹のある場合は皮膚科医に処方された薬(ステロイド剤)を塗ります。

保湿剤だけでなく、ステロイド剤などの薬を併用する場合には、まず始めに保湿剤で肌を潤してあげてから、ステロイド剤を必要箇所へ少量だけ塗るようにして下さい。

薬を先に塗ってしまうと保湿剤を塗る際に薬も一緒に塗り広げてしまい、肌へ負担がかかってしまいます。湿疹がひどい(ただれがある)場合は、保湿剤は塗らずに、処方された薬(ステロイド剤)のみを塗ると治りが早いです。

乾燥がひどい場合は、こまめに保湿することを心掛けましょう。④その他のケア方法授乳後やよだれで汚れたときは、暖かく湿らせたガーゼで顔を拭き、その後は保湿剤を塗ってあげましょう。

まとめ

妊婦ママの旅行っていつからいつまで?気をつけるべき4個のポイント
・ 新生児の乳児湿疹とは?
・ *新生児ニキビ
・ *乳児皮漏性湿疹
・ *乾燥性皮膚炎

赤ちゃんの顔に吹き出物?新生児ニキビとは? 原因や対処法まとめを紹介しましたがいかがでしたか。

多くの赤ちゃんが乳児湿疹を経験するもので、完全に予防するのは難しいですが、基本的には自然と治っていくもので過度な心配はいりません。しかし、きちんとケアしておかないと、湿疹をかき壊すなどして症状が悪化してしまうこともあるので、注意が必要です。乳児湿疹をケアする基本は「清潔に保つこと」と「保湿すること」の2つです。

原因が何であれ、この2つを心掛けることが、赤ちゃんの肌を守ることに繋がります。最近では、新生児時期~生後6ヶ月頃まで、1日1回の保湿を心掛けることで、アトピー性皮膚炎の炎症を抑えられるという研究結果も出ています。

原因によっては症状が良くならず長引くことがあるので、普段から子供の肌の様子を見ながら、どんなときに湿疹が出るかを確認し、肌質や原因を知ることで、防ぎやすなります。

また、少しでも症状が悪化するようであれば皮膚科を受診して、早めの対策を取ってあげて下さい。子供の皮膚を守ってあげれるのは、いつも一緒にいるあなたです。

いいね!して最新情報GET!