新生児の体重が増えない?増えすぎる?平均は?疑問にお答えします!

During pregnancy , breast-feeding

赤ちゃんが無事に産まれて、母乳をあげる毎日。病院ではすぐに困ると助産師さんや看護婦さんがいるから良いものの、自宅に帰ると、不安になることが多いのではないのでしょうか。

その中でも、赤ちゃんの体重を気にしている方もいるのではないのでしょうか。今回は、その新生児の体重について徹底解明していきます!

新生児の体重が増えない?増えすぎる?平均は?疑問にお答えします!

新生児の体重の測り方

赤ちゃんの体重って気になりますよね。特に生まれたばかりの頃は、赤ちゃんの体重が順調に増えているかが気になる人が多いと思います。しかし、赤ちゃんの体重ってなかなか測れないもの。検診の時まで待たなくてはならない…と思うプレママも多いはず。もちろんベビースケールを購入するという手段もありますが、使える時期が限られており、金額も安くはないので購入を控えてしまう人が多いと思います。

今回は、そんな赤ちゃんの体重を、自宅で簡単に測る方法を紹介します。

準備するものは、体重計のみ!普通の体重計で大丈夫です!そして、体重を測る方法はというと、①パパかママが赤ちゃんを抱き、体重計に乗って体重を測る②赤ちゃんを寝かせ、今度は一人で体重計に乗って体重を測る③①の体重から②の体重を引いた数字が、赤ちゃんの体重です!

とっても、簡単ですが、注意点が1つ。この体重を測る方法は、パパママの体重+赤ちゃんの体重を測り、そこからパパママの体重を引くという方法になります。そのため、パパママの体重がその時によって変わってしまうため、赤ちゃんの正確な体重を測ることはできません。あくまで体重の目安と思ってもらった方がいいと思います。

また、体重は測るタイミングによって違いが出ます。ご飯を食べる前と後、トイレに行く前と後、朝起きた時と夜寝る前など、その時々によって何百グラムも差が出てきます。そのため、この方法で体重を測るときは、できるだけ同じタイミングで測るようにしてもらうと体重が正確になると思います。

自宅以外で赤ちゃんの体重を測りたいというママも多いと思いますが、赤ちゃんの体重をちゃんと測りたい場合は、以下のような場所に行ってみましょう。

•ショッピングセンター

•地元の保健センター

•公民館や薬局で行っている育児相談会

などです。上記のような場所では赤ちゃんの体重を測ってくれるところもあるため、事前に一度問い合わせてから赤ちゃんを連れていってみてください。

新生児の体重の平均

予定日前後に生まれた赤ちゃんの体重は2,500~3,000g前後が一般的です。ママの体が小柄だったり、胎盤が小さかったりすると、赤ちゃんも小柄になる傾向があります。ママが小柄だと赤ちゃんも小さめのことが多いです。

また、「生理的体重減少」といって、生後4~5日で、うんちやおしっこ、汗などの排泄物が出ることにより、約1割の体重が減ります。赤ちゃんの体重が3kgだとすると、約300gは減ります。その後、おっぱいやミルクを飲むようになり、体重が増えていきますので心配は入りません。 母乳が足りているか、不足しているかどうかを見分ける指標は、赤ちゃんの体重増加も参考になります。 1~2週間おきに赤ちゃんの体重を計測して、1日30g前後増えていれば、十分に飲めていることになります。赤ちゃんがよく眠り、機嫌もよければ順調です。

3kgで生まれた赤ちゃんは、1ヶ月で4kg、2ヶ月で5kg、3~4ヶ月で出生時の2倍の6kgになります。日に日に重くなる我が子の成長に驚かされるかもしれません。1ヶ月健診で700g~1kg増えるのが目安となっていますが、赤ちゃんの体重増加には個人差があることが多いので、よその赤ちゃんとの違いをあまり気にしすぎないようにしましょう。

また、希望すれば、お住まいの自治体の保健センターから新生児訪問に来てくれます。体重を計ってくれたり、育児の相談にも乗ってくれるので、利用されるとよいでしょう。

体重が増えすぎる原因と対策は?

体重の目安はわかったものの、平均よりも増えすぎていると不安になるかもしれません。

赤ちゃんは丸々とした体型をしている方が健康的で発育にも問題がないように見えますが、中にはおっぱいを飲みすぎて標準よりもかなり早いペースで体重が増えてしまう赤ちゃんもいます。

あまりにも増えすぎていると検診の際に注意されてしまうことがあり、お母さんがおっぱいのあげ方に悩んでしまうケースもよくあります。

しかし、お子さんの肥満に注意しなければいけないのは2、3歳頃からで十分です。新生児の体重の増加は、寝返りやハイハイなどができるようになって運動量が増すと自然に減っていくことがほとんどです。1歳くらいまではそこまで神経質になる必要はないでしょう。

ただし、母乳の他にミルクも与えている場合は量を加減した方がよいでしょう。

新生児にとって母乳は大切な栄養源となるため、欲しがるだけ与えてもあまり問題になりませんが、ミルクも飲んでいて体重の増加を指摘されたという場合は、ミルクの量が多すぎると言えます。

本来ミルクは、母乳では補いきれない分をカバーするためのものです。体重が増えすぎているということは栄養が十分補われているということになりますので、ミルクでの補給は必要ないでしょう。

また、赤ちゃんはただ甘えたくて泣くこともよくあるため、上手にあやしておっぱいの間隔を少し空けることも一つの方法としておすすめです。

体重が増えない原因と対策は?

増えることは心配いらず、ミルクの調節でなんとかなるのであれば、増えない方が心配なのではないでしょうか。

赤ちゃんの体重が増えない原因としてまず第一に考えられることが、摂取している栄養の不足で、この場合は、赤ちゃんの食事を1週間程度ノートに記録しておいて、自治体などの栄養士に相談して、1日の摂取カロリーを計算してみることによって、このような状態を改善することが出来ます。

このように、増えないことも、離乳食が始まってからなどの時期に気にする方がいいでしょう。

また赤ちゃんの運動量が極端に多い場合にも体重が増えないということがあります。たくさん食べているにもかかわらず、運動機能の発達がとても早く、動き回っている場合に、体重が思うように増えていかなくなってしまいます。

この場合は、便もよく出ていることが多く、2歳から3歳くらいになると標準の乳幼児の体の大きさになることがほとんどなので、体質が原因であると考えられています。

また何らかの病気によって、体重が増えないという症状が出る場合もあり、甲状腺ホルモンや成長ホルモンなどの内分泌の異常や、尿崩症や腎機能障害、ウイルスなどの慢性感染症や、染色体異常などの場合があります。

また結果的に原因が分からないことも少なくないので、かかりつけ医に受診しながら定期的に経緯を見守っていくことが必要となります。時間が経つことで問題が解決することも多くあるので、根気強く見守るという姿勢でいることが大切です。

まとめ

新生児の体重が増えない?増えすぎる?平均は?疑問にお答えします!
・ 新生児の体重の測り方
・ 新生児の体重の平均
・ 体重が増えすぎる原因と対策は?
・ 体重が増えない原因と対策は?

新生児の体重が増えない?増えすぎる?平均は?疑問にお答えします!いかがでしたか。

新生児期の体重、気にしすぎも良くないですが、ミルクの量の調節にも必要なため、簡単な体重の測り方を利用して、チェックはしておきましょう!

いいね!して最新情報GET!