新生児(赤ちゃん)のしゃっくりはいつから?注意点など知っておきたい事

赤ちゃんのしゃっくり、いつからか出てきていませんか。

このしゃっくりは、いつから出ているのでしょうか。また、どのように止めたらいいのか、苦しくはないのかなど、様々な疑問を持っているママもいるのではないでしょうか。

その疑問を解決するため、しゃっくりについて、ご紹介していきましょう。

新生児(赤ちゃん)のしゃっくりはいつから?注意点など知っておきたい事

しゃっくりとは?

しゃっくりとは、お腹の中にある「横隔膜」と呼ばれる薄い膜のような筋肉が、けいれんを起こしている状態のことです。

大人の場合、食べ過ぎたときや早食いをしたときに、横隔膜が急激に収縮して声帯が閉じてしまい、空気が遮断されたときに「ヒクッ」という音を発することがあります。

新生児や赤ちゃんの場合、基本的には同じ原理でしゃっくりをしますが、体と脳の繋がりがまだ未発達な部分もあり、大人に比べてしゃっくりを起こしやすくなっています。対処しないと止まらないこともありますよ。

しゃっくりの原因とは?

赤ちゃんがしゃっくりをする原因は様々ですが、一番の原因はおっぱいを飲んでいるときに空気を一緒に吸い込んでしまうことです。

また、おむつが濡れて寒いと感じただけでも痙攣を起こすことがあります。おしっこをしたときにも、脳からの膀胱を縮める信号が横隔膜を刺激してしまい、しゃっくりがでることも。

しかし、赤ちゃんや新生児のしゃっくりの原因を特定することは難しいといわれています。

しゃっくりはいつから始まる?

赤ちゃんは、実は胎児の頃からしゃっくりをしていて、ママは胎動でピクピク動くのを感じたことがあるかもしれません。

通常、横隔膜は収縮・弛緩することで呼吸を助ける働きがありますが、胎児の場合は羊水内の異物が体に入ったときに吐き出しているという説があります。

特に新生児~生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは横隔膜が未熟なので、ちょっとした刺激でしゃっくりを起こすので、その時期の赤ちゃんはしゃっくりが多いものだと考えて慌てず対処してあげてください。

しゃっくりの正しい止め方は?

大人のしゃっくりの場合、水を飲んだり、息を留めたり、驚かせたりといくつか一般的な止め方があります。

しかし、一般的に言われる大人のしゃっくりの止め方は、赤ちゃんには向かないといっても良いでしょう。

では、赤ちゃんのしゃっくりを止めるためには、どうしたら良いでしょうか。いろいろな止め方をご紹介します。

<しゃっくりの原因を見極める>
赤ちゃんが急に始めたしゃっくりで、何か原因が考えられる場合には、原因を取り除いてあげることが先決です。もし、おむつが濡れて出ているしゃっくりには、濡れたおむつを新しいものに変えてあげることが一番です。

またその他にも、気温や体温の変化など、赤ちゃんはとても敏感になっていますので、冷房などエアコンを使用していたり、扇風機の風や外気が直接赤ちゃんに当たっている場合には、冷房を止めたり、冷気が間接的に当たらないように扇風機の向きを変えたり、肌掛けを1枚かけたりしてあげましょう。

<白湯や薄めの麦茶などを少量飲ませる>
突然の出始めたしゃっくりで、おむつに問題がなかった場合には、少量の白湯や薄めの麦茶などを飲ませることで、症状が落ち着くことがあります。

また、授乳後や離乳食後に出るしゃっくりでは、一度抱きかかえて、げっぷをさせてあげるのも効果的です。

<体を温める>
体温の微妙な変化でも、赤ちゃんはしゃっくりが出てしまいます。

特に、体が冷えた場合にはしゃっくりも出やすくなりますので、しゃっくりをし始め、おむつの交換を終えてもまだしゃっくりが止まらないようでしたら、体を温めてあげましょう。手足が冷えている場合には、温めた手でさすってあげ、靴下やおくるみなどで温かくしてあげましょう。

<背中を軽くさすったり、軽く叩いたりしてあげる>
しゃっくりをしている赤ちゃんは何とも苦しそうですが、背中を軽くさすってあげることで、体全体が温まり、しゃっくりが止まることがあります。

さすってあげる前に、お母さんの手を温めてあげるとより効果的です。

また、大人や子どもに行うのと同じように、背中を軽く叩いてみると止まることがあります。あまり強く叩いてしまうと、ミルクを吐き戻したりすることもありますので、あくまでも、げっぷをさせるときの様に軽く叩くようにしましょう。

しゃっくりの病気はある?

新生児や赤ちゃんのしゃっくりには、肺炎やお腹の炎症のせいで横隔膜に膿がたまり、しゃっくりが出ている可能性もあります。

あまりに頻繁で止まらず、「ぐったりして元気がない」「おっぱいやミルクを飲まない・飲む量が減ってきた」などの症状があれば、一度小児科を受診してみましょう。

また、稀に食べ物のアレルギー症状としてしゃっくりが出ていることもあります。小麦やピーナッツなどアレルギー症状を引き起こす食べ物は様々なので、離乳食期の赤ちゃんは注意してください。

湿疹、くしゃみ、鼻水、目の充血など他のアレルギー症状が出ていないか、合わせて確認しましょう。ただし、病気や食物アレルギーが原因でしゃっくりを起こしているというケースは極めて稀なので、しゃっくりが頻繁でも元気そうなら病院にいく必要はありません。

しゃっくりの止め方の注意点

注意が必要なしゃっくりの止め方があります。

それは、

・うつぶせ寝にする

・大泣きをさせる

・くしゃみをさせる

といったことです。

この方法は有効とも言われますが、危険を伴うため、できれば避けてあげましょう。その理由をご説明します。

<うつぶせ寝>
うつぶせ寝は赤ちゃんへの負担が大きく、窒息してしまう危険性があります。まして、しゃっくりをしている最中のことですので、できれば避けたいものです。万が一行う場合でも、決して赤ちゃんから目を離すことなく、短時間で済ませるようにしましょう。

<大泣きをさせる>
確かに長引くしゃっくりで、おむつや体の冷えなど他に考えられるものを試してみても止められなかった場合には、いたし方ありませんが、最後の手段くらいに考えておいた方が良いでしょう。

くしゃみをさせる>
くしゃみをさせるために、わざわざ鼻にこよりを入れたりすると、逆に鼻の粘膜を傷つけないとも限りませんので、無理にくしゃみをさせることはやはり避けると良いでしょう。

まとめ

新生児(赤ちゃん)のしゃっくりはいつから?注意点など知っておきたい事
・ しゃっくりとは?
・ しゃっくりの原因とは?
・ しゃっくりはいつから始まる?
・ しゃっくりの正しい止め方は?
・ しゃっくりの病気はある?
・ しゃっくりの止め方の注意点

新生児(赤ちゃん)のしゃっくりはいつから?注意点など知っておきたい事、いかがでしたか。

成長の一環とはいえ、しゃっくりの仕方や様子はしっかりとチェックしていく必要があります。気を付けていきましょう。

いいね!して最新情報GET!