新生児のおむつかぶれ予防!ベビーオイルや薬など押さえておきたいポイント教えます!

underpants

汗っかきの赤ちゃん…。季節とわずのため、汗の対策は必須ですよね。しかし、そこで一番気を付けたいことはおむつかぶれ!おむつはどうしてもしてなくてはならないもの…。

しかし、おむつかぶれにならないためには、どうしたら良いのでしょうか。対策を徹底解明していきます!

新生児のおむつかぶれ予防!ベビーオイルや薬など押さえておきたいポイント教えます!

おむつかぶれの症状

おむつにふれる部分がアンモニアや酵素の刺激で炎症を起こしておしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れるなどの症状があります。

炎症はかゆみや痛みをともない、悪化すると赤くただれたりします。母乳で育っている乳児は、おむつかぶれが比較的少ない傾向にあるようです。

おむつかぶれによく似た症状で、 「カンジダ性皮膚炎」や「あせも」や「アトピー性皮膚炎」があります。見分け方はおむつが直接当たっている部分にのみ炎症が起きるのが「おむつかぶれ」です。

しかし、夏場の場合はおむつの中もあせもができやすくなるので、おむつかぶれかと思ったら実はあせもだったという場合もよくあります。

よく似た症状が見られる「カンジダ性皮膚炎」は、しわの奥まで赤くなるのが特徴です。 カンジダ性皮膚炎の可能性がある場合は、すぐに病院で受診しましょう。

・おしりをふくと痛がって泣く
・入浴時、おしりにお湯をかけたら痛がって泣く
・おむつをはずすと、おしりに手をまわしてかゆそうにする

などの様子が見られた場合、おむつかぶれになっている可能性が高いです。

おむつかぶれの原因

おむつかぶれの原因はひとつではなく、汗やムレ、こすられる刺激、カビなどさまざまな要素がからみ合って起こります。

でもそれでも一番の原因はいちばんの原因はおしっこやうんちの刺激です。おしっこのアンモニア成分やうんちの酵素が肌に良くないといわれています。

生まれたばかりの頃は、おしっこや水っぽいうんちを頻繁にするのですが、そんなおしっこや水っぽいうんちが長時間肌に付着してると肌に悪い刺激を与え、かぶれが起こるというわけです。

赤ちゃんの肌は大人と違って生まれて間もないため免疫能力も未熟で、肌自体がとても柔らかく傷つきやすい状態です。だから、ちょっとした刺激でも負けてしまいます。

また、おむつを長時間あてたままにしておくと、ムレて皮膚がふやけておむつ表面で傷つくことになります。 また、サイズの合わないきつい紙おむつやおむつカバーも、皮膚をこすっておむつかぶれになるときもあります。

おむつかぶれの治療法

軽いおむつかぶれになった程度であれば、特に薬を塗る必要はありません。

まずは、赤ちゃんのおしりをゴシゴシ擦らないように気をつけましょう。汚れが気になるからとあまり擦ってしまうと、赤ちゃんの皮膚が刺激され、おむつかぶれが悪化してしまいますので、優しく拭く程度にしましょう。

ただし、早めに治したいという方は、ワセリンや軟膏、馬油を塗ってあげると治療が早く進みますよ。

生後すぐからでも使える安全なベビーワセリンも市販されています。汚れが気になるうんちのときは、おしりふきで拭くのではなく、座浴やシャワーでまずはうんちを洗い流しましょう。

このとき、お湯がお尻の脂分も洗い流してしまい、肌が乾燥しておむつかぶれの悪化を引き起こしてしまうことがあるので、オリーブオイルをしみ込ませた脱脂綿で汚れをふきとったり、汚れを拭き取ったあとに馬油を塗ったりして、おしりに油分のバリアをつくり、肌を刺激から守ってあげましょう。

しかし、長引く場合やひどい症状の場合には、必ずかかりつけの医師の診断をあおぎ、塗り薬などの処方を受けるようにしましょう。炎症を抑える外用薬を処方してくれます。

おむつかぶれの予防法

おむつかぶれの予防は、とにかくおしっこやうんちで肌が濡れた状態を続けないよう清潔にするが大事です。

そのためには「まめにおむつを交換する」「通気性の高いおむつカバー・吸収力の高い成形おむつを使い湿気をのがす」 「ウンチのあとは洗面器でお尻を洗ってあげたりして汚れをしっかり落とす」「おむつを取ったあと、おしりを乾燥させる時間をちょっとだけ作る」などのケアをしていくといいでしょう。

特に「まめにおむつ交換」は最大にして最も効果の高いかぶれ防止法。おしっこやうんちが付いたおむつは出来るだけすぐ取替えましょう。「泣いたら即交換!」というのを徹底しましょう。 また「通気性の高いおむつカバー・吸収力の高い成形おむつを使い湿気をのがす」ことによって、おむつの内部に湿気がこもらないようにするのも大事です。

また、うんちのばあい、市販のおしりふき やカット綿で拭くだけでは汚れが肌に残ることがあります。残ったウンチ汚れはかなり肌に良くないので、洗面器でお尻だけを洗ってあげましょう。

おむつかぶれにならないための、おむつ替えのコツがあるので、ご紹介します!
1.おしっこの時はオムツの乾いた部分で押さえ拭きをすれば十分です。おしり拭きでゴシゴシ拭かないようにしましょう。

2.うんちの回数が多く、市販のおしり拭きで刺激が強い時は、赤ちゃんウォッシュレットで洗い流すか、コットンにぬるま湯を浸して優しく流します。 (赤ちゃんウォッシュレットとは、市販の霧吹きや100円ショップのポリ容器などにぬるま湯を入れて、うんちを洗い流すことです。)

3.うんちを洗い流したら乾いたコットンなどの布で押さえ拭きをして、よく乾かしましょう。乾かし方は小さめのうちわで風を送ってもいいですし、冬場はドライヤーの弱風を送ってもよいです。また、日が入る明るい所でおしりを出しておくのもいいでしょう。これが一番早く治ります。

まとめ

新生児のおむつかぶれ予防!ベビーオイルや薬など押さえておきたいポイント教えます!
・ おむつかぶれの症状
・ おむつかぶれの原因
・ おむつかぶれの治療法
・ おむつかぶれの予防法

新生児のおむつかぶれ予防!ベビーオイルや薬など押さえておきたいポイント教えます!、いかがでしたか。

育児でバタバタして、そこまで出来ない!と思うものかもしれませんが、我が子の肌を守るのは、パパやママです!

日頃のおむつ交換でコミュニケーションを取りつつ、おむつかぶれを予防していきましょう!

いいね!して最新情報GET!