シーズン到来!赤ちゃん(新生児)の熱中症のサインや症状、予防法まとめ

Newborn heat stroke

夏になって気温が高くなると、赤ちゃんとの熱中症が心配になってきますよね。

毎年、熱中症でたくさんの方が救急車で運ばれたり、時には命を落としてしまったというニュースを耳にします。

特に赤ちゃんは、体温の調節機能も未熟ですので更に熱中症には気をつけてあげなければいけません。

今回は、熱中症の症状やその予防法をご紹介しますので、チェックして暑い夏を乗り切りましょう!

シーズン到来!赤ちゃん(新生児)の熱中症のサインや症状、予防法まとめ

熱中症とは

熱中症は、高い気温や室温の中で活動することで、体の中の水分やナトリウムのバランスが崩れる、体温調節がうまくいかなくなることでおこる様々な症状のことをいいます。

熱中症になるとからだのだるさや吐き気、ひどくなれば痙攣や意識障害がおこることもありますし、最悪死に至る場合もあります。

赤ちゃんは体温調節機能が未発達で、熱中症を起こしやすいですから夏は十分に気をつけてあげる必要があります。

また、小さなお子さんは不快感や症状をはっきりと訴えることが難しいですから、異変がないかしっかりと見てあげることも大切ですね。

熱中症のサイン

熱中症になっている可能性があると次のようなサインが表れます。

① 顔が赤くなる、熱くなる

② 機嫌が悪い

③ ぐったりしていて、元気がない

④ 長時間、尿が出ていない

⑤ いつもより母乳やミルクなど水分を欲しがる

⑥ 汗や涙が出ない

このような症状が現れた場合には、涼しいところに移動して水分を補給してあげるなどして、ゆっくり休ませてあげましょう。

こまめな水分補給をしよう

熱中症を防ぐためにはまずこまめな水分補給が大切です。

夏になると、ちょっとしたことでも汗をかくのでいつも以上に気をつける必要があるでしょう。

ストローが使えるお子さんは、お出かけの際には必ず水筒やマグに白湯やお茶を入れて持つようにしましょう。

もし、哺乳瓶を使っているお子さんであれば哺乳瓶で白湯やお茶を飲ませても良いですね。また、母乳であればあげる回数は気にしなくてもいいので、喉が渇いていそうな様子やタイミングをみて授乳してあげるのもOKです。

授乳室がない場所でも授乳できるよう授乳ケープを持ち歩いておくと便利ですね。

こまめな水分補給は大切ですが、ジュースは糖分が多く赤ちゃんの体の負担になったり、虫歯の原因になりますのでできる限り白湯やお茶をあげるようにしましょう。

また、熱中症の症状が見られる場合などには、塩分の入った食べ物を一緒に摂ったり、経口補水液をあげたりするほうが良いでしょう。

お出かけには保冷剤を!

お出かけの時にはベビーカーを使うママも多いと思いますが、最近のベビーカーは座面が高くなっているとはいえ、やはり地面からの照り返しでシート部分はは熱くなりやすいといえます。

夏には保冷剤をセットできるシートをベビーカーに取り付けると良いでしょう。車でのお出かけにもこのシートは使うことができます。

車の中は温度が上がりやすいですし、チャイルドシートが取り付けてあることが多い2列目以降の席は、クーラーがうまく届かずママが思っているよりも熱くなっていることもあります。

保冷剤をうまく利用して快適なドライブができると良いですね。そのほか抱っこ紐によっては保冷剤を入れられるポケットが付いているものもあります。

抱っこはベビーカーよりも位置は高いですがママと密着しているために熱がこもることもあります。

抱っこ紐に取り付けるタイプのものもありますから、冷えすぎないようにということにも気をつけながら上手に熱中症を予防できると良いですね。

エアコンをうまく利用しよう

熱中症は外で活動している時だけでなく、家の中にいる時にも気をつけなければいけません。

特に夜に寝る時にはエアコンを切るというご家庭も多いかもしれませんが、最近では熱帯夜になる日も多くありますし、特に寝入り端には体温も上がりますので、真夏は夜中もエアコンを利用することをお勧めします。

設定温度は26〜28度が快適に過ごせる温度とされています。

扇風機などもうまく併用しながら室温や体感温度が適温になるよう心がけると熱中症になりにくいですね。

また、温度だけでなく実度の高さも熱中症を引き起こす要因になりますのでジメジメした日は特に注意が必要でしょう。

もしも熱中症になったら

様々なことに注意していても、予想以上の暑さで赤ちゃんに熱中症の症状が表れることもあるかもしれません。

もし熱中症かなと思ったら、応急処置としてまずは涼しい場所へ移動し服を脱がすなどしてこもった熱を逃がしてあげましょう。

また、保冷剤や冷たいタオルなどで体を冷やし、水分が取れそうであれば経口補水液などの飲み物を飲ませてあげてください。

もちろん、ぐったりしていて呼びかけに応じないなど重篤な症状の時はすぐに病院で診てもらいましょう。

まとめ

シーズン到来!赤ちゃん(新生児)の熱中症のサインや症状、予防法まとめ
・ ■ 熱中症とは
・ ■ 熱中症のサイン
・ ■ こまめな水分補給をしよう
・ ■ お出かけには保冷剤を!
・ ■ エアコンをうまく利用しよう
・ ■ もしも熱中症になったら

シーズン到来!赤ちゃん(新生児)の熱中症のサインや症状、予防法まとめ を紹介しましたがいかがでしたか。
近年、温暖化現象の影響で夏には猛暑日が続くようになり、赤ちゃんの熱中症にはより注意が必要になってきました。

お出かけの際にはご紹介した対策も大切ですが、無理な外出をせずに朝や夕方など比較的涼しくなってから外出するなどの対策も有効でしょう。

いいね!して最新情報GET!