新生児の熱中症予防!体温や水分補給など押さえておきたいポイント教えます!

Newborn heat stroke

暑い日が続く毎日…。室内でも気を付けなくてはならない熱中症…。

さぁ!赤ちゃんはどのように熱中症対策すればいいのでしょうか。大人は水分をとれば良いものの…赤ちゃんはどうすれば…と困ったプレママも多いのではないでしょうか。

しっかりと対策をチェックしていきましょう!

新生児の熱中症予防!体温や水分補給など押さえておきたいポイント教えます!

熱中症とは?

熱中症は、気温が高いことなどで、身体の中の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体の調整機能が正常に働かなくなることによって引き起こされます。

人の身体は、常に熱を作り出す一方、汗をかいたり、皮膚から熱を逃がすことで、体温の上昇を抑えています。

このような体温の調節機能がうまく働かず、体内に熱がこもり、体温が異常に上昇すること熱中症はで起こります。

重症化すると死に至る可能性もありますが、正しい知識と適切な行動で防ぐことができます。また、応急処置を知っていれば、命を救うこともできます。

新生児の熱中症の症状

熱中症の症状は以下の通りです。
・顔の皮膚が赤く熱い
・顔色が悪く、脈が弱い
・唇が渇く
・元気がなく、何となく機嫌が悪い
・いつもより母乳やミルクを飲みたがる
・汗をかかなくなる
・おしっこが出なくなる
・泣き声に元気がない
・ぐったりする
・意識が朦朧としている
・呼びかけても反応がない

この症状が出た場合、熱中症になっている疑いがあるため、正しい対応が必要です。

また、初期症状についてもチェックしておきましょう。初期症状は以下の通りです。
・顔がいつもよりも熱く赤い
・元気がなく、何となく機嫌が悪い
・やたらと母乳やミルクを飲みたがる
・汗をかかなくなる
・おしっこが出なくなる

これは、脱水症状に陥っている可能性があると考えられます。水分補給や、涼しい場所に移動するなどの処置が必要です。

新生児の熱中症対策

対策方法の4つのポイントをご紹介します!

1. 水分補給をする母乳やミルク、少し冷やしたベビー麦茶など、赤ちゃんが飲めるものを少しずつ、こまめに飲ませてあげましょう。

一度に飲ませる量を多くしすぎないことがポイントです。また、お出かけするときは水筒やペットボトル、ベビーマグを持ち歩くようにしましょう。お出かけ直前に冷蔵庫から取り出すのがおすすめ。

母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合は授乳室がある場所をチェックする、授乳ケープを持ち歩くなどして、定期的に水分補給をさせてあげてくださいね。

2. 衣服や室温の調整をするクーラーの効いた涼しい部屋に移動したり、衣類を一枚脱がせてあげたりして体温を下げてあげましょう。

お風呂でぬるま湯のシャワーをかけてあげるのも効果的です。ただし、急に冷やさないように、室温は26~28度に設定しましょう。寝るときにクーラーをつけるときは、風が直接当たらないように気をつけてくださいね。

3. 保冷剤で体を冷やす保冷剤をタオルで包んだものや濡れタオルなどで、わきの下、股の付け根、くび元を冷やしてください。

あまりに体が熱いからからと焦って、保冷剤を直接赤ちゃんに当てて急に冷やしてあげようとしないでくださいね。また、特にベビーカーはコンクリートに近いため熱を直で受けやすく、風の通りも悪いので熱がこもりやすいので、熱中症のリスクが高い状態です。

ジェルの保冷剤をタオルに巻いて背中に置いてあげたり、ベビーシート用の保冷剤を使用したりするなどで予防してあげるのがおすすめです。

4. 帽子をかぶる直射日光に当たらないことが一番効果的な予防法です。長時間外出するときや真夏日は必ず帽子を着けるように習慣づけましょう。

帽子を嫌がる子供は多いですが、子供の好きなキャラクターや動物がついた帽子を買ったり、バッジをつけたりして楽しく帽子をかぶれるようになると、自分から帽子を取ってかぶるようになりますよ。

また、帽子に入れるタイプの保冷剤を使用すると、子供も涼しくて気分よく帽子をかぶってくれることがありますよ。

熱中症になった場合、どうすればいい?

熱中症の初期症状や症状が出た場合、以下のことを行いましょう!

1.すぐに涼しい場所に移動する。赤ちゃんの顔が赤くなってきたり、ぐったりして呼吸が速くなって来たりしたら、室外の場合はすぐに日陰や涼しい室内へ移動しましょう。高温の室内、車内の場合は、窓を開ける、エアコンを付けるなどしてください。

2.衣服を脱がせて、寝かせる。涼しい場所に移動させたら、衣服のボタンをはだけたり、脱がせたりして、体内の熱を冷ましてください。次に寝かせて、足の下に丸めたタオルを入れ、足を高く、頭を低くしてあげてください。

3.頭や脇の下などを冷やす。冷たいタオルや冷却シート等で身体を冷やしましょう。頭や首筋、脇の下など太い血管が通っているところを冷やすと血液の温度が下がり、体温も下がりやすくなります。

4.水分をたっぷりと与える。熱中症で、脱水の心配がある時は、水分だけでなく、汗とともに失われた電解質を補う必要があります。水や麦茶だけでなく、赤ちゃん用のイオン飲料を与えてあげてください。

しかし、痙攣や名前を呼んでも反応しないなどの場合、救急車を呼ぶ必要があります。

まとめ

新生児の熱中症予防!体温や水分補給など押さえておきたいポイント教えます!
・ 熱中症とは?
・ 新生児の熱中症の症状
・ 新生児の熱中症対策
・ 熱中症になった場合、どうすればいい?

新生児の熱中症予防!体温や水分補給など押さえておきたいポイント教えます!、いかがでしたか。

大人も危ないということは、赤ちゃんは自分での体温調節が難しいため、さらに危険なことです。暑い夏を楽しむようにするためにも、熱中症に家族で注意していきましょう!

いいね!して最新情報GET!