新生児の癇癪(かんしゃく)の原因は?症状や対策まとめ

Cretinism

赤ちゃんが泣きわめき、癇癪を起すことは日常的なことかもしれません。もう頭が痛くなる…と悩んでしまうママやパパも多いのではないのでしょうか。

そこで、癇癪はなぜ起きるのか、どうしたら良いのかなど、癇癪について、しっかりとご紹介していきます!

新生児の癇癪(かんしゃく)の原因は?症状や対策まとめ

新生児の癇癪(かんしゃく)の症状

癇癪とは、思い通りにならないことに対して感情を爆発させて、興奮状態に陥った状態のことです。

癇癪は、子供が自我や意思を持っている証です。親にとっては負担が大きいものですが、赤ちゃんにとっては感情表現の手段であり、思い通りにならないイライラを発散する手段にもなっています。

1歳頃にかんしゃくを起こすようになり、そこから自分の気持ちをコントロールする力をつけて、3歳頃には落ち着いていくのが一般的です。ただし、個人差は大きく、早いと生後4ヶ月前後からかんしゃくを起こしますし、就学前後までかんしゃくが続く場合もあります。

癇癪の主な症状は、興奮して泣きわめく、奇声(甲高い声)を上げる、手足をバタバタさせる、ジダンダを踏む、ひっくり返るといった身体表現が中心です。

癇癪が激しい場合、壁に頭をぶつける、物を叩く・投げる、親の腕やおっぱいに噛みつくといった過激な行動をとったり、興奮し過ぎて呼吸が停止してしまったりすることもあります。一方で、まったく癇癪を起こさない赤ちゃんもいて、個人差がとても大きいものです。

新生児の癇癪(かんしゃく)の原因

癇癪の代表的な症状は、泣きわめいたり叫んだり、声を出して表現するものです。

いつもの声の大きさとのギャップに驚いて、何か病気なのではないかと疑ってしまうママも。また、地団駄を踏んだり、寝転がって動かなくなったりとジェスチャーで表現する場合もあります。

イライラして感情をうまくコントロールすることができず、噛みついたり、物を投げたり、殴ろうとしたりする子もいます。

癇癪は、頻度もパターンも表現方法も、子供によって個人差がとても大きいもの。まずは自我が芽生えているのだ、と捉えて子供の感情表現をしっかり受け止めてあげましょう。

新生児の癇癪(かんしゃく)の対応方法

癇癪は成長の一部であるため、病院に行く必要はありません。ここで大事なのは、パパやママの対応の方法です。しっかりと、対応できるように方法をチェックしておきましょう!

赤ちゃんが癇癪を起こしてしまった場合には、何を伝えたいのか、また、何が気に入らないのかを考えてみましょう。

ですが、理由がわからない場合のほうが多いと思います。そんな時には、赤ちゃんが泣き止むまで待ってあげることも必要なのです。確かにすべて赤ちゃんの願いを叶えてあげたい気持ちもわかりますが、子供の要求に対して、すべて叶えてあげていては、とてもわがままな子供に育ってしまいますよね。

なので、幼少期から少しずつ「すべて思い通りにはならないんだよ」ということを教えてあげることも大切な教育なのです。なので、あまり思い詰めず、気楽に考えてみましょう。

赤ちゃんが癇癪を起こすと、どうしてもお母さんの方が悩んでしまいがちです。ですが、幼少期には誰もが通る道なので、あまり深く考えないようにしましょう。お母さんが悩んでいると、赤ちゃんにもその不安が伝わり、さらにぐずってしまいます。

赤ちゃんの癇癪が起こって、原因がわからなければ、「元気よく泣いてるね、どうしたの?」と、笑って問いかけるぐらいの余裕を持って、対応してあげたいものです。

そして、絶対に無視はしないようにしましょう。何を言っても泣きわめくので「もう勝手にして」と思ってしまうこともあると思いますが、無視だけは禁物です。

自分が感情を頑張って表現しようとしているのにパパやママが構ってくれなくなると、子どもは深く傷ついてしまいます。

そしてこの状態が繰り返されると自己表現をすること自体あきらめてしまうようになり、うまく自我を形成していくことができなくなります。

新生児の癇癪(かんしゃく)の環境的な対応方法

パパやママの対応方法は前述で説明しましたが、環境そのものが癇癪の引き金になっている場合もあります。どのような環境に変えたらいいのか、チェックしておきましょう!

<静かな場所に移動する>
子どもが公共の場所や道路で癇癪をおこした時には、すぐに子どもを安全で静かな場所に移動しましょう。「イヤ」と拒否することもありますが、そのような場合には抱っこするなどして移動しましょう。

癇癪をおこしている子どもの言いなりになっていると見られるかもしれませんが、周りへの配慮や子どもの安全確保の意味でも、移動はおすすめです。

<危険なものから遠ざける>
癇癪をおこしていると手足をばたつかせ、大暴れしてしまいます。子どもの近くに危険な物がないか確認しましょう。危険な物がある場合には安全のためにまずは片付けましょう。

このように環境を整え、パパやママは成長しているなぁと思いつつも、スキンシップをとり、愛情をそそいであげましょう!

新生児の癇癪(かんしゃく)の原因は?症状や対策まとめ
・ 新生児の癇癪(かんしゃく)の症状
・ 新生児の癇癪(かんしゃく)の原因
・ 新生児の癇癪(かんしゃく)の対応方法
・ 新生児の癇癪(かんしゃく)の環境的な対応方法

新生児の癇癪(かんしゃく)の原因は?症状や対策まとめ、いかがでしたか。

癇癪を聞いてイライラするかもしれませんが、みんなが通ってきている道です。頑張って成長しようとしている赤ちゃんに応援の気持ちも込めて、愛情をたっぷりあげましょう!

いいね!して最新情報GET!